Top
  >     >  タイ   >  タオ島 3 : 1日ダイビング

タイのタオ島ダイビング旅行3日目。今日は4本潜る、ダイビング三昧の1日です。

朝7時、ホテルでピックアップしてもらい、早速バンズダイビングリゾートへ。7時半には、出港です!

1本目は、「チュンポンピナクル(Chumphon Pinnacle)」タオ島三大海洋の一つです。透明度は20-25mと視界良好!ツバメウオの群れが(綺麗に写真撮れなかったけれど)素敵でした!

出会った魚:ツバメウオ、キンセンフエダイ、オオクチイケカツオ、ミノカサゴ、ミナミハコフグ、マブタシマアジ等

2本目は、昨日も潜った「ホワイトロック(White Rock)」。透明度は7m…エントリーしていきなりゴマモンガラが目の前に。凶暴で噛み付いてくる魚と言われているので、少し焦りましたが攻撃はされませんでした。

出会った魚:ゴマモンガラ、クロコショウダイ、ハタタテダイ、コガネアジ、フタスジリュウキュウスズメダイ

一度帰港して、ランチ。併設されたレストランでいただきます。ダイビングの合間にレストランで美味しいご飯が食べれるのは嬉しいです。洋食もタイ料理も、メニューはさまざまあり、私はタイのポテトカレーをいただきました。

再び集合して、午後のダイブへ出発です。

本日3本目は、朝に行ったチュンポンピナクルにもう一度行きました。午前よりは透明度が落ちて15mほど。でも、たくさんの魚群に出会うことができました。

出会った魚:シェベロンバラクーダ、ピックハンドルバラクーダ、テルメアジ、チョウチョウコショウダイ

4本目は、「ツインズ(Twins)」というポイントでした。透明度は5-7mだったものの、いろいろな魚に会うことができて楽しかったです。

ヤシャベラ(睡眠中)
ヤスジチョウチョウウオ
サビウツボ

タオ島のウツボは警戒心が低いので、穴に入っていないらしいです。

出会った魚:ギンガハゼ、ギチベラ、ヤイトハタ、ヤスジチョウチョウウオ、サビウツボ、アオマダラエイ、スジアラ、ヤシャベラ

17時半過ぎにホテルに帰ってきて、プールに入って一休み。

夜ごはんは、ダイブショップの方におすすめしていただいた、ローストダック入り塩ラーメンを食べに「995 ローステッドダック(Roasted Duck)」へ行って来ました。ホテルから一本道を歩いて10分ほど。アヒルの看板が目印です。

ローカル感が漂い、少し暗めのこのお店は、初日に前を通ったときには気にも止めていなかったのですが、実際入ってみると大人気店で、入れ替わり立ち替わり人が入ってきて、ほぼずっと満席状態でした。8月のピーク時には行列もできるそうです。

オーダーしたのは、Noodle with roasted duck and mild soup (大 90 baht/ 小 70 baht)。

塩ラーメンに、ローストされたカモがのっていて、パクチーのアクセントが効いています。出汁のきいたスープとたまご麺。さっぱりしていて、日本人の口にも合う味だと思います。私は小を注文しましたが、ぺろっと食べてしまい、大にすればよかったかなぁと少し後悔しました。観光客にも地元の方にも大人気なのも納得です。

とても美味しかったので、追加でローストダックのライス Rice with roased duck (大 90 baht/ 小 70 baht)も注文してみました。

ダックをライスにのせ、甘いタレをかけたものです。こちらも美味しかったですが、タレが甘めなので少し好みが別れるかもしれません。

私は断然さっぱりとしたラーメンがやはりお気に入りでした!タオ島に次回訪れることがあったら、また行きたいお店の一つとなりました。

明日はいよいよダイビングの聖地、セイルロックに行きます。ジンベエザメに会えますようにとお祈りして就寝します。