Top
  >  日本   >  国内旅行   >  中国地方 1 :広島1日観光

3泊4日の広島&山口ドライブ旅の1日目。初日の今日は、広島の宮島と市内をゆっくり観光します。

早起きして羽田空港へ。お盆初日だったので、空港は賑わっていました。

空港でおにぎりとお味噌汁を朝ご飯に調達して飛行機へ。広島までは1時間20分のフライトです。

途中飛行機からは、綺麗な富士山を見ることができました!

2022-08-11_09-03-22_583

広島空港に到着後、まずは予約をしていたレンタカーを受け取り。空港から少し離れているので、送迎のバスで向かいますが混雑していたので15分ほど待機してから出発でした。

レンタカーをゲットして10:30。まずは宮島へ向かいました。

宮島には、車を駐車してフェリーで向かいます。宮島口西が駐車しやすいと調べていたので、そちらへ。

ちょうど「菱和パーク宮島口第3駐車場」というところに停めることができました。

宮島へのフェリーまでは徒歩6分で祝日でも500円。ここより近くになると満車が多く、駐車料金も1000円前後と高くなっていたので、とてもちょうどいいパーキングでした。

フェリーに乗っていよいよ宮島へ。交通系電子マネーでそのまま乗ることができました。料金は大人180円。安い。

10分ほどで到着でした。

宮島には、人気のあなご丼のお店がたくさんありますが、中でも一番人気の「ふじたや」さん(食べログ3.71)でランチをいただきたかったので、フェリーを降りて記帳しに向かいました。

フェリーの港からは15分ほど歩きますが、綺麗な景色・かわいい鹿・気になるお店などには一旦目もくれず、直行しました。12時半頃お店に到着すると、22組待ち。一時間弱で入店することができました。

順番が来るのを気にしながら、ちょこちょこ食べ歩きをしました。

まずは広島と言えばのもみじまんじゅう。人気店の「岩村もみじ屋」へ。できたての温かいものを1つ100円でいただくことができます。お店の前には、食べるスペースとして椅子が用意されていて、無料でお茶もいただくことができました。できたてのもみじまんじゅうはふわふわで、とっても美味しかったです。

ふじたやさんまで一気に歩いたため、汗が止まらず…。少し涼むためにも、おしゃれなコーヒー屋さん「伊都岐珈琲」で小休憩。

屋台も出ていてお祭りのような雰囲気の場所もありました。鹿も遊びに来ててかわいい。みんなが買った食べ物を狙いにはきていましたが、宮島の鹿は控えめでおとなしい子が多かったです。

港寄りのお店が立ち並ぶ賑やかな通りに戻ってきました。

今回もう一つ絶対に食べたかったのが、「牡蠣屋」さんの焼き牡蠣です。大きな牡蠣が1個300円!店内で座って色々な牡蠣料理をいただくこともできますし、テイクアウトで食べ歩きや店頭でいただくこともできます。

旬ではありませんが、クリーミーでプリプリの牡蠣に感動しました。何個でも食べれそう。

ちなみに少し先には牡蠣屋さんがプロデュースしたバー「GEBURA(ゲブラ)」さんがあり、こちらの牡蠣をテイクアウトしてお酒などドリンクが楽しめるみたいです。アルコール含め、おかわりは200円でどのドリンクも楽しめるそうで、お酒と楽しみたい方には良さそうでした。

そろそろ待ちに待ったふじたやさん。順番になりそうで戻ってみると、ちょうど少しして入店できました。

お店のホームページには、以下のように記載がありました。

 

1902年創業。嚴島神社に近い閑静な住宅街にある。献立は「あなごめし」のみ。 店主が仕入れるのは、味が特に良いと言われる1匹100~120gの天然穴子。素焼したそれに、 注文を受けてからタレを塗って焼くので少々時間がかかります。セイロで蒸したばかりのご飯は もっちりとした食感で熱々。代々伝わる技で端正に仕上げています。天然物しか扱わないため、観光シーズンには売り切れ終いすることも。予約不可。伝統の味、「あなごめし」をはじめ穴子丼・あなごの肝を召し上がれます。 世界遺産宮島にお越しの際は、是非お立ち寄りください。

期待が膨らむ中、あなごめし3,000円を注文(最近500円値上がりしたよう)。

提供まではゆっくり待つこと30分。いよいよ運ばれてきました。

丼の蓋を開けると、きれいなあなごが並んでいました。鰻とはまた違う、しっとり、ふっくりした食感。ご飯も蒸されているので、熱々でした。一般的なうな重よりも繊細で、上品なお味でした。高級なランチですが、一度は待って食べるべき美味しいご飯でした。

あなごめし

お目当てのものを一通り食べれたところで、ゆっくり観光。メインの厳島神社へ行きました。

色々と工事中なところがありましたが、中に入ることはできました。お清めが今どきでした笑。真っ赤な色がキレイでした。

鳥居も残念ながら工事中…。満潮の時、そして鳥居が戻った時にまた来てみたいなと思いました。

2012年(10年前)に撮ったもの

散策をしながら、港の方へ戻っていきます。

商店街の方に戻ってきて、お醤油専門店「だいだい醤油」さんで牡蠣醬油をゲット。

続いて、「紅葉堂本店」さんでデザートに揚げもみじをいただきました。

商店街には、もみじクロワッサンやもみじまんじゅうアイスなど、もみじまんじゅうから派生したさまざまなスイーツが並んでいました。

トライはできませんでしたが、リラックマのかわいいもみじまんじゅうやご飯を提供している「リラックマ茶屋」さんもありました。

港付近の「ビッグセット」さんの牡蠣入りカレーパンもとても気になったのですが、お腹がいっぱいなので断念。また次回の楽しみにとっておきます。

かわいい鹿たちにも別れを告げ、フェリーに乗って帰りました。

車で20分ちょっとで、広島市中区にある平和記念公園へ。原爆ドーム、広島平和記念資料館を訪れました。

今日のホテルは、車で5分ほどの「天然温泉 芸州の湯 ドーミーイン広島ANNEX」です。もちろんサウナで選びました。すぐ近くにANNEXではない「ドーミーイン広島」もありますが、そちらの女性側にはドライサウナはなく、ミストサウナしかありません。ドライサウナを楽しみたい場合は、「ANNEX」を!

チェックインをして、予約していたディナーに歩いて向かいました。

ディナーは、徒歩4分の「ひろしま丸かじり 中ちゃん」です。1週間前に予約を入れていました。当日来て入れない方や並んでいる方もいたので、事前に予約するのが良さそうです。

カジュアルな鉄板焼きのお店で、洋食・和食・中華と幅の広いジャンルのメニュー、そして広島名物のそば入お好み焼きもいただくことができます。店主の中ちゃんさんが昭和45年に創業し、今は当時のお客さんが2代目として引き継いで運営しているそうです。

まずは、中ちゃん名物の「ウニクレソン」。ウニとクレソンを鉄板で炒めたものをフランスパンと一緒にいただきます。クレソンの爽やかさがウニとマッチしていて美味しかったです!

本日のおすすめから、「明太卵焼」も注文してみました。明太子にしそまで入っていて、こちらもとても美味しかったです。

そして「お好み焼き(そば入り)」と「ユッケ風レアステーキ」。お好み焼きは麺がパリパリ。ボリュームも満点でした。ステーキは、ミディアムレアで噛み切れる柔らかさ。ニンニクと一緒に美味しくいただきました。

本当は中華そばも食べてみたかったところですが、もうお腹に余裕がなく、今回は断念しました。また次回チャレンジしたいです。

ホテルに戻って、サウナへ。ドーミーイン広島ANNEX「芸州の湯」。

ドーミーインはサウナ目当てでよく利用させていただいているのですが、その中でもこちらが今までで一番よかったと感じました。

ドーミーインは、サウナ熱めでカラカラ、水風呂はキーンと冷たいイメージでしたが、ここはサウナも湿度があり、水風呂もぬるめで長くゆっくり楽しむことができました。

シャワーは全てリファ。ドライヤーも半分がリファという豪華さ。サウナではヒノキの香りが広がっています。外気浴スペースもあるし、浴室内でも扇風機に当たりながらととのうことができました

鯉のランプ、厳島神社の鳥居と鹿の絵、椅子は赤のカープ仕様と、広島が全面に出ている浴室もかわいかったです。

今日は、ゆっくり広島を観光することができました。明日からは、山口に行ってきます。