Top
  >     >  タンザニア   >  タンザニア 7 : タランギレでラストサファリ(タランギレ)

ハネムーン in タンザニア 7日目。ンゴロンゴロを出発し、タランギレに向かいます。

ガイドさんと待ち合わせ、ンゴロンゴロのホテルを後にして、タランギレ国立公園を目指します。

ンゴロンゴロクレータービューポイント。行きにも来た場所ですが、最後にもう一度記念写真。名残惜しいですが、ンゴロンゴロとお別れです。

 

そこから15分ほど車で走って、ついにンゴロンゴロ自然保護区の出入り口まで戻ってきてしまいました。ゲートを出た途端、アスファルトのスムーズな道。この5日間でこぼこ道を走るのに慣れていたので、こんなにも快適なのかと実感。

そしてこの道路は、日本の支援によって作られたそうです。センターラインもくっきり!

「Marera Village Gallery(マレラヴィレッジギャラリー)」、そして行きにも訪れた「African Galleria(アフリカンギャレリア」に立ち寄りました。

置物やコーヒーなど、お土産を購入。自分達用にも、カラフルなライオンの絵を購入しました!

アフリカンギャレリアにはカフェも併設されていて、キリマンジャロコーヒーもいただき、結局1時間くらいゆっくり滞在しました。

 

マレラヴィレッジギャラリー
アフリカンギャレリア

そこから少し車を走らせます。道中、横に見えたLake Manyara(マニャラ湖)は、蚊の湖という意味らしいです。その名の通り、夜になると蚊がたくさん出てくるらしいです。恐ろしや…..。

そして1時間ちょっとで、Tarangire National Park(タランギレ国立公園)に到着しました!まずはランチをいただきます。

タランギレとは、スワヒリ語で「イボイノシシの川」という意味らしいです。昔は狩猟場でしたが、1970年に公園になったそうです。

ここには、星の王子様に出てくる珍しいバオバブの木があります。Black Cotton Soil(ブラックコットンソイル)という水をたくさん含む土なので、バオバブにとって良いそうです。乾季には葉を落として、必要な水を抑えるそう。

公園内を少し中に進むと、すぐに動物たちが出てきました。

タランギレには、象がたくさん。近くまで来てくれて、大迫力!

タランギレ川。そしてそれを渡っている象たち。

ライオン・キングに出てくる、ザズー!!アカハシコサイチョウというらしいです。

キリンをバックに虹が出ていました!

カラフルな鳥は、ボタンインコ。愛情深い性格なので、「ラブバード」と呼ばれているらしいです。

半日のサファリを終えて、ラストの今日宿泊するホテル「Tarangire Sopa Lodge(タランギレソパロッジ)」に到着しました。

セレンゲティのホテルを贅沢にした分、今日は少しグレードダウン。でも広々としたホテルでした。

プールにも少し入ってみましたが、さすがマニャラ湖(蚊の湖)の近く。蚊が多くてリラックスできませんでした笑

ホテルのディナーは、19:30に一斉にスタート。開始前からレストラン前のラウンジへ人が集まっていました。

歌と踊りのパフォーマンスもありました!

ついに、最後の夜が来てしまいました。明日はゆっくりタランギレ公園を抜けて、空港へ向かいます。