Top
  >  日本   >  国内トラベルログ   >  中国地方 4 :山口から広島へ

3泊4日の広島&山口ドライブ旅の4日目、最終日となりました。山口から広島空港へ向かいつつ、観光を挟みます。

宿泊したホテルルートイン徳山駅前では、全室朝食付きなので、軽くいただきました。ビジネスホテルっぽい朝食。

今日の最初の目的地は、岩国市にある日本を代表する木造橋「錦帯橋(きんたいきょう)」です。精巧かつ独創的な木組みの技法は、現代の橋梁工学からみても非の打ちどころがないと言われているそうです。

橋を渡って反対側へ行ってみます。通行料は往復で310円でした。階段を登ったり降りたり。

錦帯橋の向こう岸には、吉香公園という公園があります。昔ながらの建物が並んでいたり、100種類のソフトクリームを提供するお店があったり、賑やかでした。

ランチには、山口でまだやり残していた瓦そばを食べるというミッションを達成したく、「長州屋」さんを選びました。山口名物の瓦そばと岩国寿司をいただきました。瓦そばは、熱した瓦の上でパリパリになったそばをつゆにつけて、いただきます。かた焼きそばのようでした。岩国寿司は、ちらし寿司のよう。

食べ終わって外に出てみると、行列ができていて、早めに入っておいてよかったです。

広島県広島市へ戻ってきました。平和記念公園周りをふらふらして、紅茶専門店「紅一門」というお店を見つけました。そこでテイクアウトしたキウイフルーツ&ジンジャーティーがとっても美味しくて、忘れられません。

呉市までドライブし、「アレイからすこじま」という公園へ。海上自衛隊の潜水艦をすぐそこに見ることができました。

少し早いですが飛行機の時間があるので、早めに夕食をいただこうと、アレイからすこじまの真向かいにあるカフェ「港町珈琲店」を訪れました。テラス席では、潜水艦を眺めながら食事することができます。

そしてここでは、海軍のカレーをいただくことができます。潜水艦くろしおのレシピが再現されているそうです。食べた感じまろやかですが、後からピリッときてとても美味しかったです。海軍カレーは、潜水艦や隊ごとに異なるらしく、それぞれのレトルトも発売されているようです!

呉のもう一つの写真スポットが造船所です。中に入って見学することはできませんが、子規句碑前のバス停横の歩道橋の上から眺めることができ、ビューポイントとして「歴史の見える丘」という名前までついていました。

実際に行ってみると、上からよく見えました。クレーンやパーツもカラフルで、レゴブロックの世界を見ているようで可愛かったです。

渋いですが、おすすめの写真スポットです。

呉を後にして、帰る時間になってしまいました。広島空港まで車を走らせて、レンタカーを返却し、18:30頃空港に到着。

20時前の飛行機に乗って、21時半に羽田へ帰って来ました。

行ったことないからという理由で、今回山口を中心にした旅行にしてみましたが、山口には思っていた以上にハイレベルな観光地があり、広島とも合わせて大満足の4日間となりました。