Top
  >     >  タイ   >  タオ島ダイビングでおすすめ、日本人常駐のバンズダイビングリゾート(タオ島/タイ)

ダイビングの聖地と言われているタイ・タオ島のセイルロック。2018年9月にダイビング旅行で訪れた際には、バンズダイビングリゾート(Ban’s Diving Resort Koh Tao)さんにお世話になりました。

目次

    基本

    バンズダイビングリゾートは、ダイビングショップ、ホテルやレストランが一帯となっている複合施設です。日本人のインストラクターが常駐していて、日本語のみでもでダイビングを楽しむことができます。

    基本的には、午前2本、午後2本でいつも運営していて、午前のみ・午後のみ・どちらも参加を選べることができ、前日までに決めることができるようです。そして、時々1日セイルロックに行く、という日があります。

    大きな船に大勢で乗り込み、毎回コンディションによって、どこで潜るかが決まります。ダイバーの自主性を要求するスタイルで、セッティングは基本自分で行うので、予習をしておいた方がいいかもです。もちろん、快く教えてはくださいますが。

    船の上では、度々かわいい猫ちゃんを目撃!一緒に海風にあたりに、よく乗船してくるそうです。

    料金

    2日半で9本潜り、料金は一人10,600バーツ(35,000円ほど)でした。

    内訳

    • 通常ダイビング1本:1100バーツ(ハイシーズン)× 6本
    • セイルロック 1日: 4000バーツ

    ダイブポイント

    タオには魅力的なダイブポイントがたくさんあります。タオ島三大海洋と言われるセイルロック、チュンポンピナクル、サウスウエストピナクルには、2日間半で全て連れて行っていただけました。

    セイルロック(Sail Rock)

    タオ島の中でも一番有名なスポットが、ダイビングの聖地とも言われているセイルロックです。魚影の濃さが圧倒的で、たくさんの群れに会うことができます。(私は会えませんでしたが)ジンベエザメがよく出没するポイントとしても有名です。

    ベストシーズンは、ゴールデンウィークらへんだそうです。透明度も30〜40メートルになるらしく、ジンベエザメの出現率も上がるらしいです。

    チュンポンピナクル(Chumphon Pinnacle)

    タオ島三大海洋のもう一つ。ここでもたくさんの魚群に巡り合いました。

    サウスウエストピナクル(Southwest Pinnacle)

    ここも、タオ島三大海洋の一つ。イソギンチャクがとても綺麗なところでした。私が行ったときは、珍しく透明度がとても良くて、魚があまりいませんでした。普段は、もう少し透明度が低く、魚がもう少しいるそうです。

    ツインズ(Twins)

    行ってみて個人的に好きだったポイントです。たくさんの種類の魚を間近で観察することができて楽しいところでした。

    ランチ

    施設にレストランがあるので、基本お昼には一旦帰港し、そちらでいただきます。タイ料理もあれば、洋食もあり、とても美味しかったです。ダイビングの合間にきちんとしたご飯がいただけるのは嬉しいです。

    セイルロック遠征の日には、1日船の上なので、船上で作った美味しいタイ料理が振舞われました。セイルロックを見ながら食べれます。船の上でも温かいご飯がいただけるのは幸せでした。

    シルバーウィークということもあり、日本人のお客さんも多くいらしていました。ダイブ100本記念の方をみんなでお祝いしたり、ダイビング後にインストラクターさん含め希望者で毎日食事にも行っていて、一人でも参加しやすい暖かい場でした。

    他のダイバーさんとも知り合え、ダイビング話で盛り上がれたのも楽しみの一つとなりました!次回またタオに来れることがあったら再度利用させていただきたいと思います。

    バンズダイビングリゾート(BAN’S DIVING RESORT KOH TAO)

    電話番号 : +66-(0)94-242-6005(日本語)

    Website : https://www.bansdivingjapankohtao.com/

    住所 : Moo 1 , Koh Tao Surat Thani Thailand 84360