ハルビン 3 : 街歩き

ハルビン旅行最終日です。昼前には空港へ向かわなければいけないので、今日は中心地をお散歩するのみ。ロシアの雰囲気を感じられる街並みは歩いているだけで楽しい!

旅程

 9:00 ハルビン街歩き
10:00 聖ソフィア大聖堂
10:30 担々麺ブランチ
14:30 フライト


9:00

気温は…. -27℃!シンガポールが26℃なので、気温差53℃。でも10℃と20℃は全然違うけれど、-17℃と-27℃はもはやそこまで体感変わらない気がしました。笑

飛行機の関係で、友達は早朝に出発してしまったので、一人で街歩き。ハルビンは過去に帝政ロシアの配下となり、中央大街には、その時代に建てられた欧風の建築が並び、ヨーロッパの街並み・ロシアの文化を感じることができます。

 

寒い中、人だかりができているショップがあります。なんと、アイスキャンディー屋さん。-27℃にも関わらず、並んでまで食べるなんて、どんなに美味しいアイスなんだと思い、私もチャレンジしてみることに。

すると….普通のバニラアイスキャンディー。????美味しい…けど…。でも、一つ発見だったのが、ビニール袋にぽんっと入れられて渡されるアイスキャンディー。気温が-27℃なので、そのまま持ち歩くことができます!アイスちょっとかじって袋に入れて持ち歩く。ビスケットを持ち歩くような感覚で、ちょこちょこ食べれる、というのが新しい経験でした。

10:00

中央大街から歩いて5分ほど。やってきたのは、聖ソフィア大聖堂。街の中に広場があり、そこにどんっと建っています。ロシア正教会の聖堂です。ただ、現在は協会や聖堂として使われておらず、芸術館として公開されています。

10:30

フライトの関係で12時前にはホステルを出ないといけないので、ブランチを。ロシア料理をトライするか、辛い中華にするか…。寒かったのもあり、また辛くて温かいものの気分になり、担々麺をチョイス。うーん、も少し山椒が効いていればよかったなぁ… 。

ふらふらとお土産屋さんに立ち寄りながら、ホステルへ。ロシアらしいマトリョーシカが並んでいました。

11:30

ホステルで荷物をピックアップして、タクシーで空港に向かうことにしました。ここで拾ったタクシーが外れ…。まず、なぜか助手席に座るように言われました。シートベルトは壊れていてない。その後、一人新たに拾い、その人を降ろすために寄り道。その後も、新たに乗せる人を求めて、歩いている人に声をかけたりしています。フライトがあるし、本当に困る!と英語で訴えても聞いてもらえません。二人目を乗せたところで、”请快(速く)!”と訴えて、少しイライラを示したところ、空港へ向かう高速道路の入り口で、他の車に移されました。元の運転手がお金を渡し、私を乗せるように交渉したみたいです。英語が通じないので、反論する術もなく….飛行機の時間も危ないので、もう信じて新しい車に乗りました。無事空港に到着して一安心。ですが、最後お金を請求され、”いや、最初の人に払ったし、もらっていたでしょ”と言って、その場を去りました。今回は無事空港に到着して、フライトにも間に合ったけど、我ながら結構危険だったと思いました。ハルビンのタクシーは、こういうこともあったし、騙して氷祭りのチケットを買わせようとしてきたり、色々あったので、注意です…。

14:30

フライト。韓国経由で、シンガポールまで帰りました。

coconutmilq
Weekend Traveler from Singapore. Originally from Japan.

Related Posts

Stay Connected

0フォロワーフォロー
0フォロワーフォロー

Recent Stories