Top
  >  旅行中の1日   >  アメリカ西海岸7:シリコンバレー企業巡り

アメリカ西海岸の旅7日目。今日は憧れのシリコンバレー企業を回ってみます。

朝ごはんには、ホテルから車で6分のCoupa Cafe(クーパカフェ)のStanford Research Park(スタンフォードリサーチパーク)店へ行ってみました。

お店の外で筋トレをしている人、お店の中でPCで一生懸命作業している人。絵に描いたようなシリコンバレー生活をしている人たちがたくさんいました。

ホテルで身支度をし、今日のドライブに出発!

最初の目的地は旧facebook(フェイスブック)・現Meta(メタ)の本社です。観光客としては、オフィスの中まで入ることはできませんが、外観そして看板と写真を撮ることができます。

青系を基調としたカラフルな建物がかわいかったです。ブルーの自転車も並んでました。

うろうろしているとセキュリティの方が寄ってきて、見張られている感。さすが一流の企業。「看板は向こうにありますよ」と案内されました。(早く撮影して帰りなさい、と言われている雰囲気でした笑)

大きな看板。前に立って写真を撮ることができます。元はfacebookのLikeの絵が掲げられていましたが、Metaのロゴになっていました。facebookの方が愛着を感じる身としては、少し残念。

看板の裏を見ると、元々オフィスがあったサン・マイクロシステムズのロゴが残されていました。シリコンバレーの歴史を感じました。

「facebook」ロゴがなくて少し寂しいと思っていたところ、帰り際に「1 Facebook Way」という看板を発見!一緒に記念写真を撮りました。

ロゴではないですが、Facebookの地に来たという思い出に撮れてよかったです。

世界トップ大学の一つ、スタンフォード大学の観光に来ました。スティーブ・ジョブズのお葬式が行われたMemorial Church(メモリアルチャーチ)や、創設50周年記念で建てられたHoover Tower(フーバータワー)など、歩いて観ることができました。

広大なキャンパスに元気な学生たちの姿を見て、元気をいただきました。

Memorial Church
Memorial Court
Hoover Tower

Book Storeでは、スタンフォードグッズも購入することができます。

スタンフォード大学から車で10分。Google本社「Googleplex(グーグルプレックス)」へ。車で一帯を通るだけで、Googleのロゴやドロイドくんたちをたくさん見ることができました!

さらに車を停めてふらふら。建物の中には入れませんが、外だけでも写真スポットが盛りだくさん。1時間しかいれませんでしたが、もっといたかったくらいです。

グーグル本社からも、アップル本社からも車で10分ほどのところに、スティーブ・ジョブズの実家があります。

アップルの創業の拠点となった、あのガレージです。

今は人が住んでいる様子はなく、ジョブズの妹さんが所有されており、歴史的建造物に指定されています。

「侵入禁止、写真は道から撮るように」といった看板があったので、道からであれば写真は撮っていいようです。

あの有名なガレージを実際目にすることができて感動です。

スティーブ・ジョブズのガレージの後は、もちろんApple Park(アップルパーク)へ。本社には立ち入ることができませんが、その向かいにあるApple Park Visitor Center(アップルパークビジターセンター)には、誰でも訪れることができます。ガラス張りの広々としたアップルストア、そしてカフェが併設されていました。

2階に上がると、テラス席がありました。陽の光を浴びながらゆっくり作業ができそうな場所でした。誰もいませんでしたが。

道路の向こうのアップルパークの外壁も見えました。行ってみたい…。

メタ、グーグル本社はかわいいポップな感じでしたが、やはりアップルはスタイリッシュでした。

広々としたアップルストアでは、通常のアップル製品も購入することができます。記念に本社で買いたかったのですが、円安の影響で、計算したら日本で買うより全然高かったので諦めました。

通常の製品の他に、ここアップルパークでしか買えないTシャツ、トートバッグ、ベビー服などレアなオリジナルグッズも売っていたので、私もTシャツ2枚購入しました!

併設のカフェにももちろん立ち寄りました。世界で唯一のアップルカフェらしいです。社員証を掲げたアップル社員らしき方々がたくさんいました。

カプチーノをオーダー。メニューの写真でラテアートがアップルロゴになっていたので、同じようにお願いできるか店員さんに聞いてみたら、バリスタに伝えてくださり、アップルロゴのラテが出てきました!

シリコンバレー企業巡りはここまでです。オフィスの中まで入れないからつまらないという話も聞きますが、入れるエリアだけでも個人的には大満足でした!

ここから車で40分、今度はサンタクルーズへ向かいます。

サンタクルーズに着くまで、ご飯を食べるタイミングを失ってしまったので、着いたらまず遅ランチを。この時間に空いていて、トリップアドバイザーでも評価がよかったメキシカンレストランの「El Palomar(エルパロマー)」に行ってみました。

お通しのトルティーヤ&サルサが美味しくてバリバリ食べていると、おかわりまで来て食べすぎてしまいました。エンチラーダもファジータもすごく美味しかったのですが、ボリュームがすごい…。二人で食べ切れませんでした。

Tortilla Chips & Salsa (お通し)
Enchiladas Especiales ($20)
Fajita with skirt steak ($28)

食後には、「Santa Cruz Beach Boardwalk(サンタクルーズビーチボードウォーク)」というビーチ沿いにある遊園地へ。

…. 来てみたものの、今日は遊園地はクローズの日でした。ライドは全部お休み中。オープンしているときに来たかった…..。お休みは不定期のようなので、事前にホームページで確認して、「Rides Open」の日に行くのをおすすめします。

ダイナミックな看板。笑

サンフランシスコ市内まで戻ってきて、最後に寄ったのが、LGBTコミュニティーで有名なカストロ地区です。一体がレインボーで溢れていて、横断歩道までレインボーで、いるだけで明るい気持ちになりました。

セクシーなクッキーが売っているHot Cookie(ホットクッキー)も有名です。

本日最終夜に宿泊するのは、サンフランシスコ市内の「Hotel Triton(ホテルトリトン)」です。ホテル自体はこじんまりしていますが綺麗でした。

ホテルに駐車場はないので、近くの「The White House Garage(ホワイトハウスガレージ)」を利用しました。24時間で42ドルで、周りでは安めの設定でした。

 

お腹も空いていなく、夜のサンフランシスコ市内は治安があまりよくないので、外にくりだす気にもなれず、ホテルでゆっくり過ごしました。

明日がついに帰国の日になってしまいました。午前中、サンフランシスコ市内をふらふらしてから、空港へ向かいます。