Top
  >     >  エクアドル   >  ガラパゴス 4 : フロレアーナ島でハイキング&シュノーケリング

エクアドル ガラパゴス諸島クルーズ旅、4日目です。今日は、フロレアーナ島とチャンピオン島を訪れます。

朝ごはん後、今日はフロレアーナ島を探検します。まずはゾディアックで島の周りを回って動物たちを探すツアーへ。岩場には、アオアシカツオドリの群れがいました。キョン顔がかわいい!

ガラパゴスの固有種、サギ科の「ガラパゴスササゴイ」という鳥のようです。

ササゴイを夢中になって撮影していると、すぐ近くにいたアシカが「こっちも撮って」と言っているかのように、ずっと手を上げたままアピールしていました笑

マングローブの上には、おそらくガラパゴスオオアオサギ。

少しして、ナチュラリストが指差す方向を見ると…

なんと!

ガラパゴスペンギンが!

野生のペンギンを初めて見ることができて感動しました。海に普通にペンギンがいるのが、とても不思議な光景でした。普段この辺でペンギンを見ることは珍しいそうで、ラッキーでした。

ポストオフィスベイへ上陸。近くでは、何羽ものアオアシカツオドリが魚を取るために、海へダイブしていました。さらに、ダイブの練習をして潜りきれていない若いペリカンたちもいました。

海岸の奥あるポストへ。ここでは、自分の手紙を投函する代わりに、自国宛の手紙があれば持って帰り、代わりに投函してあげる、というシステムになっています。

昔捕鯨船の人たちが、家族や恋人への手紙をこの島に残していったのが始まりで、その後、自分の行き先宛の手紙を見つけた人が持ち帰って投函するようになったそうです。

ポストの中には、300〜400枚ほどのポストカードが入っているようでした。取り出して宛先を1枚ずつチェックして、自国宛のがないか探します。同じクルーズのメンバーで手分けして見て、お互いの国があれば渡し合いました。その中に、奇跡的に日本宛のものが1枚ありました!しかも、3日前で意外と最近でした。日本に持って帰り、後日切手を貼って投函しました。

代わりに私たちも自分宛に書いて投函してきました。いつか届くのか、ワクワクしながら待ちたいと思います。

ポストの奥に日本語発見。日本の捕鯨船が置いていったものらしいです。

2022-12-20_23-17-49_557

その後は、そのままビーチでシュノーケリングの時間でした。他のみなさんは岩場で魚を見ていましたが、私たちはさっきのペンギンが気になってしょうがなく….。

ペンギンと一緒に泳ぎたいと、ぷかぷか水面に浮いているペンギンの近くへ泳いでいきました。

ぷかぷかのんきに浮かんでると思いきや、潜るとものすごいスピードで泳ぐので、一瞬で視界から消えてしまいました。ただ、しばらくすると同じコースを泳いでいることに気づきました。

魚の群れを目掛けて潜っていたので、その近くで待ち構えていると何度も戻ってきてくれて、何とかこのお気に入りの一枚を撮ることができました!

悠々と泳ぐ、ウミガメもいました。

目がクリッとしていてかわいい魚発見(名前分からず)。鉛筆が刺さっているような、ペンシルウニ(Pencil Sea Urchin)も見ました。

 

クルーズ船に戻ってランチ。今日のランチは「スペイン料理」でした。

パエリアには、巨大なエビやタコがのっていて豪華でした!今日も美味しかったです。

午後は、チャンピオン島でシュノーケリングでした。体感16℃くらいで寒かったですが、魚がたくさんいてあっという間でした。キングエンゼルフィッシュの群れ。

海底にはサメ。レーザーサージョンフィッシュの大きな群れもいました。

シュノーケリングの後は、船に戻って着替えてまたハイキングです。フロレアーナ島のプンタコーモラント(Punta Cormorant)を訪れました。ここはグリーンビーチと言われていて、砂に鉱物が混ざっているので緑色に見えるのだそう。

珊瑚やペンシルウニ、またカメのヒレなど、来た人が見れるようにか並べられていました。

ビーチから少し奥に入ると、湖がありました。実はここにフラミンゴがいるそうなのですが、今日はどこかへ行ってしまったようです。残念でした。

黄色い花は、フロレアーナデイジー。ここフロレアーナ島のプンタコーモラントにしかない花だそうです。ツルに小さな実がなっているのは、ガラパゴスパッションフルーツ。実は甘いそうです。

フロレアーナデイジー
ガラパゴスパッションフルーツ

ガラパゴスキイロアメリカムシクイ(Galapagos Yellow Warbler)に遭遇。日本語名だとかわいくないし、ガラパゴスなのにアメリカが入っている。人懐っこく私たちを見てきて可愛かったです。

フィンチの巣

トレイルを進むと、ビーチに出ました。海にはポツンと丸いものが。お昼寝中のウミガメでした。

ビーチの脇には、ウミガメの骨が分かりやすく並べて置いてありました。

来た道を帰っていくと、段々と日が暮れてきました。湖に立ち寄ると、リフレクションが綺麗でした。ここにフラミンゴがいたら、もっとよかったな…笑。でも見えるどうか分からなくてドキドキするのも、野生動物を見にいく醍醐味です。

明日のスケジュールについて、ブリーフィング。明日もたくさんの動物たちに会えそうです。またペンギンと泳げるといいな….。

今日のディナーは、「Dinner Under the Stars」。普段のレストランではなく、オープンデッキでいただくというものでした。綺麗な夕焼けとライブミュージックでスタート。他の乗客のみなさんとも話しながら、楽しい時間を過ごすことができました。