Top
  >     >  メキシコ   >  メキシコ 1 : 日本からラパスへ

今日からメキシコ旅行へ行ってきます。

今回の旅の目的は3つ。①アシカの赤ちゃんとダイビング ②リメンバーミーの舞台となったグアナファトの絶景 ③死者の日の文化体験

まずは、ラパス(La Paz)を目指します。旅の後半に友人と待ち合わせをしており、前半は一人旅。メキシコというとやはり治安があまりよくないイメージもあるので、細心の注意を払って楽しんできたいと思います。

成田発のアエロメヒコ航空でメキシコシティまで。12時間半耐えました。

メキシコシティ到着。その後、ラパス行きの国内線へと乗り換えます。初めてのメキシコ。空港も怖い雰囲気だったらどうしようと少しそわそわしていましたが、そんなことはなく。アメリカでよくする甘い香りが漂っていました。アエロメヒコ航空は、国際線・国内線全てターミナル2なので、全移動アエロメヒコの私は、移動する手間もなく楽でした。

トランジットの間に、空港内のレストラン、アルファ・バー(Alfa Bar)で初の本場のタコスを。リブアイタコス(Tacos de Ribeye)と水で425 ペソ(約2500円)。

お肉の焼き加減も聞いてもらって期待大でしたが、正直微妙…。お値段も高く、イマイチでした。まぁ空港内だからしょうがないか、と。

やはりメキシコシティは怖いイメージがあるので、空港内にいてもちょっとドキドキ。鞄を抱えて、警戒して過ごしていました。

さらに国内線で、ラパスへ。

2時間半のフライトはあっという間で、そわそわしている間にラパスへ到着しました。ホテルまでの送迎は、ダイブショップに依頼しており、空港まで迎えにきてくださってました。

空港から20分ほどで、ホテルに到着。チェックインを済ませ、ようやく部屋に入り、一安心。部屋はきれいで一人旅には十分でした。

お腹が空いて夕食を食べたかったものの、もう外は日が暮れて暗くなっており。今自分のいる場所がどれほど治安がいいのか分からず、怖くて外に出られませんでした。(のちに、ラパスは観光地で、裕福な人たちの別荘地にもなっていて、とても治安がいいことを知りましたが。)

安全第一で、持っていたポテトチップスを食べて、一夜をしのぎました。

明日から3日間は、ダイビング三昧です!緊張と楽しみが入り混じってドキドキしています。