Top
  >     >  キューバ   >  キューバ 2 : ビニャーレス渓谷へ

キューバ:カラフルでノスタルジックな世界 2日目

このツアーには、カサで提供される朝食が毎朝含まれています。

ツアー会社のJuniorさんと、9時に待ち合わせをしていたので、8:30から朝食を。ダイニングに行くと、ママさんがキューバの朝食を用意してくださいました。グアバジュースが特に美味しかったです。

そして時間通り、Juniorさんが到着。元々旅程には組まれていなかったのですが、SIMカードが欲しいと相談したところ、買いに行くのを手伝ってくれるためだけに、バイクで45分かけて来てくれたそう。優しいです…..。

現地の電話会社に行き、SIM カードを契約。40CUC。wifiが全然繋げないキューバなので、電話を契約して一安心。

このときにJuniorさんといろいろ話もできてよかった。彼はキューバのInterNationsのアンバサダーをやっているそう。

キューバでは友達との繋がりがとても強い。家族以上にみんな助け合う。キューバは貧しいから、思いっきり楽しいことをして辛いことを忘れる。貧しいけど、みんな笑顔。と話してくださいました。現地の方の考え方を聞けた貴重な時間でした。

カサに戻ってきて、Juniorさんとはお別れ。ビニャーレス渓谷に向かうための車を待ちます。

10:00頃に迎えが来ると言われていたのですが、待つこと1時間。そわそわしてましたが、1時間遅れできて、やっと出発しました!ビニャーレスまでは2時間半。

昨日のクラシックカーよりは少し新しいタイプで、きちんとシートベルトがある車。他2人のドイツ人と乗り合いで向かいます。

道行くクラシックカーが可愛くて、ずっと道路を見ていても癒されます。車の横に馬車が走っていたり、牛や馬が歩いていることもざらでした。

ビニャーレスに到着!

今日宿泊するのは、医師のルイスさんのお家「カサ・ルイス(Casa Luis)」のようです。ルイスさんが迎えに来てくださり、かわいいお家に案内してくださいました。お庭も広くて、素敵なお家です!

14:00になり、空腹で倒れそうだったので、軽食を出していただきました。

チーズサンドウィッチとフルーツ。グアバジュースは小さい頃から大好きだったけど、フルーツのグアバを食べたのは初めてです。この日から、グアバはほぼ毎日どこでも出たので、キューバでは一般的なフルーツのようです。

ビニャーレスはたばこ農場で有名ですが、暑いため午前中に行った方がいいそうなので、今日は町をぷらぷらすることにしました。

ルイスさんからは、夕飯は外で食べるとお腹を壊すから、カサで食べるよう勧められました。外の様子を見に行ってなかったので、 レストラン事情もわからず、お家で作っていただくことにしました。(10CUCで結構お高め..?)

(実際外へ行くと、たくさんのレストランがあって、外でもよかったかもしれません笑)

けれども、キューバの家庭料理を味わういい機会でした。20:30からをリクエストして、それまでは街探索と、おすすめされた高台ホテルのプールへ行ってみることにしました。

ビニャーレスは田舎の街で、鶏、馬車や牛舎、馬に乗ったカウボーイハットをかぶった方が普通に行き来していて、ノスタルジックな気持ちにさせてくれます。キューバの中で、ビニャーレスが一番気に入りました。

町の中心から坂を登ること20分ちょい。ホテル・ラ・エルミータ(Hotel La Ermita)へ到着。この町で一番有名なホテルだそう。ビニャーレスが一望でき、一応プールに入れます。

ホテルの中はwifiが通じるので、例のETECSAカードを購入して、のんびりネットサーフィンが可能でした。夕方までしばらくごろごろして、夕飯前にカサへ戻りました。

用意していただいた、キューバの定番夕食。お肉をオリーブと炒めたもの。黒い豆のスープは別で飲んでもご飯にかけてもいいそう。家庭料理をいただけて、よい経験でした。

チェゲバラの本を読みながら、今日も早めに就寝です。