Loading

Please wait
Top
  >  test
  • Thailand

    基本情報 ・首都 : ワシントンD.C. ・言語 : 英語 ・通貨 : アメリカドル (USD) ・時間 : UTC -5 - UTC -11 hours ・面積 : 9,628,000 km² ・日本人の観光ビザ:必要(オンライン) 滞在歴 ▼2019/4/30 - 5/7 Cities: ニューヨーク、ボストン https://travelholiq.com/america-east-coast/

  • Basic Information ・Capital : Beijing ・Language : Standard Chinese ・Currency : Renminbi/ Yuan (CNY) 1 CNY = 0.16 USD ・Time Zone : UTC +8 hours ・Area : 9,596,961 km² ・Population : 1,403,500,365 (As is April 2018) Visited ▼2018/4/5 - 7 City: Shanghai ▼2018/1/19 - 21 City: Harbin ▼2017/9/23 - 30 Cities: Chongqing, Lhasa/Gyangtse/ Shigatse (Tibet)

    Tibet : Monasteries and Mount Everest (9 days/ 7 nights)
    ▼2011/8/5 - 24 Cities: Beijing, Yinchuan

  • 基本情報 ・首都 : Beijing(北京) ・言語 : 中国語 ・通貨 : 人民元  (CNY) 1 CNY = 17.09 JPY / 0.16 USD ・時間 : UTC +8 hours (日本時間 -1 時間) ・面積 : 9,596,961 km² ・人口 : 1,403,500,365 ・日本人の観光ビザ:15日以内必要なし (2018年4月現在) 滞在歴 ▼2018/4/5 - 8 City: 上海

    上海:最新テクノロジーを体験する旅(2泊4日)
    ▼2018/1/19 - 21 City: ハルビン
    中国ハルビン : -27℃の氷の世界(2泊3日)
    ▼2017/9/23 - 30 Cities: 重慶, ラサ/ギャンツェ/ シガツェ (チベット)
    チベット : 僧院巡りとエベレスト (7泊9日)
    ▼2011/8/5 - 24 Cities: 北京, 銀川

  • 基本情報 ・首都 : ジャカルタ ・言語 : インドネシア語 ・通貨 : インドネシアルピア (IDR) 1 IDR = 0.0083 JPY / 0.000069 USD ・時間 : UTC + 7 - +9 hours (日本時間 -1 - +1 時間) ・地域 : 東南アジア ・独立 : オランダより 1945年8月17日(宣言) 1949年12月27日(承認) ・面積 : 1,919,440km2(15位) ・人口 : 247,000,000人(4位) ・日本人の観光ビザ:アライバルビザ(空港によっては必要なし) (2015年9月現在) 滞在歴 ▼2015/9/19-21 Cities: ジョグジャカルタ

    ジョグジャカルタ:インドネシアの文化を感じる旅(2泊3日)
    ▼2016/5/4-7 Cities: カリマンタン, ジャカルタ
    カリマンタン島 : オラウータンに会いにいくジャングルクルーズ(4泊5日)
    ▼2017/8/9-13 Cities: マナド ▼2018/4/27-5/2 Cities: コモド

  • Basic Information Capital : Jakarta Language : Indonesian Religion : 87.2% Islam/ 9.9% Christianity Currency : Indonesian rupiah (Rp) (IDR) 100 IDR = 0.01 USD Time Zone : UTC +7-9 hours Region : Southeast Asia Area : 1,904,569 km² Population : 261,115,456 Visited  

  • シンガポール出張のついでに、住んでいる友達を訪ね、ジョグジャカルタへ行ってきました。ジョグジャカルタはインドネシアの古都で、世界三大仏教遺跡のボロブドゥールを始め、多くの観光地も存在しています。 City ジョグジャカルタ ▶︎インドネシア基本情報 Schedule 2015/9/19 〜 21 Day 1 : ボロブドゥール寺院と舞踊劇 11:15 シンガポール発 12:25 ジョグジャカルタ到着 16:30 ボロブドゥール寺院遺跡群 19:30 ラーマヤナ舞踊劇 Day 2 : タマン・サリとプランバナン寺院 10:30 タマン・サリ 12:30 ランチ 14:30 プランバナン寺院遺跡群 18:30 サテーディナー Day 3 : フライト 10:05 ジョグジャカルタ発 14:45 ジャカルタ発 17:45 シンガポール到着 Flight (シンガポール発) 行き :  2015/9/19 (土) エアアジア QZ659 (2 h 10m) シンガポール SIN 11:15 -ジョグジャカルタ JOG 12:25 帰り :  2015/9/21 (月) ガルーダインドネシア航空 GA205 (1 h 20 m) ジョグジャカルタ JOG 10:05 - ジャカルタ CGK 11:25 ガルーダインドネシア航空 GA836

  • ****************************************************** 11:15 シンガポール発 12:25 ジョグジャカルタ到着 16:30 ボロブドゥール寺院遺跡群 19:30 ラーマヤナ舞踊劇 ****************************************************** 12:25 シンガポールから直行便でジョグジャカルタに。現地に住んでいる友人が空港まで迎えに来てくれました。車をチャーターしてボロブドゥールを目指します。 途中、おしゃれなレストランでランチ。 16:30 ボロブドゥール寺院遺跡群(Borobudur)に到着。    たくさんのストゥーパが並んでいて、その中には、ブッダが納められています。今では壊れたり、盗まれたりして、入っていないものが多いです。   19:30 夜はプランバナン寺院で行われる、ラーマヤナ舞踊劇を観に行きました。ラーマヤナは孫悟空のモデルになったとも言われています。迫力があり、演出も面白く、とても楽しむことができました!劇場から世界遺産のプランバナン寺院が見えるのもすごいです。

  • ****************************************************** 10:30 タマン・サリ 12:30 ランチ 14:30 プランバナン寺院遺跡群 18:30 サテーディナー ****************************************************** 10:30 ホテルからベチャ(自転車タクシー)に乗って、まずはタマン・サリへ連れて行ってもらいました。タマン・サリとは美しい庭園という意味で、スルタン王に仕える女性たちが水浴びをしていた場所だそうです。明るくて、美しいところでした! 12:30 おしゃれカフェ、ロータスミオ(Lotus Mio)でランチ。 14:30 午後は、プランバナン寺院遺跡群(Prambanan)を訪れました。ヒンドゥー教と仏教、二つの宗教の寺院です。2006年5月のジャワ島中部地震で大きな被害を受け、今尚修復作業中でした。       18:30 地元の方にも人気のサテー屋さんWarung Sate Pak Pongで、夜ご飯です。いやぁ、美味しかった! 正直つい最近まで、ジョグジャカルタという街を知らなかったのですが、インドネシアの古都という、日本で言う京都の位置付けで、壮大な世界遺産もあり、インドネシアの文化を感じられ、とても素敵な場所でした。 初めてのインドネシア、ご飯も美味しく、大満足の旅でした!

  • 基本情報 首都 : アブダビ (Abu Dhabi) 言語 : アラビア語 宗教 : イスラム教 通貨 : ディルハム UAE dirham (AED) 1 AED = 30.06 JPY / 0.27 USD ※2017年9月14日現在 時間 : UTC +4 hours (日本時間 -5時間)   地域 : 西アジア 面積 : 83,600 km² 人口 : 9,157,000 滞在歴 ▼2015/11/29

    トランジットの間に満喫!ドバイ観光
    ▼2017/8/31 - 9/3
    ドバイ&アブダビ, アラブ首長国連邦 : 豪華ホテル, 砂漠, モスク, フェラーリ…盛りだくさん (3泊5日)
     

  • Basic Information Capital : Abu Dhabi Largest City : Dubai Language : Arabic Religion : Islam Currency : UAE dirham (AED) 1 AED = 0.27 USD (As of 14 Sep 2017) Time Zone : UTC +4 hours Region : Western Asia Area

  • Dubai Transit : 29 November, 2015 As I had a business trip to India, needed to transit at Dubai, and had 7 hours between, I decided to go sightseeing outside. ★City Dubai ★Schedule  5:00 Arrive in Dubai, UAE  6:30 Jumeirah Mosque  7:00 Breakfast@ One & Only Royal Mirage  9:00 Burj Khalifa 10:00 Dubai Mall &

  • インド出張の際、ドバイで乗り換えすることに。トランジットは10時間。これは

  • 基本情報 ・首都 : Delhi(デリー) ・言語 : ヒンディー語、英語、その他 ・通貨 : インドルピー (INR) 1 INR = 1.84 JPY / 0.015 USD ・時間 : UTC +5:30 hours (日本時間 -3.5時間) ・地域 : 東アジア ・面積 : 3,287,590 km²(7位) ・人口 : 13億2400万人(2位) ・日本人の観光ビザ:必要(オンライン / 大使館) (2015年12月現在) 滞在歴 ▼2016/12/2-5 Cities: Mumbai(ムンバイ), Kolkata(コルカタ) ▼2015/11/30 - 2015/12/08 Cities: Delhi(デリー), Guwahati(グワハティ), Mumbai(ムンバイ), Lucknow(ラクナウ), Agra(アグラ)

  • ずっと夢見ていた、Finland(フィンランド)のサンタ村でのクリスマス。仕事は23日から冬休みに入っても支障なさそう。飛行機見たら、ヘルシンキまで直行飛行機あり。っということは、飛行機さえ予約して空港へ行けば

  • 人生初めての北欧!まず訪れたのは、フィンランドのヘルシンキです。街がキラキラしていて、また寒さが少し切ない気持ちにさせてきて、なんとも言えないこれぞクリスマス、という気分になりました。   デザイン博物館   ヘルシンキで食べたもの 初日に食べたのが、トナカイシチュー!マッシュポテトの量。笑 あまり好きではないかも

  • 前から持っていた夢がありました。それは、いつかフィンランドのサンタ村で、クリスマスを過ごすこと。そしてついにそれを実行に移すべく、ロバニエミへ行ってきました! フィンランドの首都ヘルシンキからロバニエミは飛行機で約1.5時間。フィンエアーで向かいます。 搭乗時の機内アナウンスで「本日、残念ながら飛行機のエンジンが動きません。」と言われ、一瞬、えっ?と。「なので本日は、トナカイたちに飛行機を引っ張ってもらいます」と。安心すると共に、クリスマスのメルヘン要素を加えてくれたアナウンスのおかげで、よりワクワク感が高まりました。 サンタクロース村(Santa Claus Village) ついにやってきました、サンタクロース村。この村では、本物のサンタクロースに会うことができます!クリスマスイブということもあって、サンタに会うには行列が。1時間ほど並びました。 サンタと会うときには、自分のカメラは使用できません。撮影してもらったものを購入しなくてはならず、データは2カットセットで5000円ほど

  • 12月になると、15時前には日が暮れてしまう、スウェーデンのストックホルム。ほとんど明るいストックホルムは見れずに終わってしまいました。笑    地下鉄 駅巡り ストックホルムの地下鉄は、駅によってテーマに沿ったデザインになっていて、駅を巡るだけで遊園地を回っているように楽しむことができます。周遊券を買って電車で回れるので、寒さもしのげておすすめです!            レストラン 美味しかった、老舗ペリカンのミートボール

  • ストックホルムのミートボールで有名なお店といえば、1773年から続いている老舗のペリカン(Pelikan)です。北欧旅行の際に、訪れました。人気のお店なので、予約はしていった方がよさそうです。予約はウェブからすることができます。 お店の雰囲気は、きっちりめ。少しおしゃれして行った方がよい雰囲気です。旅行中何度もミートボールをいただきましたが、こちらでいただいたミートボールがやはり一番美味しかったです。   ペリカン(Restaurant Pelikan) 満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 月 - 火  16:00 - 24:00 水 - 木  16:00 - 01:00 金 - 日  12:00 - 01:00 電話番号 : +46 8 556 090 90 Website : http://www.pelikan.se/en/ 住所 : Blekingegatan 40, 116 62 Stockholm, Sweden

  • 憧れていた氷でできたアイスホテルを見学しに、スウェーデンのキルナ(Kiruna)まで行ってきました。本当は宿泊してみたかったのですが、2カ月前にチェックしたのでは、もちろん満室でした。

  • ヘルシンキで1日時間が余ったので、弾丸でエストニアのタリンに行ってみることにしました。予定外にふらっと立ちよったのですが、城壁に囲まれた旧市街はまるで、絵本の中のよう。とっても好きな雰囲気で、できることなら1日でも宿泊してゆっくりまわりたかったなぁ、と思いました。 タリンへは、フェリーで2時間。出発時刻の30分前には、ターミナルに到着している必要があります。 時間も限られているので、朝一の7:30発のフェリーを利用しました。タリン到着は9:30。帰りは13:30のフェリーなので、3時間半の滞在です。 時間が限られているので、フェリーから降りるなりタクシーを捕まえて、街の中心まで行きました。まずは見たかったこの景色。 おとぎ話の世界に出てきそうな、フードをかぶった人の仏像や、魔女が使っていそうな鍋で調理しているホットワインなど。ディズニーランドにでも紛れ込んだ感覚です。街が可愛くてもっともっと見尽くしたくて、終始走り回りながら観光しました。 3時間半はやはりあっという間

  • ゴールデンウィーク後半を利用して、インドネシアのカリマンタンでジャングルクルーズの旅行へ行ってきました!ボートの上で過ごす丸3日間。Wifiはない。シャワーは茶色い水。オラウータン、天狗ザル、ワニの赤ちゃん、見たことのない形の蜘蛛の巣、星と蛍に囲まれる夜

  • カリマンタン島 : オラウータンに会いにいくジャングルクルーズ(4泊5日)の1日目。 ******************************************************  6:16 シンガポール発 10:20 パンカランブーン着 11:30 ボート乗船&出航 12:30 ランチ 15:30 村散策 18:00 ディナー 20:00 トレッキング ****************************************************** 10:20 カリマンタンの空港、パンカランブーン(Pangkalan Bun)に到着。ツアーの方が迎えに来てくださり、港へ。ツアー用の船が並んでいます。手前の船が私たちのものです。   11:30 ボートに乗り込み、出航!3泊の船での生活が始まります。こちらがこれから入っていくタンジュンプティング国立公園。 船の上は、お客さんは私と友達の二人のみ。それに対して、船長・服船長・ガイド・シェフがつきます。 船の上は、机・ベッド・デッキの椅子が並んでます。想像以上に豪華☆本当に外で寝れるんだぁー、とテンション上がります。オープンで気持ちいい!!! 川をぐんぐん進んで行きます。本当にジャングルクルーズ!信じられない!! 12:30 出発して少し。ランチが運ばれてきました。インドネシア料理が並びます。風を切って進む船の上で食べるご飯は絶品! 食後はベッドで少しごろごろ。外でお昼寝している感じですごく気持ちがいいです。 15:30 川を進んでぐんぐん。最初の到着地である島に到着しました。降り立って少し散策。まっすぐ歩いていきます。動物たち、水上で暮らす人々に出合いました。 18:00 船の上でご飯。灯りはろうそくの火のみ。女の子友達と女子旅ですが、ロマンチックな感じ!笑 そのあとは夜のトレッキング。色んな虫や植物を見て歩き、なかなか楽しかったです。暗くて全く写真は撮れず。笑 そのあとはシャワー。どんなシャワーだろうと、実は少し心配していました。友達と、冷たい綺麗な水と茶色い温かいお湯だったらどっちがいい、と話していたら

  • カリマンタン島 : オラウータンに会いにいくジャングルクルーズ(4泊5日)2日目。 ******************************************************  9:00 朝ご飯  9:30 オラウータンと対面 12:00 ランチ 14:30 キャンプ・リーキー 18:00 ディナー ****************************************************** 9:00 ボート生活2日目。風を浴びながらの美味しい朝食から始まる幸せ! 9:30 いよいよオラウータンに会いにいきます。オラウータンが住むキャンプへ。自然に住むオラウータンを餌付けしています。 いよいよ初対面!たくさんのオラウータンが。子供もいます。   ここでガイドの方に伺ったお話。 昔Ahmadという男性が違法で狩りをしていたそう。そして子連れのお母さんオラウータンに3発銃を打ったそう

  • カリマンタン島 : オラウータンに会いにいくジャングルクルーズ(4泊5日)3日目。 ******************************************************  6:00 トレッキング  8:30 朝ご飯 12:00 ランチ 14:00 木植え 15:30 最後のオラウータンポイント 19:00 蛍 20:00 ディナー&船長さんとカードゲーム ****************************************************** 6:00 早起きして、トレッキング!爽やかな朝の始まり。涼しくて気持ちいい。展望台に登ってみたり。心が洗われ、雨水の雫でさえ綺麗に思える。 こんな蜘蛛の巣も初めて見ました。このぐるぐる、なんだろう、と獲物を不思議に思わせて近づかせる戦略だとか。 そしてなんと、飼育されているワニの赤ちゃんも見せてくださいました。飼育場所から出してしばらくは動かないからと言われ、恐る恐る自撮り

  • カリマンタン島 : オラウータンに会いにいくジャングルクルーズ(4泊5日)4日目。 ******************************************************  7:00 下船 16:30 ファタヒラ広場 18:00 ショッピングセンター:グランドインドネシア ****************************************************** 6:30 朝起きると、猿たちがいっぱい。食べ物を狙いに来ているそう。   タンジュンプティング国立公園の入り口で記念撮影をし、お世話になったクルーの皆さん、そして船ともお別れの時間..。 7:00 港に戻って来てしまいました。 そこから空港へ行き、ジャカルタ行きの飛行機へ。 15:00 宿泊するホテルボロブドゥールジャカルタ到着。 ホテルに到着してシャワー。温かくて透明なシャワーを浴びるのが4日ぶり。当たり前のことがこんなに幸せに感じるなんて。とりあえず体を清めます。 16:30 ファタヒラ広場へ。久しぶりの文明。笑 おしゃれなカフェで遅めのランチをいただきます。 18:00 その後は、グランドインドネシアという大きなショッピングセンターへ移動してゆっくり過ごしました。

  • かわいいかわいいかき氷に会いに、恵比寿へやって来ました。 ジャパニーズアイス櫻花は、抹茶や黒ごまなど和風のアイスが中心のお店ですが、夏場は特に人気で、昼間はいつも行列ができています。単純にアイスが食べたくなる季節だからというのもあるかもしれませんが、夏だけ限定で販売するとってもかわいいかき氷を求めてくる人が多いです。 いつも気になっていたので、今日は意を決して並んでみました。 日曜の夕方でしたが、20分ほどで注文することができました。こちらが噂の白くまかき氷。 表情がなんとも言えず、とってもかわいいです!味も練乳が聞いていて美味しい!また来年会いに来たいと思いました。 こちらのお店、夜は23:30(冬は23:00)までやっているので、夕飯の後のデザートなどでも利用ができて便利です! ジャパニーズアイス櫻花   満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 【3月~10月】11:00~23:30 /【11月~2月】12:00~23:00 Website : http://www.ice-ouca.com/ 住所 : 東京都渋谷区恵比寿1-6-6 土田ビル 1F

  • リトルインディアにある、OMB = Oh My Bacon cafeは、珍しいベーコンを中心としたカフェ。その空間づくりがとても可愛いみたいだったので、実際に訪れてみました。 カフェの中は独特の世界観。OMBのキャラクターたちでいっぱいです。色使いもレトロでとっても可愛い!     そして料理もポップでおしゃれ。そして美味しかったです!店内全体で明るい雰囲気を醸し出しているので、なんだか元気が出るカフェでした。

  • シンガポールで一番おすすめしたい火鍋、Tang Restaurant and Bar。 入り口付近はバーになっていて、その奥にレストランがあります。とてもおしゃれで清潔感があって、日本人が好きそうな感じ。(というか、あまりシンガポール!って感じがしません)日本語メニューと日本語を話すスタッフの方もいらっしゃいます。 あまり知られていないのか、予約は大抵取ることができます。ちなみに店内はいつも寒いので、上着を持っていった方がよいです。 食べ放題ではなく、スープと具を注文するスタイル。スープは3種類で麻辣、魚介、トマト。深みのあるスープで、麻辣も激辛ではなく、割と食べやすいと思います。 シンガポールではいろいろな火鍋に行きましたが、個人的にここが雰囲気と味を総合して一番だと思っています。 Tang Restaurant and Bar(タン) 満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 12:00 PM - 2:30 PM, 5:00 PM - 11:30 PM 電話番号 : +65 6222 7708 Website : https://www.facebook.com/TangRestaurantBar/ 住所 : 25 Keong Saik Road | #01-01, Singapore 089132, Singapore

  • 基本情報 ・首都 : Bangkok(バンコク) ・言語 : タイ語 ・宗教 : 93.2% 仏教/ 5.5% イスラム教 ・通貨 : バーツ Baht (THB) 1 THB = 3.37 JPY/ 0.03 USD ・時間 : UTC +7 hours (日本時間 -2時間) ・地域 : 東南アジア ・面積 : 513,120 km² ・人口 : 68,863,514 ・日本人の観光ビザ:必要なし (2018年9月現在) 滞在歴 2016/12/9 - 11 プーケット, タイ : リラックス女子旅 2017/1/27 - 30 バンコク, タイ : バンコク & アユタヤ観光 ▼2017/5/6 - 8

    バンコク, タイ : フォトジェニックな旅 (1泊2日)
    ▼2017/9/8

  • Basic Information Capital : Bangkok Language : Thai Religion :  93.2% Buddhism/ 5.5% Islam Currency : Baht (THB) 1 THB = 0.03 USD Time Zone : UTC +7 hours Region : Southeast Asia Area : 513,120 km² Population : 68,863,514   Visited ▼2016/12/9 - 11 Phuket, Thailand

  • Basic Information Capital : Kuala Lumpur Language : Bahasa Malaysia Religion : (official) 61.3% Islam/ 19.8% Buddhist/ 9.2% Christian/ 6.2% Hindu Currency : Ringgit (RM) (MYR) 1 MYR = 0.24 USD Time Zone : UTC +8 hours Region : Southeast Asia Area : 330,803

  • 基本情報 首都 : Kuala Lumpur(クアラルンプール) 言語 : マレーシア語 宗教 : (公教) 61.3% イスラム教/ 19.8% 仏教/ 9.2% キリスト教/ 6.2% ヒンドゥー教 通貨 : リンギット Ringgit (RM) (MYR) 1 MYR = 26.79 JPY/ 0.24 USD タイムゾーン : UTC +8 hours (日本時間 -1時間) 地域 : 東南アジア

  • 6 - 9 April, 2017 Trip to climbed Mount Kinabalu (4095m) in Malaysia!   ★City Kota Kinabalu, Sabah, Malaysia ★Schedule *Day 1 : Flight & Bak Kut Teh  17:40 Leave from Singapore 20:05 Reach Kota Kinabalu 21:20 Bak Kut Teh at SIN KEE BAK KUT TEH *Day 2 : Climb Up Mount Kinabalu  6:00 Leave from

  • マレーシアの最高峰、富士山より高いキナバル山(4095m)を登りに行ってきました。 無事、登頂達成★きれいな朝日を拝むことができました。 最中は、もう二度とやりたくないと思うほど結構きつかったですが、なかなかの達成感を味わうことができました。 City コタキナバル, マレーシア Schedule *Day 1 : フライト & バクテー 17:40 フライト(シンガポール 出発) 20:05 コタキナバル 到着 21:20 バクテー at SIN KEE BAK KUT TEH(シンキーバクテー/新記肉骨茶) *Day 2 : キナバル山登山1日目  6:00 ホテル出発 8:00 キナバル国立公園事務所 到着 9:00 Timpohon Gate(ティンポホンゲート)登山口から登山開始 15:30 ペンダントハット @ 3,289m 到着 18:00 ディナー at Laban Rata restaurant(ラバンラタレストラン) 20:00 消灯 *Day 3 : キナバル山頂上  1:30 起床&軽い朝ご飯  2:45 キナバル山頂上に向けて出発  5:45 頂上で日の出観賞  6:15 下山開始 10:30 宿(ペンダントハット)到着&朝ごはん 13:00 下山開始 17:40 Timpohon Gate(ティンポホンゲート) 到着 20:30 コタキナバル到着 & シーフードディナー *Day 4 : カフェ@コタキナバル & フライト 9:30 ホテルで朝食 11:30 October Coffee

  • Basic Information Capital : Thimphu Language :  Dzongkha Religion : Buddhism Currency : Ngultrum (BTN) 1 BTN = 0.014 USD Time zone : UTC +6 hours   Region : South Asia Area : 38,394 km² Population : 768,000 Bhutan? ”The Happiest Country in the World”

  • 基本情報 首都 : ティンプー (標高2,400 m) 言語 :  ゾンカ語 宗教 : チベット仏教, ヒンデゥー教 通貨 : ニュルタム Ngultrum (BTN) 1 BTN = 1.84 JPY / 0.014 USD 時間 : UTC +6 hours (日本時間 -3時間)   地域 : 南アジア 面積 : 38,394 km² (九州の0.9倍) 人口 : 768,000  

  • During Golden Week (long holiday in Japan), I visited Bhutan. In order to visit there, we cannot apply for visa by ourselves but have to ask travel agency. Therefore, though I seldom do, I used Japanese travel agency callded "Kaze." In Bhutan, when

  • 日本のゴールデンウィークに合わせて、ブータンへ行ってきました。 ブータンは基本ビザを自分たちで手配することができず、旅行会社を通す仕組みになっています。 なので、いつもは個人旅行ですが、今回は風の旅行社さんを利用しました。 ブータンは、観光で滞在すると、1日200ドル以上(金額は条件によって変わる)使わなければいけないという決まりなど、独特のルールがあり、資金は結構かかってきます。 バンコク⇄ブータンの飛行機代合わせ、ツアーは261,210円でした。お高めですが、一生に一度の経験なので

  • ****************************************************** キチュ・ラカン&ティンプー (前日) 22:00 シンガポール出発 ---------------- 00:30 バンコク到着 01:30 ゴールデン チューリップ ソヴェリン ホテル バンコク 到着 & 仮眠 04:00 空港へ出発 06:50 バンコク→ブータンへ (ドゥルクエア) 10:10 ブータン(パロ)到着 11:20 キチュ・ラカン 15:00 ティンプー到着 15:30 キラ体験 17:15 メモリアル・チョルテン 18:00 ホテルペリン ****************************************************** 前日の夜にシンガポールを出発して、深夜にバンコクに到着。 少し休んでから、早朝いよいよブータンに向けて出発です。 10:10 バンコクからコルカタを経由(機内で1時間待機)して、ブータンのパロ国際空港に到着しました。 空港の建物がブータンの伝統的な建物で、すでにブータンに来たんだ!という実感が湧きます。 シンガポールとは違い、空気がからっとしていて気持ちいい。   日本語が話せるガイドさんとドライバーさんと、空港を出たところで待ち合わせです。 ツアーの参加者は、私と友達の2名、と他2名2組みの合計6名でした。   まずは、空港が見渡せる写真スポットに立ち寄り 最初の観光スポット、Kichu Lhakang(キチュ・ラカン)に向かいました。 11:20 到着。キチュ・ラカンの入り口です。 キチュ・ラカンは、パロにあるブータン最古の寺院です。7世紀に建てられたそうです。 ブータンでは、他のチベット仏教圏内同様、カラフルな5色の旗をよく見かけます。 これは、タルチョと呼ばれ、お経が描かれています。 風に乗って、幸せ・ブッタの教えが遠くまで届きますように、という願いがつまっているらしいです。 また、このマニ車も寺院でよく見ます。 手で回すと、お経を唱えるのと同じ効力があると言われているそうです。 中庭にはみかんの木があります。 このカラフルで落ち着いたブータンのテイストにすっかりファンになりました。   ランチのため、近くのレストランに向かいました。 駐車場の風景: ブータンにはたくさんの犬がいました。 ボランティアの人たちで、全野良犬に狂犬病の注射を打っているそうで、 ブータンの犬たちはみんな安全らしいです。 ブータンの国技であるアーチェリーも体験しました。   そして待ちに待った、初ブータン料理。 唐辛子料理であるエマダツィ初体験!(写真2枚目)   エマダツィとは、唐辛子をチーズで煮込んだもの。 食べた瞬間はチーズの甘みを感じ、そのあと徐々に唐辛子の辛さが来ます。 口の中はヒリヒリしますが、これがご飯にぴったりで、なかなか癖になる味です。   その後、首都Thimphu(ティンプー)に向けて出発しました。 パロからティンプーは車で2時間ほど。 ティンプー市内 ↓   今日から2泊するHotel Pedling(ホテルペリン)にチェックインしました。   少しして、街中にある民族衣装のお店を見にいきました。 男性は”ゴ”、女性は”キラ”というものです。 街中でも、日常的に着られているのが見て取れます。 結構な重量で荷物になりそうだったので、買うのは断念。 代わりにツアーで貸していただいたキラを着て、Memorial Chorten(メモリアル・チョルテン)を訪れました。 メモリアルチョルテンは市内中心から歩いて10分ほどのところにあります。 お参りにいらしてる地元の方がたくさんいらっしゃいました。 夜はホテルのレストランでいただきました。 昼と比べると、そこまで辛い料理はなく。 ツアー参加者のみなさんとも打ち解けて来て、楽しいご飯でした!

  • ****************************************************** Kichu Lhakang & Thimphu (The day before) 22:00 Leaving from Singapore ---------------- 00:30 Arrived in Bangkok 01:30 Rest at Golden Tulip Sovereign Hotel Bangkok 04:00 Headed for Airport 06:50 Bangkok → Bhutan (Druk Air) 10:10 Arrived in Paro, Bhutan 11:20 Kichu Lhakang 15:00 Reached Thimphu 15:30 Tried Kira 17:15 Memorial Chorten 18:00 Hotel Pedling ****************************************************** I left from Singapore last night, and arrived in Bangkok, Thailand

  • ****************************************************** 09:30 ブータン織物体験 10:30 ブータン料理体験 12:30 織物博物館 14:00 市場 14:30 アーチェリー鑑賞 16:00 市内散策 17:30 タシチョ・ゾン 19:15 ディナー 20:30 ホテルペリン ****************************************************** 朝食後連れてっていただいたのは、郊外のお宅。 そこでブータン伝統の織物を体験しました。   思ったよりも力仕事で、これをずっと続けるのは相当な集中力と体力がいるんだろうなと思います。 ブータンでは、男性が織物を行うことはなく、女性の仕事のようです。   次が、ブータンの家庭料理体験。 料理を始める前に、まずはバター茶(スジャ)をいただきました。 紅茶に塩と大量のバターを入れ、勢いよく混ぜて完成です。各自好きなだけあられを入れて飲みます。   正直、バターの油がきつく、結構重かったです

  • ****************************************************** 09:30 Bhutanese Textile 10:30 Bhutanese Cooking 12:30 Bhutan Textile Museum 14:00 Market 14:30 Watch Archery 16:00 Walk around Thimphu 17:30 Tashichho Dzong 19:15 Dinner 20:30 Hotel Pedling ****************************************************** After breakfast we headed to a local house. There we tried Bhutanese textile.   It took more power than I thought, and I assumed it requires concentration and physical strength. The guide explained that in

  • ****************************************************** 07:00 Leave from Thimphu 09:00 Paro Taktsang (Tiger Nest) Trecking 12:00 Visit Taktsang 12:30 Start to climb down 13:30 Lunch@ the 1st Observatory 14:30 Reach bottom 16:00 Paro city 18:00 Homestay@ Rinchen's ****************************************************** 7:00 Left the hotel in the early morning and headed to Taktsang, Paro. After 2 hour car ride, we reached the start point of the trekking. They said

  • ****************************************************** 07:00 ティンプー出発 09:00 タクツァン僧院トレッキング 12:00 タクツァン僧院(タイガーネスト)見学 12:30 下山開始 13:30 ランチ@ 第一展望台 14:30 下山 16:00 パロ市内 18:00 リンチェンさん家ホームステイ ****************************************************** 7:00 朝ティンプーを出発し、いよいよパロのTaktsang(タクツァン僧院)へ! 車で2時間、トレッキングのスタート地点に到着しました。 大体トレッキングの目安としては、片道2時間半くらいみたいです。 9:00 いよいよトレッキングスタート! こんな道をぐんぐん進んでいきます。 緑に囲まれて、とっても気持ちいい!ちょうどシャクナゲの季節で、きれいでした。 途中馬ともすれ違うので、避けつつ進みます。 私たちは、トレッキングの格好で臨んでいますが、 地元の方たちは普通にお参りに来ているので、子供を背負っていたり、軽いサンダルでスタスタ登って行ったり すごいなぁ

  • Sadly, today is the last day in Bhutan. ****************************************************** 11:30 Leave from Paro, Bhutan 17:05 Arrive at Bangkok Continued to Bangkok trip

  • 6 -7 May 2018  As I had to transit at Bangkok during Bhutan trip, I decided to stay in Bangkok for 1 night additionally. The theme of this trip is "Photogenic." Basic info of Thailand ★Schedule Day 1 : Photogenic Foods 17:00 Arrived in  Bangkok 18:00 Photogenic Cafe 20:00 Photogenic Dinner 22:00 Lebua

  • Thailand

    2017/5/6-7 ブータン旅行でバンコクでの乗り継ぎが必要だったため、一泊バンコクで過ごすことにしました。 今回の旅のテーマは、”フォトジェニック”です。 ▶︎タイ基本情報 Schedule Day 1 : フォトジェニックご飯 17:00 バンコク到着 18:00 フォトジェニックカフェ 20:00 フォトジェニックディナー 22:00 ルブアアットステートタワー Day 2 : お寺巡り&ショッピング  9:00 ワットアルン 10:00 ワットポー 11:20 フォトジェニックアイス 13:00 ショッピング@ サイアム 16:30 フライト Flight 行き :  2017/5/6 (土) ブータン(パロ)より ドゥルクエア flight KB140 (5時間/グワハティで40分待機を含む) パロ PBH 11:30am - バンコク BKK 17:05 pm 帰り : 2017/5/7 (日) タイエアアジア flight 351 バンコク DMK 4:47pm - シンガポール SIN 8:05pm

  • ****************************************************** 17:00 Arrive in Bangkok 18:00 Photogenic Cafe 20:00 Photogenic Dinner 22:00 Lebua at State Tower ****************************************************** Today I only have one night, I will be in a bit rush. After I reached airport at 5 pm, I directly went to the photogenic cafe. Feather Stone Bistro Cafe & Lifestyle Shop   The restaurant

  • ****************************************************** 17:00 バンコク到着 18:00 フォトジェニックカフェ 20:00 フォトジェニックディナー 22:00 ルブアアットステートタワー ****************************************************** 今回は1泊であまり時間もないので、さくさく行動していきます! まず17時に空港に着き、行きたかったフォトジェニックなカフェへ直行。 Feather Stone Bistro Cafe & Lifestyle Shop (フェダーストーンビストロカフェ&ライフスタイルショップ)   店内はこんな感じで落ち着いた雰囲気 こちらで、ラベンダーレモネードを注文しました。 大きめのビンには美味しいレモネード 小さめの"Drink me"というビンには、ラベンダーのシロップが入っていて、好みに合わせて量を調節します。 グラスの中の氷には、フルーツやお花が入っていてとってもかわいい! バンコク一、フォトジェニックなレモネードだと思います。   今回泊まるのは、あの『ハングオーバー2』にも出てきて有名な、Lebua at State Tower(ルブアステートタワー)。 なんと、全室スイートルーム! Hotels.comのポイントが貯まってほぼ無料で宿泊できたので、豪華な滞在にしました。 お部屋のバルコニーの眺めが最高なのですが、それはまた後ほど。 一旦荷物を置いて、少し休んでから、今度はフォトジェニックな夕飯を食べに出かけました。   夜ご飯は”モダンタイ料理”というジャンルを試してみることに。タイ料理に新しくおしゃれで新しいエッセンスを加えたもの。 今回訪れたのは、OSHA(オシャ)。 少し怪しい雰囲気が漂う入り口です。 店内は高級感溢れる感じ ウェルカムドリンクとお通しもおしゃれ   まずは前菜、ホタテのフローラルサラダ まさにフォトジェニック お皿がお花畑。   続いて、大好きなトムヤムクン。 目の前でサイフォンを使って調理していただきます。 バーナーで熱すると、下にあったスープが上に上がっていき 上にあったハーブなどと混ざる仕組みです。 エビも立派でとっても美味しい。 メインでいただいたのはお魚です。 こちらは見た目は普通。 でもさっぱりしていて身がぷりぷりしていて、とても美味しかったです。   演出にとてもこだわっていて、かつ、しっかりと美味しいタイ料理で大満足です。 また行きたい。   そしてルブアステートタワーホテルへ戻りました。 部屋のバルコニーからの眺めです。 そして、ルブアステートタワーといえば、ルーフトップバーが有名です。 63階からバンコクの夜景が一望できるSIROCCO(シロッコ)。   人気なだけあって、雰囲気は結構がやがやしてました。 ゆっくりするのであれば、レストランを予約した方がいいのかもしれません。

  • Thailand

    バンコク, タイ : フォトジェニックな旅 (1泊2日)として、夕飯もおしゃれなものを食べに行こうと検索。 すると"モダンタイ"というジャンルを試してみたくなりました。タイ料理に新しくおしゃれで新しいエッセンスを加えたもの。 今回訪れたのは、OSHA(オシャ)。少し怪しい雰囲気が漂う入り口です。 店内は高級感溢れる感じ ウェルカムドリンクとお通しもおしゃれ まずは前菜、ホタテのフローラルサラダを注文。まさにフォトジェニック。お皿がお花畑です。 続いて、大好きなトムヤムクン。と言っても見慣れない形でサーブされてきました。 お皿には具だけ載っていて、スープは奥の、理科の実験で使うようなサイホンの中だそう。目の前で調理してくださいます。バーナーで熱すると、下にあったスープが上に上がっていき、上に入っていたハーブなどと混ざるのだそう。 素敵な演出を経て完成です!エビも立派でとっても美味しい。 メインでいただいたのはお魚です。 こちらは見た目は普通。でもさっぱりしていて身がぷりぷりしていて、とても美味しかったです。   演出にとてもこだわっていて、かつ、しっかりと美味しいタイ料理で大満足です。また行きたい。(今度は一人旅ではない時に

  • Thailand

    行きたかったフォトジェニックなカフェ、フェダーストーンビストロカフェ&ライフスタイルショップへ。インスタで話題になり、日本からお客さんが多く訪れるそう。   店内はこんな感じで落ち着いた雰囲気。 こちらで、ラベンダーレモネードを注文しました。 大きめのビンには美味しいレモネード。小さめの"Drink me"というビンには、ラベンダーのシロップが入っていて、好みに合わせて量を調節します。自分で調節できるので、甘さ控えめで爽やかなものに調節することができました! グラスの中の氷には、フルーツやお花が入っていてとってもかわいい!バンコク一、フォトジェニックなレモネードだと思います。   Feather Stone Bistro Cafe & Lifestyle Shop 満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 10:30 - 22:00 電話番号 : +66 97 058 6846 Website : https://www.facebook.com/featherstonecafe/ 住所 : 60 Ekamai 12, Bangkok, Thailand 10110

  • ****************************************************** 7:30 Breakfast@ Lebua at State Tower 9:00 Wat Arun 10:00 Wat Pho 11:20 Photogenic Ice Cream 13:00 Shopping@ Siam 16:30 Flight ****************************************************** The 2nd day of Photogenic Trip in Bangkok. 7:30 Woke up and had wonderful breakfast at Lebua at State Tower. Look how they arrange food nicely! They also have lots of bread choices.  

  • ****************************************************** 7:30 朝食@ルブアアットステートタワー 9:00 ワットアルン 10:00 ワットポー 11:20 フォトジェニックアイス 13:00 ショッピング@ サイアム 16:30 フライト ****************************************************** フォトジェニックなバンコク旅行2日目。 7:30 まずは滞在していたルブアアットステートタワーにて、おしゃれ朝食をいただきました。 とてもきれいに並べられた料理たち。 パンも種類が豊富です!    外のプールサイドでいただきます! バルコニーからの素敵な景色を後にして、 お寺巡りに出発! 前回、回ろうとした3大お寺。結局Wat Phra Kaew(ワットプラケオ)しか回れなかったので 残りのWat Arun(ワットアルン)とWat Pho(ワットポー)に向かいました。 9:00 ホテルからUberでワットアルンに向かい、到着。 ワットアルンはヒンドゥー教の強いお寺で、落ち着いた雰囲気。 暁のお寺という意味らしいです。   10:00 続いて、チャオプラヤー川の向こう岸まで船で渡り、(3バーツ) ワットポーに到着です。 ここは、何と言っても寝釈迦仏が有名です。 全長49メートル、高さ12メートル。 大きすぎて、頑張っても全体を写真に収めることができませんでした。 お釈迦様の後ろに回ると、108つの鉢が並んでいます。 20バーツで硬貨を購入して、各鉢に入れていきます。 このサタン硬貨が煩悩の象徴らしく、鉢に入れていくことで、煩悩が消えていくそうです。 本堂には、たくさんの仏像が並んでいます。   また、本堂の周りには、4つの仏塔があり、ラマ1世から4世までの歴代王を象徴しているそうです。 11:20 お寺を後にして、トゥクトゥクに乗っておしゃれなSiam(サイアム)地区へ 目をつけていたBonca Cookie Ice Cream(ボンカクッキーアイスクリーム)へ。   好きなマカロンに、好きなアイスクリームをはさみ、トッピングも選べます。 マカロンは日によって違うらしいです。   近くにかわいいカフェもあったので、寄ってみました。 D.Duck Cafe サイアム地区には、日本やシンガポールで見たことないおしゃれな雑貨やファッションが並んでいて、 とてもわくわくしました。 ショッピングセンター内のアイスもかわいい! ランチはSom Tam Nua(ソムタムヌア)でいただきました。 その後、ショッピングを少しして、ホテルで荷物をピックアップして、 空港に向かいます。 たくさんかわいいもの、きれいなものに出会って癒された旅でした。

  • Thailand

    タイのバンコクでおしゃれな物が集まる街サイアム。そこでとっても可愛いクッキーアイスクリーム屋さんを見つけました! 好きなマカロンに、好きなアイスクリームをはさみ、トッピングも選べます。マカロンは日によって違うとのこと。   なんども訪れて、チェックしたくなる可愛さです! ※残念ながら、2018年1月をもって、閉店してしまったらしいです。 Bonca Cookie Ice Cream/ボンカクッキーアイスクリーム 満足度 : ★★★★☆ 電話番号 : +66 95 505 5818 Website : https://www.facebook.com/boncacookieicecream/ 住所 : Siam Square Soi 4, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330, Thailand

  • 基本情報 ・首都 : マニラ ・言語 : フィリピノ語 ・通貨 : フィリピンペソ  (PHP) 1 PHP = 2.19 JPY / 0.020 USD ・時間 : UTC +8 hours (日本時間 -1時間) ・地域 : 東南アジア ・面積 : 299,404 km² ・人口 : 100,981,437 ・日本人の観光ビザ:30日以内不要 (2017年6月現在) 滞在歴 ▼2017/6/24 - 26 Cities: マクタン(Mactan) ▼2018/2/16 - 19 Cities: ボラカイ島(Boracay) https://travelholiq.com/boracay-philippines/

  • シンガポールでは、9月1日(金)がHari Raya Haji(イスラム教の巡礼祭)という祝日だったため、3連休を利用して、3泊5日のDubai&Abu Dhabi週末旅行へ行ってきました。 飛行機はシンガポールから7時間、日本からだとエミレーツで12時間くらい。 深夜便を利用して、中3日間でしたが、十分満足できました。 3連休であれば、日本からも行けなくはないと思います。 ▶︎アラブ首長国連邦 基本情報 Schedule 2017/8/31 - 9/4

    ドバイ 1 : バスタキヤ & 砂漠
    10:00 朝食@Arabian Tea House 11:30 バスタキヤ散策 12:00 らくだステーキ@Local House 14:30 デザートサファリ(砂漠) 22:00 噴水ショー、ドバイモール散策
    ドバイ 2 : ゴールドスーク, ブルジュ・ハリファ, 豪華ホテル
    10:00 ジュメイラモスク 10:30 ゴールドスーク/ スパイススーク 11:30 テキスタイルスーク 13:00 豪華ランチ@Burj Al Arab 18:30 Burj Khalifa 124, 125階 21:00 水族館、ディナー、バー@Atlantis, the Palm
    ドバイ 3 : アブダビ デイトリップ
    8:30   Ibn Battuta バス停 10:30 アブダビ 到着 11:00  Emirates Palaceにて金箔入りのPalace Cappuccino 12:00 シェイク・ザイード・グランドモスク 13:20  フェラーリ・ワールド・アブダビ 17:00 アトランティス・ザ・パーム(ドバイのホテル) 19:00 ドバイ国際空港 Flight (シンガポールから約7時間) 行き :  8/31 (木) 発 エミレーツ航空 flight 355 SIN 9:40pm - DXB 12:25am (+1) 帰り:  9/3 (日)

  • 1 Sep (Fri) was Hari Raya Haji(Festival of Sacrifice) and we had a longer weekend, so we made a trip to Dubai.   ★Flight (7 hours) Outbound :  31 August (Thu) Emirates flight 355 Singapore SIN 9:40pm - Dubai DXB 12:25am (+1) Return :  3 September (Sun) Emirates

  • The first day of this Dubai trip. ****************************************************** 10:00       Breakfast@ Arabian Tea House, Bastakiya 11:30 - 12:00 Walk around Bastakiya 12:00    Camel Steak@ Local House, Bastakiya   14:30 - 21:00 Dessert Safari 22:00 - 23:30 Fountain Show, Dubai Mall ****************************************************** For the first destination, we chose "Bastakiya". Different from the gorgeous image of

  • ドバイ&アブダビ, アラブ首長国連邦 : 豪華ホテル, 砂漠, モスク, フェラーリ

  • ドバイ旅行1日目で、せっかくならアラビアンな朝食を食べてみたいと、こちらのアラビアンティーハウスを訪れました。こちらのカフェは、オールド地区・バスタキヤの入り口にあります。 とてもおしゃれで、奥に入ると、白と青で統一されていて、リゾートのような雰囲気になっています。    ティーハウスというだけあって、150種類以上のティーが用意されているようです。 1つの朝食セットを2-3人でシェアするので十分ということだったので、こちらを3人でいただきました。ブレッドのみ追加オーダー。 このセットは、60Dh(1800円)。ハムスが特においしかったです!いろいろな味を少しずつ楽しめて、とても満足でした。 Arabian Tea House & Cafe(アラビアンティーハウス&カフェ) Web: https://www.facebook.com/ArabianTeaHouse/ Address: The Mall Jumierah, Dubai, United Arab Emirates

  • ドバイ旅行1日目。らくだのお肉を食べてみようと、バスタキヤ地区にあるLocal House(ローカルハウス)を訪れました。メニューが結構衝撃的!こちらで食べれるお肉の絵一覧。そして、お肉と調理方法との価格表が載っていました。   こんなに色々な種類のお肉が食べられるんですね。。ラクダ、バッファロー、エミュー、シマウマ..?!色々試してみたいけど、お腹のキャパシティの都合、今回はらくだステーキのみオーダー。 60 AED (約1800円)。 お肉はさっぱりしてて、意外にも牛に近い感じでした。色々な珍しいお肉を試してみたい方、こちらのお店がおすすめです。 Local House(ローカルハウス) 時間:毎日11:00 - 22:00 Tel : +971 4 339 9323 Web: http://www.localhousedubai.com/ Address: 51, Al Fahidi Historical Neighbourhood Bur Dubai - Dubai United Arab Emirates

  • ドバイ&アブダビ, アラブ首長国連邦 : 豪華ホテル, 砂漠, モスク, フェラーリ

  • ****************************************************** 9:55       Leave Carlton Downtown Hotel ↓ Uber (10 mins) 10:05 - 10:15     Jumeirah Mosque (from outside) ↓ Uber (15 mins) 10:30 - 11:15        Gold Souk/ Spice Souk ↓ Boat (10 mins) 11:25 - 11:35       Textile Souk   13:00 - 16:00 Gorgeous Lunch@Burj Al Arab ↓ Uber (20 mins) 16:30 - 17:30 Atlantis, the Palm (check-in) ↓ Uber (40mins) 18:30

  • (Solo) day trip to Abu Dhabi from Dubai. There are buses regularly and it is easy to go by yourself without any tour. ****************************************************** 8:30      Ibn Battuta Bus Station ↓ 8:50 - 10:30 Bus E101 (1 hr 40 mins) 10:30    Reached Abu Dhabi ↓ Taxi (15 mins) 11:00 - 11:40 Palace Cappuccino@ Emirates Palace ↓ Taxi (20

  • ドバイ&アブダビ, アラブ首長国連邦 : 豪華ホテル, 砂漠, モスク, フェラーリ

  • Thailand

    金曜夜発、日曜夜帰りの週末タイのサムイ島旅行へ行ってきました。 友達に会いに行くのが目的だったため、そこまで予定を決めずに行き当たりばったりですが、結果素敵な体験がたくさんできました! ▶︎タイ基本情報 Schedule  2017/9/8-10 Day 1 : 移動 & ディナー 21:00 到着 21:30 ローカルディナー@ フィッシャーマンズビレッジ Day 2 : 絶景ランチ & ビーチ & サムイフェスティバル 12:45 ランチ@ジャングルクラブ 15:00 チャウエンビーチ 19:00 サムイフェスティバル 20:00 おしゃれタパスバー 21:30 マッサージ Day 3 : プライベートアイランドツアー 9:00 マットサムアイランド 16:30 フライト   Flight (シンガポールから2時間) 行き : 9/8 (金) 発 シンガポール SIN 8:08pm –サムイ島 USM 8:55pm   (バンコクエアウェイズ flight 962) 帰り: 9/10 (日) 発 サムイ島 USM 4:24pm –シンガポール SIN 7:35pm   (バンコクエアウェイズ flight 961)

  • Koh Samui Trip : 8 - 10 Sep, 2017 A weekend trip to Koh Samui from Friday night to Sunday night. As the main purpose was to meet my friend, I haven't planned in details beforehand, but I had amazing experience after all

  • ****************************************************** 21:00 Arrival 21:30 Local Dinner@ Fisherman's Village ****************************************************** My first flight with Bangkok Airways (direct flight!) brought me to Koh Samui from Singapore in 2 hours.   It seems that they serve meal even for 1 hour flight between Bangkok and Koh Samui.       I arrived at Samui International

  • ****************************************************** 21:00 到着 21:30 ローカルディナー@ Fisherman's Village ****************************************************** 初のBangkok Airways(バンコクエアウェイズ)でSingaporeから2時間弱、直行便でSamui International Airport(サムイ国際空港)に到着です。   バンコクエアウェイズは、バンコク⇄サムイ島間の1時間でも、機内食が出るそうです。 ちなみにワンワールド系列。     21時到着後、空港でSIMカードGet。5日間600円ほどでした。   そして向かうはFisherman's Village (フィッシャーマンズビレッジ)。 空港からはタクシーとミニバスがありますが、乗り合いのミニバスの方がお得です。 行き先を伝えると、そこで降ろしてくれます。 出発後10分ほどで、フィッシャーマンズビレッジに到着しました。 金曜日限定で開催のナイトマーケットが広がっていました。 そして綺麗なレストラン、立派なスパもあれば、ローカルなレストランも立ち並んでいます。 私たちは入り口すぐそばのローカルなレストランでタイ料理をいただきました。 安くてもタイ料理はどれもおいしい!   この日は6人でAirbnbを使って、おしゃれなビラに宿泊しました。 

  • ****************************************************** Chaweng 12:45 Lunch@ Jungle Club 15:00 Chaweng Beach 19:00 Samui Festival 20:00 Stylish Thai Tapas Bar 21:30 Massage ****************************************************** 12:20 Spent relaxing morning at the villa, and went out quite late. We took a taxi and headed to The Jungle Club at Chaweng for lunch.   The restaurant is located on the hill, and the driver told

  • ****************************************************** 12:45 ランチ@ジャングルクラブ 15:00 チャウエンビーチ 19:00 サムイフェスティバル 20:00 おしゃれタパスバー 21:30 マッサージ ****************************************************** 12:20 ビラでゆっくりして、遅めに出発。 タクシーを拾い、Chaweng(チャウエン)地区にある、お目当の絶景が広がるレストランカフェ・ The Jungle Club (ジャングルクラブ)へ。   坂の上にあり、タクシーでは坂の下までしか行けないと言われ、代わりにジャングルクラブホテルのサファリカーで向かいました。サファリカーは往復200バーツ(600円)。   12:50 到着! 開放的でとっってもリフレッシュできる空間です。 料理はタイ料理も洋食も揃ってましたが、タイ料理を中心にいただきました。 その後ハンモックでゆらゆら。   サファリカーでそのままChaweng(チャウエン)のホテルまで送ってもらいました。 坂を下るのとホテル合わせて、400バーツ(1200円)。 今回はメルキュールホテルに宿泊です。 Mercure Samui Chaweng Tana   15:00 荷物を置いて、チャウエンビーチへ。 ところが、ちょうどSamui Festival(サムイフェスティバル)の準備で、のんびりできる雰囲気ではなくなっていました。   海はとても暖かくて、ぬるま湯に浸かっているよう。。 とても遠浅でした。   ホテルのプールも少し体験して、夜のビーチへ。 例のサムイフェスティバルを見てみようとふらっと行ってみました。 19:00 サムイフェスティバルは、サムイ島の120周年を祝うお祭りのようです。 観光客よりも地元の方がたくさんいらっしゃる印象。 海岸沿いにずらーーーっと屋台が並んでいました。   どれどれと近づいて見てみると、なんと全部無料! ホテルやレストランや企業が出しているだけあって、どれも普通に美味しい! 7時すぎに行って、もう終盤に近づいていましたが、色んなタイフードを味わえ(しかも無料で!)満足でした。 後日確認したところによると、世界一大きなビュッフェとして、ギネス認定されたみたいです。2.5km。 Samui Festival 2017 sets Guinness World Record for largest buffet   少しまだ小腹が空いていたので、ふらふら大通りを歩いて、おしゃれなタイ料理タパスバーに入ることにしました。 Libraryという有名なホテルに併設されたバー。 タパスは全て99バーツ(330円ほど)。 とてもおしゃれでインスタ映えしそうなものがたくさんありました。 少量をつまめて、とてもよかったです!   明日のフライトは16時半。 フライトに間に合う時間でなにかできないか、ツアー会社を転々としてみました。 16時ごろ市内に帰ってくるものが多く、14時半までに空港にいけそうなツアーはなかなか見つからず

  • Thailand

    サムイ島旅行の2日目のランチに、絶景が広がる高台にあるレストラン、ジャングルクラブ(The Jungle Club)を訪れました。 タクシーで向かったのですが、急勾配のため坂の下までしか行けないと言われ、代わりにジャングルクラブホテルのサファリカーで向かいました。サファリカーは往復200バーツ(600円)。急な坂道をぐんぐん進み、それ自体が一種のアトラクションのようでした。 そして、到着!ホテルのレストランですが、宿泊せず利用可能です。   プールを横目に進むと レストラン入り口。 まずはかわいいクッションが並ぶソファーがあり、 それを越えると…絶景が広がります! 開放的でとっってもリフレッシュできる空間です。 インスタ映えする写真もたくさん撮れると思います。   料理はタイ料理も洋食も揃ってました。 ハンモックもあるので、ランチのあとのーんびりもいいと思います。 タイの他の地域から来ているであろう方や、いろいろな国のお客さんで賑わっていました。ここまで開放的に街と海を見渡せるレストランは、今まで経験したことがありませんでした。ぜひ、サムイ島を訪れた際には、おすすめです! 2018/9/23 再訪 ココナッツに入ったグリーンカレーや、イタリアン料理をオーダー。   The Jungle Club Restaurant(ジャングルクラブ) 満足度 : ★★★★☆ (雰囲気 ◎ 美味しさ △) 電話番号 : +66 81 894 23 27 (Restaurant) Website : https://www.jungleclubsamui.com/restaurant/ 住所 : Chaweng Noi beach, Soi Panyadee, Koh Samui, Suratthani, 84320 Thailand  

  • ****************************************************** Koh Madsum 8:30 Breakfast@ Mercure Hotel 9:20  Tour pick up 10:00  Boat 10:30 Snorkeling around Koh Tan 11:15  Koh Madsum 12:00 Lunch 12:50 Leave from Koh Mudsum 13:10 Reached Koh Samui 14:10 Samui International Airport 16:35 Flight back ****************************************************** 9:20 After we had breakfast at the hotel, we left for the tour we booked. "Koh Madsum private tour" Tour Company: Backpacker Samui Travel

  • ****************************************************** Koh Madsum(マドソム島) 8:30 朝食@ Mercure Hotel 9:20 ツアーお迎え 10:00  船着場到着 10:30 シュノーケリング@ Koh Tan周辺 11:15  マドソム島 12:00 ランチ 12:50 マドソム島出発 13:10 サムイ島到着 14:10 サムイ国際空港 16:35 フライト ****************************************************** ホテルで朝食をとった後 昨日チャウエンのツアー会社で予約した、 Koh Madsum(マドソム島)プライベートツアー。 ツアー会社: Backpacker Samui Travel Group ボート(3時間リクエストした時間でアレンジ) + シュノーケル、カヤック、ランチ、水 ツアー自体:2人で4500バーツ 送迎(ホテル−船着場/船着場–空港) :700バーツ 合計:5200バーツ(約17,000円)   少し遅れましたが、ドライバーさんが迎えに来てくださり、出発。 目指すMadsum(またはMatsumとも書く)・マドソム島は、サムイ島の南側からボートで30分ほど行ったところです。   まず、その船乗り場まで1時間弱のドライブ。 そして2名プライベートツアーなので、小さな船に乗り込みます。 真ん中の椅子に座っていたら、想像以上に水しぶきが激しく、、全身びしゃびしゃ 先端に乗ることをおすすめします。 10:30 まずはマドソム島の隣のKoh Tan(タン島)周辺でシュノーケリング。 種類はそこまで多くなかったですが、数がたくさんいました。 透明度は10mくらいかなぁ。 30分ちょいくらいそちらで過ごして、いよいよマドソム島へ。   11:15 島と海が期待以上にきれい! そして他のツアーできている観光客も全員で20名いないかどうかくらい。 あまりメジャーな島でないからこそ、空いていてとてもリラックスできます。   12時のお昼まで自由にと言われ、 写真を撮ったり、カヤックにチャレンジしたり、海に入ったり。 タオルは島で貸してくださいました。 ビーチチェアーもこんな感じで素敵!できれば丸1日滞在して、ゆっくりしたかった

  • 基本情報 簡体字 : 西藏 自治区首府 : ラサ市 通貨 : 人民元 (Renminbi)  Chinese Yuan (CNY) 1 CNY = 17.00 JPY / 0.15 USD 時間 : UTC +8 hours (日本時間 -1時間)   地域 : 中華人民共和国の自治区 面積 : 1,228,400 km² 人口 : 2,740,000人 (2017年9月現在) 滞在歴 ▼2017/9/23 - 30 http://travelholiq.com/tibet_9-days-7-nights/

  • 2017/9/23 - 30 9日間のチベット旅行。値段は決して安くはないし、ロードトリップが多く少し過酷な旅でもありますが、友達に誘ってもらい、ちょうど仕事的にも行けそうなタイミングだったので、これを逃したらチベットに行くチャンスはそうないだろうと思い、決意しました。普段どこへ行っても日本人観光客には会うのですが、この度は人生で初めて全く日本人に巡り合わない珍しい旅でした!   City 重慶/ ラサ/ ギャンツェ/ シガツェ, 中国 中国 基本情報 チベット 地本情報 Schedule Day 1 : 重慶トランジット&チベットへ  0:35 フライト:シンガポール→重慶  5:00 重慶 到着  7:30 朝ごはん@花市豌杂面  8:15 洪崖洞(ホンヤートン) 14:25 フライト: 重慶→ラサ 17:00 ラサ空港到着 20:00 ディナー@Makye Ame Tibetan Restaurant Day 2 : デプン寺 & セラ寺 / ラサ 10:30 Drepung Monestry(デプン寺) 13:30 ランチ@Mandala Restaurant 15:00 Sera Monastery(セラ寺) 22:20 ディナー@Lhasa Kitchen *Day 3 : ポタラ宮 & トゥルナン寺 / ラサ 10:30 Potala Palace(ポタラ宮) 14:00 Jokhang Temple(トゥルナン寺) *Day 4(link) : シガツェへロードトリップ

  • 23 -30 September, 2017 City Chongqing, Lhasa, Gyangtse, Shigatse (China) Basic Info of China Schedule Day 1 : Chongqing Transit & Lhasa  0:35 Flight: Singapore to Chongqing  5:00 Arrive in Chongqing  8:15 Hongyadong 14:25 Flight: Chongqing to Lhasa 17:00 Arrive in Lhasa *Day 2(link) : Drepung Monestry & Sera Monastery (Lhasa) 10:30 Drepung Monastery 15:00 Sera Monastery *Day 3(link) : Potala Palace

  • チベット : 僧院巡りとエベレスト (7泊9日)旅行1日目。 ******************************************************  0:35 フライト:シンガポール→重慶  5:00 重慶 到着  7:30 朝ごはん@花市豌杂面  7:50 重慶市羅漢寺  8:15 洪崖洞(ホンヤートン) 11:10 重慶空港 14:25 フライト: 重慶→ラサ 17:00 ラサ空港到着 19:00 Shangbala Hotel Lasa ホテル到着 20:00 ディナー@Makye Ame Tibetan Restaurant ****************************************************** シンガポールから、重慶を経由して、チベットへ入ります。重慶でのトランジットの時間で、重慶観光も計画。チベットツアー会社の人から12:00に、空港でチベットのビザを受け取る約束をしていたので、7時からそれまでの、5時間の観光。その中で、碗雑麺・羅漢寺・洪崖洞を回りました。 5:00 シンガポールから4時間半、中国の重慶に到着。ターミナル1に着くとチケット購入時には書いてあったのですが、8月にターミナル3がオープンしたようで、そちらに到着。新しいからなのか、荷物出てくるのが異常に遅い

  • Today is basically a traveling day to Lhasa. As I had 9 hours for transit at Chongqing, I walked around a bit. ****************************************************** 0:35 Flight: Singapore to Chongqing 5:00 Arrive in Chongqing 7:20 Wang Xian Mian 8:15 Hongyadong 11:00 Come back to Chongqing Airport 12:00 Receive Tibet Visa 14:25 Flight: Chongqing to Lhasa 17:00 Arrive in Lhasa 19:00 Arrive at

  • チベット : 僧院巡りとエベレスト (7泊9日)旅行1日目の、重慶でのトランジット中に寄った、重慶万州名物・碗雑麺のお店「花市豌杂面」。 日本人の方がこのお店について記事を書かれて、それが広がったからなのか、重慶の碗雑麺を日本のサイトで調べると、この店ばかりが出てきます。 しかし、タクシードライバーの方に聞いたところには、このお店は知らず、碗雑面の店なら他にいいところあるよ、的なことをおっしゃっていて

  • チベット : 僧院巡りとエベレスト (7泊9日)2日目。 ****************************************************** 10:30 Drepung Monestry(デプン寺) 13:30 ランチ@Mandala Restaurant 15:00 Sera Monastery(セラ寺) 22:20 ディナー@Lhasa Kitchen ****************************************************** ホテルで朝食をとり、Drepung Monestry(デプン寺)へ向かいます。 年配の方の中には、早起きしてお祈りをしながらラサを一周する方もいらっしゃるそうです。おおよそ3-4時間かかるそう。左手にはマニ車を持ち、右手にはロザリオを持ちます。マニ車にはお経が書かれていて、回すことで、お経を読むのと同じことを表すそうです。 10:30 - 13:00 デプンモネストリー(デプン僧院・デプン寺)到着。モネストリー(僧院)は僧侶たちの学校です。   ※ちなみにチベット、お手洗い事情は結構過酷です。敷居がある程度

  • チベット : 僧院巡りとエベレスト (7泊9日)の旅3日目。今日はチベットで一番メジャーな観光地ポタラ宮を訪れます。 ****************************************************** 10:30 Potala Palace(ポタラ宮) 14:00 Jokhang Temple(トゥルナン寺) ****************************************************** 10:30 ホテルで朝食をとった後、念願のポタラ宮に向かいます。本日も快晴で、真っ青な空とポタラ宮がとても綺麗でした。   入り口を通ると、まずは結構な階段を登ることになります。 山脈とラサの街並みを見渡すことができ、とても綺麗でした。 建物の中はこんな感じ。とてもカラフル。   残念ながらこれ以上中の撮影は禁止

  • Basic Information ・Capital : Bandar Seri Begawan ・Language : Malay ・Religion : Sunni Islam ・Currency : Brunei dollar (BND) 1 BND = 0.76 USD / 1 SGD ・Time Zone : UTC +8 hours ・Region : ASEAN ・Area : 5,76 km² ・Population : 417,200 (As is April 2018) Visited ▼2017/11/10 - 12 City: Bandar Seri Begawan

  • 基本情報 ・首都 : Bandar Seri Begawan (バンダルスリブガワン) ・言語 : マレー語 ・宗教 : イスラム教スンニ派 ・通貨 : ブルネイドル(BND) 1 BND = 81.97 JPY / 0.76 USD / 1 SGD ・時間 : UTC +8 hours (日本時間 -1 時間) ・地域 : 東南アジア ・面積 : 5,76 km² ・人口 : 417,200 ・日本人の観光ビザ:滞在14日間以内は不要 (2018年4月現在) 滞在歴 ▼20/11/10 - 12 City: Bandar Seri Begawan(バンダルスリブガワン) http://travelholiq.com/brunei-2-nights/

  • ブルネイ・ダルサラーム国。ボルネオ島北部に位置する、三重県ほどのとても小さな国は、豊富な原油や天然ガスなどの資源を有するため東南アジア1お金持ちの国と言われていて、医療も教育も無料だそうです。日本からブルネイ旅行行こうとは、なかなかなりにくいかもしれませんが、シンガポール在住を活かして、金夜〜日曜で、訪れてみました! 日本からわざわざ行く価値があるかは微妙ですが、土日で訪れるには、美しいモスク・水上集落・熱帯雨林・(一説には)世界で二つしかないと言われている7つ星のホテルのうちの一つ、など適度に盛りだくさんの旅行先でした。 City Bandar Seri Begawan(バンダルスリブガワン) ▶︎ブルネイ・ダルサラーム国 基本情報 Schedule 2017/11/10-12 Day 0 : フライト 21:25 シンガポール発 23:30 ブルネイ到着  0:30 エンパイア・ホテル到着 Day 1 : 熱帯雨林ツアー  6:30 ホテル朝食  7:30 ツアー出発  8:30 ボート出発  9:30 テンブロン到着 10:30 スピードボート 11:00 ウルテンブロン国立公園トレッキング 12:00 滝登り 13:30 ブルネイランチ 16:30 エンパイア・ホテルでゆっくり 19:00 イタリアンディナー@スパゲッティーニ Day 2 : モスクと水上集落  9:00 ホテル朝食 11:00 市内観光出発 11:45 スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク) 12:30 水上集落 13:45 ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク(ニューモスク) 15:00 アフタヌーンティー 18:30 フライト Flight (シンガポールから2時間) 行き :  2017/11/10 (金) Royal Brunei BI 424 シンガポール SIN 21:25 - ブルネイ BWN 23:30 帰り : 2017/11/12 (日) Royal Brunei BI 423 ブルネイ BWN 18:30 - シンガポール SIN 20:35

  • ******************************************************  6:30 ホテル朝食  7:30 ツアー出発  8:30 ボート出発  9:30 テンブロン到着 10:30 スピードボート 11:00 ウルテンブロン国立公園トレッキング 12:00 滝登り 13:30 ブルネイランチ 16:30 エンパイア・ホテルでゆっくり 19:00 イタリアンディナー@スパゲッティーニ ****************************************************** 昨日の夜、ロイヤルブルネイ航空を利用してブルネイ入りをし、ホテルに到着したのは0時過ぎ。なので、実質本日1日目です。ちなみにこちらが、昨夜の機内食。ブルネイ航空を利用するのは、おそらく最初で最後なので、記念です。 世界で2つしかない7つ星ホテルがブルネイに?! 7つ星ホテルってご存知ですか。(実は定義が曖昧なのですが、一説によると)世界にはたった2つの7つ星ホテルがあり、一つはドバイにある、ブルジュ・アル・アラブ ジュメイラホテル。そして、もう一つがまさかのブルネイにある、エンパイアホテル(The Empire Hotel & Country Club)と言われているそうです。 このホテルには、プールやスパ等はもちろんのこと、ゴルフコース、ボーリング場、映画館なども併設されています。とてもとても高いのでは、と思われるかもしれませんが、それが2名1部屋で、1泊250ブルネイドル(2万円ほど)。もう一つのブルジュ・アル・アラブ ジュメイラホテルは一泊25万円くらいするので、それを考えると手が出せる範囲。 せっかくなので、今回はこちらのホテルに泊まってみることにしました。    熱帯雨林ツアー ブルネイは、国土の6割が熱帯雨林と言われています。今日は、そんな熱帯雨林を体感するべく、事前に予約していたツアーに参加します。本当はキャノピーを歩くツアーに参加したかったのですが、キャノピーが生憎メンテナンスとのことで、キャノピー抜きのツアーになりました。 BORNEO GUIDEのRainforest Discovery (Day Trip): $100

    Temburong Tours
    6:30 まずは、ホテルでの朝食。ビュッフェ形式です。パンが豊富なのがよかったです。 7:30 ツアー出発。車で迎えにきていただき、港へと出発です。 8:30 ボートへと乗り込み、テンブロン(Temburong)を目指していきます。 マングローブを横目に見ながら進み、45分ほどで、テンブロンに到着。 9:15 そこから車に乗り、10分ほどでエコビレッジに着きました。 まずはおやつを出していただき、ひと休憩。 10:30 小さなボードに乗り込んで、奥へと進んでいきます。 11:00 国立公園に到着。 往復1時間弱のトレッキングスタート。結構足場が悪かったり、急だったり。   途中から、歩道は木で舗装されていて、ひたすら階段を登っていくことになります。 一汗かいて、とても気持ちよかったです。 その後、またボートに乗って少し移動して、滝へ。滝を登るというアクティビティをしました

  • ****************************************************** 9:00 ホテル朝食 11:00 市内観光出発 11:45 スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク(オールドモスク) 12:30 水上集落 13:45 ジャメ・アスル・ハッサナル・ボルキア・モスク(ニューモスク) 15:00 アフタヌーンティー 18:30 フライト ******************************************************

  • 基本情報 ・首都 : スリジャヤワルダナプラコッテ ・言語 : シンハラ語、タミル語 ・通貨 : スリランカ・ルピー (LKR) 1 LKR = 0.73 JPY / 0.0066 USD ・時間 : UTC +5:30 hours (日本時間 -3.5時間) ・地域 : 南アジア ・面積 : 65,610km2 ・人口 : 20,277,597人 (2012) ・日本人の観光ビザ:必要(オンライン申請) (2017年11月現在) 滞在歴 ▼2017/11/17-21 Cities: ウナワチュナ/ゴール/ニゴンボ

  • City ウナワチュナ, ゴール, ニゴンボ Basic info of Sri Lanka Schedule 2017/11/17 〜 21 Day 1 : スリランカ上陸 19:50 フライト:シンガポール → スリランカ 21:10 スリランカ到着 21:30 - 1:00 ドライブ:コロンボ → ウナワチュナ 1:00 Unawatuna Nor Lanka Hotel 到着 Day 2 : ダイビングとゴール観光  9:30 ダイビング  17:00 ゴール  Flight (シンガポールから4時間) 行き :  2017/11/17 (金) SRILANKAN AIRLINES flight 309 シンガポール SIN 7:52pm  - コロンボ CMB 9:10pm 帰り :  2017/11/21

  • アジアのベストレストラン50にもランクインしている、美味しいカニが食べられると噂のミニストリーオブクラブ(Ministry of Crab)を訪れました。 ダッチホスピタルというおしゃれな小さめのショッピングセンター内にあります。大変人気店なので、事前予約がおすすめです。 メインは何と言っても蟹。好きな大きさと味付けを選び、調理してもらいます。   あさりのバター醤油蒸し この味付けがとっても美味しい! そして、カニは2種類の味付けをオーダー。バターソースとブラックペッパー。   私はこのバターソースがお気に入り!カニの身がぷりっぷりで本当に美味しい。さすがアジアのベストレストランにランクインするだけはあります。これを食べにまたスリランカに行きたいなぁと思わせるほどでした。   Ministry of Crab (ミニストリーオブクラブ) 満足度 : ★★★★★ 営業時間 : 11:30 - 15:30 / 17:00 - 23:00 電話番号 : +94 112 342 722 Website : http://www.ministryofcrab.com/ 住所 : Old Dutch Hospital Complex, 04 Hospital St, Colombo 00100, Sri Lanka

  • 世界三大雪祭り、ご存知ですか?おなじみ日本の札幌雪まつり、カナダのケベック・ウィンターカーニバル、そして中国のハルビン国際氷雪祭りです。 今回人生最低気温の-27℃を経験しながら、それでも行って本当によかったと思えた、幻想的な氷祭りの様子をご紹介します。 City ハルビン(中国) ▶︎中国 基本情報 Schedule 2018/1/19〜21 Day 1 : 人生最低気温更新。太陽島雪祭り  2:00 フライト(直行) 9:00 ハルビン到着 11:30 ホテル到着 12:45 中華風クレープランチ@老昌春饼 15:00 太陽島雪祭り 21:00 火鍋ディナー@辣莊 Day 2 : 極寒でも行ってよかった!ハルビン氷祭り 12:00 兆麟公園冰灯まつり 13:30 餃子ランチ 16:00 ハルビン氷祭り(哈尔滨冰雪大世界) 20:45 中華ディナー  Day 3 : ハルビン街歩き  9:00 街歩き 10:00 聖ソフィア大聖堂 10:30 担々麺ブランチ 14:30 フライト Flight (シンガポールから 7時間) 行き :  2018/1/19 (金) Scoot Flight 154 シンガポール SIN 2:00 am - 中国ハルビン HRB 8:50 am 帰り :  2018/1/21 (日) Asiana Flight 340 中国ハルビン HRB 2:30 pm - 韓国ソウル ICN 6:10 pm Asiana Flight 753 韓国ソウル ICN

  • -30℃近くの寒さの中で見ることができる絶景、中国ハルビンの氷祭り。寒さが怖いですが意を決して出発。今日は1日目です。 旅程  2:00 フライト(シンガポールから直行) 9:00 ハルビン到着11:30 ホテル到着12:45 中華風クレープランチ@老昌春饼15:00 太陽島雪祭り21:00 火鍋ディナー@辣莊 2:00 シンガポール(30℃)との気温差-60℃?! 少しビビりつつ、中国ハルビン(Harbin)へ出発。フライトは7時間。「もうすぐ着陸態勢に入ります」というアナウンスで、周りが一斉に冬物を着込み始めました。セータ着て、ダウン着て、帽子被って

  • 氷祭りで訪れた中国ハルビン。その1日目に、ホステルのスタッフの方にランチでおすすめされたのが、老昌春饼(Lao Chang Chun Bing)です。 このお店は、メイン通りの中央大街にあります。英語では、”Spring Pancake"と書いてありますが、中華風のクレープで包む食べ物がメインです。訪れたのは、平日金曜日の昼12:30すぎでしたが、6組みほど待っていました。20分くらい待ち、通してもらいました。 中国語が話せない私たちに、ホステルの方が注文を書いて渡してくださいました。 おそらく、クレープ、肉炒め、卵、じゃがいもです。最初肉だけ来て、このまんま食べるのかな..と言って肉のみ食べていたら、少し遅れてクレープも到着しました。   どれも思いっきり油、という感じはせず、日本の中華料理店で出てきそうな印象でした。日本人の口には合いそうです。 老昌春饼(Lao Chang Chun Bing) Tel: +86 451 8468 5000 Address: 180 Zhongyang St, ZhongYang DaJie, Daoli Qu, Haerbin Shi, Heilongjiang Sheng, China, 150010

  • 旅程 12:00 兆麟公園冰灯まつり 13:30 餃子ランチ 16:00 ハルビン氷祭り(哈尔滨冰雪大世界) 20:45 中華ディナー@妈妈菜 朝は寒すぎる可能性があるので、少しゆっくり起きて、活動開始。 12:00 中央大街にある兆麟公園の冰灯まつりへ。    スライダーや迷路もありました。 ホステルの方に、微妙だから行かなくていいと言われたのですが、しかもライトアップしている夜ではなく、昼間に行ったにも関わらず、結構感動しました。これで冰雪大世界の氷祭りと比べ物にならない、と言われるのであれば、冰雪大世界はどれだけすごいのだろうと、夜への期待が膨らみます。 13:30 名前は忘れてしまいましたが、中央大街にある餃子屋さんでランチ。ジャスミン餃子というのをいただきました。 一度ホテルで休憩。 16:00 いよいよこの度メインのハルビン氷祭りへ出発。タクシーで会場まで向かいました。ついに来た哈尔滨冰雪大世界!行きのタクシーで、チケットは会場では買えない、入手できるところに寄ろうかと言われましたが、きちんと会場で購入できました。 16:30 入り口では、犬のマスコットがお出迎え。夕焼けと氷のライトアップがとても綺麗!パステルカラーでとてもメルヘン!! ついに真っ暗になってきました。気温は-21℃

  • ハルビン旅行最終日です。昼前には空港へ向かわなければいけないので、今日は中心地をお散歩するのみ。ロシアの雰囲気を感じられる街並みは歩いているだけで楽しい! 旅程  9:00 ハルビン街歩き 10:00 聖ソフィア大聖堂 10:30 担々麺ブランチ 14:30 フライト 9:00 気温は

  • シンガポールの旧正月休みを利用して、フィリピンのボラカイ島へ行ってきました。 City ボラカイ(Boracay), フィリピン ▶︎フィリピン基本情報 Schedule 2018/2/16 〜 18 Day 1 : 移動と絶品ステーキ 11:25 フライト:シンガポール → カリボ 15:10 カリボ空港到着 16:00 バン:カリボ空港 → カティクラン港 17:30 カティクラン港 到着 18:10 フェリー:カティクラン港 → カグバン港 18:30 カグバン港(ボラカイ島)到着 19:00 ボラボグビーチリゾートホテル 到着 20:15 ステーキハウスボラカイ 21:30 ビーチ散策&ビーチバー Day 2 : ダイビングとビーチでのんびり  9:00 ダイビング 11:30 ホテルでシャワー 15:30 ランチ@Cha Cha's Cafe 16:00 ビーチでごろごろ 18:00 サンセット 19:00 お寿司@築地亀田 Day 3 : カフェ巡りとダイビング  7:45 朝食@Sunny Side Cafe 11:00 ダイビング 14:30 イタリアンランチ 15:30 ビーチでごろごろ 21:00 ディナー Day 4 : ボラカイ→シンガポール Flight (シンガポールから4時間) 行き :  2018/2/16 (金) Scoot flight 372 シンガポール SIN 11:25am - カリボ(Kalibo) KLO 3:10pm 帰り

  • ボラカイ, フィリピン:美しいビーチでのんびり(3泊4日)旅行1日目。 ****************************************************** 11:25 フライト:シンガポール → カリボ 15:10 カリボ空港到着 16:00 バン:カリボ空港 → カティクラン港 17:30 カティクラン港 到着 18:10 フェリー:カティクラン港 → カグバン港 18:30 カグバン港(ボラカイ島)到着 19:00 ボラボグビーチリゾートホテル 到着 20:15 ステーキハウスボラカイ ****************************************************** 11:25 シンガポールチャンギ空港を出発して、4時間。 15:10 フィリピンカリボ空港へ到着。 16:00 ボラカイは、カリボ空港からも結構先が長いです。空港を出たところに、バンのサービスが並んでいて、それを利用して1時間半かけてカティクラン港というフェリーターミナルを目指します。 17:30 カティクラン港到着。ここから最後5分ほどフェリーに乗ります。ちょうどゆうやけどきでとても綺麗でした。 海を渡ってカグバン港(ボラカイ島)についに到着。 19:00 ボラボグビーチリゾートホテル到着。 20:15 初日のディナーは、ステーション1にある、ステーキハウスボラカイに行ってみました。ボラカイで最初のステーキハウスだそうで、お肉が柔らかく、とても美味しかったです! 21:30 ビーチ沿いをふらふら。ビーチのバーで途中飲んでみたり、ゆっくり夜を過ごしました。  

  • ボラカイ, フィリピン:美しいビーチでのんびり(3泊4日)の旅で一番美味しかったご飯は、ステーキハウスボラカイのステーキでした。 ここは、ボラカイで最初のステーキハウスと言われていて、1988年にオープンしたそうです。新鮮なオーストラリア牛を使っているとのこと。ボートステーション1にあります。 前菜としてオーダーしたのがビーフカルパッチョ。美味しくてぺろっと食べてしまえます。 そしてメインのフィレステーキ。 柔らかくてジューシーでとっても美味しい!! お値段も日本と比べたらとてもリーズナブルなので、おすすめです。 Steakhouse Boracay(ステーキハウスボラカイ) 満足度 : ★★★★★ 営業時間 : 10:00 - 22:00 電話番号 : +63 36 288 6102 Website : https://www.facebook.com/steakhouseboracay/ 住所 : White Beach, Boracay Island 5608, Philippines

  • Basic Information ・Capital : Havana ・Language : Spanish ・Currency : Peso (CUC) 1 CUC = 1 USD ・Time Zone : UTC -5 hours ・Area : 110,860km² ・Population : 11,239,363 (As is March 2018) Visited ▼2018/3/26 - 4/2 Cities: Havana, Vinales, Trinidad, Varadero

    Cuba: Colorful and Nostalgic Scenary (9 days/ 7 nights)
     

  • 基本情報 ・首都 : ハバナ ・言語 : スペイン語 ・宗教 : 自由 ・通貨 : ペソ Peso (CUC) 1 CUC = 107 JPY / 1 USD ・時間 : UTC -5 hours (日本時間 -13時間) ・地域 : 中南米 ・面積 : 110,860km² ・人口 : 11,239,363人(75位) ・日本人のビザ:ツーリストカード、旅行保険(米国の会社以外)の英文契約証明書 (2018年3月現在) キューバ観光に必要な書類の入手方法(シンガポールでの手配) ※2018年3月現在の情報です。最新の情報は、各自大使館等にご確認ください。 日本国民が観光でキューバに入国する場合(30日以内の滞在)、パスポートの他にツーリストカードと旅行保険の英文契約証明書 (米国の会社以外)が必要になります。 シンガポール在住のため、シンガポール国内で手配したため、そちらの情報を記載します。 ⒈ 旅行保険の英文契約証明書(米国の会社以外) JAL Visaカードを所有しているので、付帯保険が適用されています。 こちらから、保険についての問い合わせを行い、キューバに旅行予定のため英文契約証明書を発行して欲しいと依頼しました。通常は1週間ほどで郵送にて発行していただけるようですが、国外にいることを伝え、特別にメール添付でご送付いただきました! ⒉ ツーリストカード シンガポールのキューバ大使館に問い合わせを行いました。 email: embajada@sg.embacuba.cu 電話番号: (+65) 6635 8172 to 4 シンガポールのキューバ大使館が開いているのは、なんと火〜金曜日の9:30 am 〜12:30 pmのみ! まずはメールで問い合わせをしましたが、しばらく返信がなく不安だったため何度か電話をかけて繋がり、必要書類を案内していただきました。 《ツーリストカード申請のため、キューバ大使館へ持参する書類》 ・期限が6ヶ月以上先のパスポートとそのコピー ・申請書類にパスポートサイズの写真を添付したもの ・航空券の予約証明 ・滞在先の予約証明(予約票がない場合には、滞在先のホストや旅行会社との滞在先に関するメールのやりとりのコピーでも可) ・⒈で取得した、旅行保険の証明書 ・シンガポール在住の外国人は、シンガポールのビザのコピー ・ツーリストカード申請料S$23を予め支払った上で、そのレシート 電話で約束した時間に、上記の書類を持参し無事申請が完了し、翌日また大使館に出向き、ツーリストカードを無事入手することができました! 早めに準備するに越したことはないですが、私の場合、問い合わせから3営業日後には入手することができました。 滞在歴 ▼2018/3/26 - 4/2 Cities: Havana(ハバナ), Vinales(ビニャーレス), Trinidad(トリニダード),

  • 26 March -  3 April, 2018 City Havana, Vinales, Trinidad, Varadero Basic info of Cuba Schedule *Day 1(link) : Long flight & Havana & Salsa Lesson  1:30 (SGT) 25 hour flight to Havana (Transit at Amsterdam) 15:05 (CDT) Arrive in Havana 16:30 - 18:30 City tour by classic car 18:30    Casa (House for

  • 今年行っとくべき国、で毎年とりあげられるキューバ。 長く休みがとれるチャンスがあったら次に絶対行くと決めていました。 人生初めての転職をすることを決め、1ヶ月のフリータイムゲット!そこで真っ先に決めたのがキューバへの旅行です。 City Havana(ハバナ)2泊, Vinales(ビニャーレス)2泊, Trinidad(トリニダード)2泊, Varadero(バラデロ)1泊 ▶︎キューバ 基本情報 Schedule 2018/3/26 - 4/3 Day 1 : フライト & ハバナ & サルサレッスン  1:30 (SGT) ハバナへ25時間フライト (アムステルダム乗り継ぎ) 15:05 (CDT) ハバナ到着 16:30 - 18:30 クラッシックカーで街周遊 18:30    カサ (ホームステイ先)到着 20:00 - 21:00 サルサレッスン Day 2 : ビニャーレス渓谷へ  8:30      朝食  9:00 -  9:30 キューバのSimカード調達 11:00 - 13:30 Vinales(ビニャーレス)へドライブ 14:00    ランチ 15:00 - 19:00 街歩き & プール 20:00    夕食 Day 3 : ビニャーレスタバコ農場 & 観光  8:00      朝食 9:20 - 14:00 農場散歩 15:00 –

  • ****************************************************** 1:30 (SGT) シンガポールからハバナへ、25時間フライト (アムステルダム乗り継ぎ) 15:05 (CDT) ハバナ到着 16:30 – 18:30 クラッシックカーで街周遊 18:30    カサ (ホームステイ先)到着 20:00 – 21:00 サルサレッスン ****************************************************** 1:30 深夜にシンガポールチャンギ空港へ向かい、いよいよ出発。 オランダ・アムステルダム経由で、キューバの首都 Havana(ハバナ)へ向かいます。合計なんと25時間

  • ****************************************************** 8:30      朝食 9:00 -  9:30 キューバのSimカード調達 11:00 - 13:30 Vinales(ビニャーレス)へドライブ 14:00    ランチ 15:00 - 19:00 街歩き & プール 20:00    夕食 ****************************************************** 8:30 このツアーには、Casaで提供される朝食が毎朝含まれています。 ツアー会社のJuniorさんと、9時に待ち合わせをしていたので、8:30から朝食を。 ダイニングに行くと、ママさんがキューバの朝食を用意してくださいました。 グアバジュースが特に美味しかった。 9:00 そして時間通り、Juniorさんが到着。 キューバのSimカードを買いに行くのを手伝ってくれるためだけに、バイクで45分かけて来てくれたそう。優しい

  • ****************************************************** 8:00      朝食 9:20 – 14:00 農場散歩 15:00 – 16:30 インディヘナの洞窟(Cueva Del Indio) 17:00 – 17:30 プレイストリア壁画(Mural de la Prehistoria) 18:30      夕食 ****************************************************** 8:00 午前中は、Louisさんにタバコ農場を案内していただく約束をしてました。 9時に迎えに来ると言われていたので、ホームステイ先に頼んで8時に朝ごはんを準備してもらいました。 9:00 約束の時間になってもLouisさんが現れず、少し不安になりましたが、9:20無事お迎えに来て下さいました。2人のイギリス人観光客の方と一緒。いよいよタバコ農場へ出発! まるでジュラシックパークのよう、と言われているビニャーレス。絶景の中、ひたすら歩きます。 昨日、タバコ農場に行くのは暑いから午前中の方がいいと言われましたが、まさにそう。結局5時間炎天下を歩いたので、午後の日差しでは、とてもキツかったはず

  • ****************************************************** 7:20        朝食 8:20 – 16:00  Trinidad(トリニダード)へドライブ 18:00       ラ・セイバでロブスター 19:00     革命博物館 19:30     名物カクテル・カンチャンチャラ ****************************************************** 7:20 8時頃出発と伝えられていたので、7:20には朝ごはん。まだ外が暗い。今日はオムレツにしてもらいました。 泊めてくださり、食事とかも全て作ってくださったMariaさん、そして農場案内やいろいろお世話してくださったLouisさんとお別れの挨拶。 Casaに泊まると、現地の方と近くでコミュニケーション取れるのが、とてもいい!ビニャーレスはなんだかんだキューバでお気に入りの場所でした。時間がゆっくり流れて、癒される。またいつか戻って来れたらいいな。 8:20 お迎えの車が到着。他の2人の方と乗り合いで、Trinidad(トリニダード)に向けて出発。 今日は長ーいロードトリップ。 窓から行き交うクラシックカーを眺めたり、過ぎ行く街の風景を眺めながら車内でのんびり過ごします。 途中、きれいな海が見えて感動!旅終盤で訪れる予定のリゾート地バラデロへの期待も高まります。 16:00 ガソリンスタンドには立ち寄りましたが、ほぼノンストップで進むこと7時間半、ようやく目的地トリニダードへ到着です。 今晩から泊まるカサに荷物を置いてひと段落。いやぁ、長かった! 今回のカサはこんな感じ。お風呂とお手洗いは共用です。 ルーフトップに屋上があり、ご飯はこちらでいただきます。 見渡すと、周りの建物にもみんな屋上があるので、トリニダードでは一般的なようです。 そして、街へ。 カサから中心のマヨール広場(Plaza Mayor)までは徒歩5分。とても便利な立地でした。 18:00 朝ごはん以降、何も食べていなかったので、お腹がぺこぺこ。街を探索する前に、まずは腹ごしらえを。 キューバ名物のロブスターを食べようと、ネットでリサーチしたLa Ceiba(ラ・セイバ)というレストランへ。 巨大ロブスターを食しました! 詳しい内容は、こちら! トリニダード: ラ・セイバで巨大ロブスター 19:00 お腹がいっぱいになったところで、周辺をぷらぷら。 トリニダードは16世紀初めにスペイン人によって築かれた古都。砂糖の取引で栄えたそう。街は世界遺産に登録されており、石畳が広がり、カラフルな建物が並びます。 まずは、タワーが目立つ革命博物館(Museo Nacional de la Lucha Contra Bandidos)へ。この建物は、25CUCコインにも描かれています。 タワーは登ることができ、素敵な街並みを見下ろすことができました。 ところどころ窓があって、素敵な写真も撮ることができます。 ちょうど夕暮れ時で、ノスタルジックな雰囲気が味わえるよいタイミングでした。 19:30 だいぶ外も暗くなってきましたが、あちこちでサルサの音楽が奏でられ、とても明るい雰囲気。 まだ少し帰るには早いなぁ、と思い、この街の名物カクテル、カンチャンチャラを味わいに、ラ・カンチャンチャラ(La Chanchanchara)へ。 この名物カクテルは、サトウキビの蒸留酒アグラルデンテというラム酒のようなお酒に、はちみつとレモン、水を加えたもの。私はお酒が飲めないため..それのお酒抜き。要するにあまーいはちみつレモン。 どこか懐かしい味で、おいしかった。 ライブバンドの演奏もあり、陽気で楽しい時間が過ごせました。   長旅で疲れたこともあり、この日は20:00頃にバーを離れ、カサへと戻りました。

  • キューバ、Trinidad(トリニダード)で、巨大ロブスターを。 トリニダード1日目。 ランチを食べるタイミングがなく、お腹ぺこぺこの状態で向かった、La Ceiba(ラ・セイバ)。 街の中心のタワーからも歩いてすぐのこのお店。 入り口は結構地味で一瞬見落とすかと思いました。 しかし中に入っていくと、テラス席があり、いい感じの雰囲気。 頼んだのはLangosta Grille(ロブスターのグリル)。ライスと野菜付き。 一皿 25CUC。2800円程度。キューバでは、6CUCとかでロブスターが食べれる場所もあると聞いているので、結構なお値段。 いよいよ料理が運ばれてきました。 一般に日本でロブスターと言われて思い浮かべるのはイセエビ科のもので、こちらは、セミエビ科と呼ばれるものらしいです。   殻をとってみると、巨大な身の塊が。 味付けが塩味と横に添えてあるライムのみだったので、ちょっと後半は飽きてしまったのが正直なところ

  • キューバ旅行、古都トリニダードでの1日目。 夜は地元の名物カクテル「カンチャンチャラ」をいただくことにしました。 訪れたのは、革命博物館すぐ近くのLa Chanchanchara(ラ・カンチャンチャラ)。そのまま笑 入るとたくさんのお客さんが。 生演奏バンドが陽気な音楽を奏でて盛り上げてくれてました。 足踏みをしている人、サルサを踊り出す人、お店中が陽気な雰囲気。 そして、もちろんトリニダード名物カクテル「カンチャンチャラ」をオーダー。 サトウキビの蒸留酒アグラルデンテというラム酒のようなお酒に、はちみつとレモン、水を加えたもの。 一杯 3CUC(330円くらい)。 私はアルコールが飲めないので

  • ****************************************************** 8:00      朝食 9:00 - 12:00 街歩き 12:30 - 16:30 イズナガ 17:00 - 18:00 アンコンビーチ 20:00    夕食 ****************************************************** 8:00 Casaで朝食を。ルーフトップでゆっくりと朝ごはんは至福の時間。 今日の早起きの理由は、ロスインへニオス渓谷(Sugar Mills Valley)へと行こうと思っていたからです。 このサイトとかで調べたところによると

  • ******************************************************  8:00      朝食  9:00 - 13:00 Varadero(バラデロ)へドライブ 14:30     ハンバーガーランチ 15:00 - 20:00 ビーチでのんびり 20:30     豪華ステーキディナー ****************************************************** 8:00 カサの屋上で、いつもの朝食。 8:30 お迎えの車が来て、バラデロへ向けて出発! バラデロはリゾートの街なので、あらかじめいろいろリサーチしたり、スケジュール考える必要もなく、心もリラックスモード。 12:30 トリニダードから4時間のドライブでバラデロに到着。 今回のカサは、Villa Marlenさん。 まずはインターネットにつなぐのに必要なWifiカードを探しに街に出ます。 電話会社ETECSA(エテクサ)を発見したので、そこで20分くらい並んで購入。こういう正規店で買うときは、身分証明書が必要なようでした。パスポートの写真で大丈夫。 Wifiカードを手にして、とりあえず公園みたいな広場に行くと、繋ぐことができました。 夜ご飯何食べようとちょっとリサーチして、街散策開始。 バラデロは基本大通り一本にお店が並んでいる感じです。もう一本奥へ行くとビーチ。   かわいい色合いのお店や お気に入りの車も発見。もうキューバに来て、クラシックカーを眺め続けて6日目ですが、何台見ても飽きない。 もともと車に興味がある訳ではないのに、キューバに来た瞬間過ぎ行く車をチェックして写真を撮る、車マニアになってしまいました。 お腹も空いてきて、大通り沿いのカフェやレストランをチェックしながら歩きます。 14:30 夜はちょっと贅沢なステーキとか行っちゃおうかなぁ、、と考えていたので 昼は軽いファーストフードくらいのものでいいなぁと思っていたら、こちらのお店を発見。シンプル!なハンバーガーをいただきます。   お腹も満たされたところで、いよいよビーチへ!初のカリブ海! 正直昨日行ったトリニダード近くの海は微妙だったし、大したことないんじゃないかなぁとあまり期待していませんでしたが 実際に来てみると、想像以上の海の綺麗さと、人の少なさに感動!!いやぁ、、人生見た海で一番綺麗かもしれない。 そしてこのカラっとした気候、ハワイを思い出させます。 ハワイ以上の気候の良さ、海の綺麗さ、人のいなさ。キューバ穴場だなぁ・・来るまでがアジアからだと遠いけど。 写真撮ったり、ビーチをふらふらしたり、海に入ってみたり、パラソルの下でのんびりしたり。贅沢な時間を過ごします。 のどが乾いたなぁと、大通りの方へ戻ってみると、かわいいピニャコラーダの屋台発見!くり抜いたパイナップルの中に入れてくれます。 値段は確か3 CUCほど。くり抜いた中の身は好きなだけ食べていいよ、と言われました。 私はアルコール抜きですが

  • カリブ海のリゾート Varadero(バラデロ)の Barbacoa(バルバッコア) 正直、特別美味しい!と思える食事にあまり出会えていないキューバ旅行。 そろそろがっつりステーキ肉が食べたいと思い、雰囲気がよいレストランでしたが、踏み切って一人で参戦しました笑 雰囲気は高級感漂う感じで、ライブミュージックもやっていました。 やはり一人だと少し居づらい

  • ******************************************************  7:30      朝食  8:30 - 10:15 バラデロビーチ 12:00 - 13:30 Havana(ハバナ)へドライブ 16:00 - 16:45 革命博物館 17:00     エル・フロリディータで夕食 20:00 - 21:30 カバーニャ要塞で大砲の儀式 ****************************************************** 7:30 早く目が冷めたので、早めに朝ごはんを出していただきました。キューバで毎日食べている、卵とパンとフルーツの朝ごはん。今日のはふかふかのパンが美味しかったです。 車のお迎えは11時頃と聞いたので、それまでは、バラデロビーチを楽しむことにしました。 8:30 公園に寄って、家族や友達と連絡をとったあと、これから戻るハバナの情報を調べてスクリーンショットに撮りためた後、ビーチへ。読書をしながら、ゆっくりと過ごして、綺麗な海を目に焼き付けました。 12:00 予定から1時間遅れ、お迎えの車が来ました。クラシックカーだったので、椅子はふかふか。シートベルトはないので、実際のところは危険なのですが

  • キューバの首都ハバナで一番有名と言っても過言ではないフロリディータ(Floridita)。その理由は、作家ヘミングウェイの行きつけだったから。 アーネスト・ヘミングウェイは、ノーベル文学賞を受賞した、アメリカ出身の小説家です。彼は、人生の約1/3、22年間をキューバで過ごしたそうです。 入り口側がバーとなっていて、奥がレストランになっています。バーカウンターには、ヘミングウェイの銅像もあります。混んでいるかな、と危惧していましたが、16:30頃訪れたこともあり、レストラン側はガラガラでした。バーの方は、ほぼ満席状態で、ライブミュージックもあり、盛り上がっていました。 まずは、名物フローズンダイキリ(アルコールが飲めないためアルコール抜き)を。1杯 4 CUC (≒ 440 円)。 ヘミングウェイは、フローズンダイキリを、ラム酒の量をダブルにして、砂糖を抜いて飲んでいたそうです。そんな特注のパパ・ダブルも注文可能です。 そして、ヘミングウェイがよく食べていたという、ロブスターなどのシーフード盛り合わせ グラン・プラター・ヘミングウェイ もオーダー。25 CUC(≒ 2800 円)。 さすが、高級なだけあって、キューバ旅行の中で一番美味しいご飯でした。 En El Floridita(エル・フロリディータ) Obispo No.557 esq. a Monserrate, Habana Vieja, Ciudad de La Habana, Cuba Tel.:(53-7) 867 1300, 867 1301 Ext. 128 http://www.floridita-cuba.com/

  • ******************************************************  8:00      朝食  9:30 - 10:30 Plaza de la Revolución(革命広場) 13:45 - 14:30 空港へ移動 16:40     アムステルダムへフライト ****************************************************** いよいよキューバ最終日。 朝食後荷造りをして、キューバでやり残したこと4つを解消するため街へ。 チェゲバラが描かれている3 CUP 紙幣入手 革命広場観光 クラシックカーと写真を撮る ココタクシーに乗る 全てクリアしました! まずは、3CUP紙幣の入手から。キューバへ旅行に行った方の中には、3CUP紙幣をお土産にする方がいます。その理由は、3CUP紙幣には、キューバのヒーロー チェ・ゲバラが描かれているから。 革命広場の銀行を調べて、そこまでタクシーで行ってもらいました。銀行のカウンターへ行き、1 CUCを出して、"Please exchange to 3 CUP notes

  • 基本情報 ・首都 : アムステルダム(Amsterdam) ・言語 : オランダ語 ・通貨 : ユーロ (EUR) 1 EUR = 130 JPY ・時間 : UTC +2 hours (日本時間 -7時間) ・面積 : 41 km² ・人口 : 16,485,787 ・日本人の観光ビザ:必要なし (2018年4月現在) 滞在歴 ▼2018/4/2 Cities: Ansterdam(アムステルダム) http://travelholiq.com/amsterdam-transit/

  • キューバ旅行のトランジットで、オランダのアムステルダムに12時間滞在。ビザも必要なく、街も空港から近いので、半日間で満足行く観光ができました!そしてラッキーなことに、ちょうどチューリップの季節にあたり、チューリップ畑まで観ることができました。 City Amsterdam(アムステルダム) ▶︎オランダ 基本情報 Schedule  8:00      オランダ・Amsterdam(アムステルダム)到着 10:00 – 10:45 Keukenhof Park(キューケンホフ公園)でチューリップ鑑賞 11:30 – 12:00 電車で街中へ 12:15 – 12:50 サーモンオープンサンドランチ 13:00 – 14:00 オランダパンケーキ 15:00 – 16:00 Rijksmuseum(国立美術館) 16:30 – 17:00 風車村 Zaanse Schans(ザーンセスカンス) 18:00 – 18:30 街歩き 19:00    空港到着 21:00    シンガポールへフライト Flight ハバナ, キューバ → アムステルダム, オランダ → シンガポール 2018/4/2 (月) ハバナHAV 16:40 – アムステルダム AMS 8:05 (+1日 4/3) (KL0724) アムステルダム AMS 21:00 (4/3) – シンガポール SIN

  • オランダでのトランジット時に訪れたカフェ。その時の記事はこちら。

    アムステルダム, オランダ : トランジット観光(12時間)
    オランダに行く前に、オランダ人の友達に、ランチをするならどこに行けばいい?と聞いたところ、絶対に行って欲しいと言われたのが、このKESSENSです。アムステルダム中央駅から徒歩20分。街中にあります。 おしゃれな、いまどきのカフェ。12時頃に訪れましたが、平日だったこともあってかすんなり入ることができました。13時すぎに出たときは結構お店は埋まっていたので、ピーク時に行くと、並ぶかもしれません。   オーダーしたのは、友達におすすめされていた、サーモンオープンサンド。 GRAVAD LAX 9.50 EUR (≒ 1235円) 塩気がきいていて、とても美味しかった! 他にもパンやケーキ、サラダやコーヒーなど美味しそうなものがたくさん

  • オランダのパンケーキ、パンネクック(Pannekoeken)をご存知ですか。薄くてもちもちした、クレープに近いようなパンケーキです。 アムステルダム観光中、せっかくオランダに来たからと、人気店 PANCAKES Amsterdam(パンケーキアムステルダム)を訪れてみました。日本でもよく取り上げられていて、アムステルダムに4店舗お店があります。その中の1つ、Westermarkt(ウエストマーケット)店へ行ってみました。アンネフランクの家のすぐそばです。 訪れたのは、平日13時頃。短い列ができていて、15分ほど待ちました。がやがやしていて少し騒がしい感じ。 メニューにはオランダ風パンケーキとアメリカ風パンケーキが。もちろんここはオランダ風を。ネットでは、ヤギのチーズ、ほうれん草、松の実、ガーリック・オイルのものがおすすめと見かけて気になりましたが、ランチ直後だったため、甘い系をいただくことにしました。頼んだのは、ベタに"banana • chocolate • almonds pancake"というもの。大きくてもちもちしているため、お腹いっぱいになりました。 14.20 EUR(≒ 1850円) 次はしょっぱい系、チャレンジしてみたいな。 PANCAKES Amsterdam(パンケーキ・アムステルダム) Westermarkt店(毎日8:00-20:00) Prinsengracht 277, 1016 GW, Amsterdam, Nederland +31 20 820 04 04 https://pancakes.amsterdam/ (情報:2018/4時点)

  • City 上海, 中国 ▷中国 基本情報 Schedule 2018/4/5 〜 8 Day 1 : 最新テクノロジー体験ツアー フライト:シンガポール → 上海 盒馬鮮生(アリババ資本のスーパー) 田子坊 ランチ@老盛興 豫園(よえん) 無人コンビニ BingoBox 夜景@外灘 美味しい四川ディナー@龍門陣茶屋 Day 2 : 上海ディズニーランド 上海ディズニーランド(上海迪士尼乐园) くまさんの美味しい本格火鍋@紅辣椒 Day 3 : おしゃれスポット巡り 最先端スターバックス 新天地 ティファニー風のおしゃれ中華@孔雀川菜 夜景を見ながらバー@外灘 Flight (シンガポールから5時間) 行き :  2018/4/5 (木) 中国東方航空 flight 544 シンガポール SIN 12:55am - 上海 PVG 5:55am 帰り :  2018/4/8 (*) 中国東方航空 flight 543 上海 PVG 12:05am - シンガポール SIN 5:25am

  • 上海在住の方に、上海で一番おすすめのレストランとして連れて行っていただいたのが、龍門陣茶屋(Sichuan Citizen)です。   龍門陣茶屋 Sichuan Citizen   満足度 : ★★★★★ 営業時間 : 電話番号 : Website : 住所 :

  • 上海ディズニーランド帰りで遅くなってしまい、21時頃からの夕飯。それでも美味しいものが食べたいと上海在住の方に探してもらって来たのが、徐家匯(Xujiahui)にある红辣椒というお店です。お店の中は、四川料理と火鍋でスペースが別れていて、火鍋の方へ案内していただきました。 注文してしばらく、かわいいくまさんが登場!大量の唐辛子の上にちょこんと座っています。火鍋の素を固めてくまにしていて、中国では時々あるみたいです。予想外のかわいい演出でラッキー! 火にかけると、段々と溶けていき

  • 上海の新天地というおしゃれエリアにある中華レストラン「孔雀」。ティファニーブルーが印象的な店内は、中華レストランであることを忘れてしまいそうな空間です。 しかし、四川からシェフを呼んでいるだけあって、お料理は本格的。

  • Basic Information Capital : Naypyidaw Language : Burmese Religion : Theravāda Buddhism (87.9%) Currency : Kyat (MMK) 1 MMK =0.00075 USD Time Zone : UTC +6:30 hours Region : ASEAN Area : 676,578 km² Population : 53,582,855 (As is April 2018) Visited ▼2018/4/13-16 Cities: Yangon, Bagan  

  • 基本情報 ・首都 : Naypyidaw(ネピドー) ・言語 : ビルマ語 ・宗教 : 上座部仏教 (87.9%) ・通貨 : チャット Kyat (MMK) ・1 Kyat =0.080 JPY /0.00075 USD ・時間 : UTC+6:30 hours (日本時間 -2:30時間) ・地域 : 東南アジア ・面積 : 676,578 km² ・人口 : 53,582,855 ・日本人の観光ビザ:必要(オンラインで申請可) (2018年4月現在) 観光ビザ ミャンマーの観光には、ビザが必要です。 オンラインで申請可能で、申請してから3営業日で通常取得可能です。 私は通常のものを申し込みましたが、Expressを利用すると、1営業日で取得可能なようです。 こちらを取得すると、最大28日間観光目的で滞在が可能となります。 ▼申請ウェブサイト https://www.myanmaronlinevisa.org/?utm_source=google&utm_medium=cpc 必要項目と顔写真をアップロードする必要があります。   滞在歴 ▼2018/4/13-16 Cities: Yangon(ヤンゴン), Bagan(バガン) http://travelholiq.com/myanmar_4-days-3-nights/

  • 3泊4日のミャンマー旅行。普通にパゴダを回って、観光を

  • ****************************************************** 9:00 フライト:シンガポール→ヤンゴン 10:30 到着 12:00 ホテルグランドユナイテッド アロン支店 13:30 ミャンマーランチ@シャングリラホテル 14:30 スーレーパゴダ 15:45 シュエダゴンパゴダ 17:00 チャウッタージーパゴダ(寝仏) 18:00 しゃぶしゃぶ@DYI Hotpot 20:00 ホテル ****************************************************** 9:00 シンガポールチャンギ空港を出発して、ヤンゴンへ。数日前に、今回の旅行(4月13〜16日)がちょうどミャンマーの水祭り期間だと知り、少し恐れながらの出発でした。そもそも

  • ******************************************************  5:00 ホテル出発  9:00 ゴールデンロックベースキャンプ到着 10:30 山頂到着&ゴールデンロック観光 13:30 ミャンマーランチ 18:00 ヤンゴン到着 18:30 シュエダゴンパゴダ ****************************************************** ツアー会社を利用して、ヤンゴンから日帰りでゴールデンロック(Golden Rock)・チャイティヨーパゴダ観光に行きました。今回利用したのは、Myanmar Travel ExpertのYangon Golden Rock Day Toursです。プライベートカーで、ドライバーと英語でのツアーガイドがつきます。一人150 USD(2名から)。やはり日本語ガイドをつけるよりは、英語のツアーの方がお得なことが多く、また海外で、多くの日本人観光客の方の中に入るのも少し抵抗があるので、英語ツアーを選ぶことが多いです。 5:00 まだ外は真っ暗ですが、ホテルのロビー集合。時間通りにお迎えに来てくださいました。そこから4時間車移動です。 9:00 ゴールデンロックベースキャンプの村キンプン(Kinpun)に到着。そこからは、オープントラックでゴールデンロックがある山の上を目指します。 窓がない車。水かけ祭りの嫌な予感

  • ******************************************************  5:00 ホテル出発  6:35 バガンへフライト  8:00 バガン到着  8:15 ビューイングタワー  9:00 マーケット 10:00 パゴダ・寺院巡り(シュエズィーゴン・スラマニ・ダマヤンジー・ブーパヤー) 12:00 ランチ@サンセットガーデンレストラン 13:20 漆工房 13:40 パゴダ・寺院巡り(マヌーハ・タビィニュ・アーナンダ・ティーローミンロー) 16:00 ビューイングタワー 19:00 ヤンゴンへフライト ****************************************************** カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並ぶ世界三大遺跡、ミャンマーのバガン(Bagan)へ行ってきました。これで、世界三大遺跡は全制覇! 今回利用したのは、日本語の現地ツアーを世界各国で提供するVELTRAさんのバガン日帰り観光ツアー。1人USD 480.00(飛行機代込み)。バガンは朝日を拝むのが有名なので、できれば一泊すればよかったかなと思うのですが、ミャンマー旅行の日程が少なく、スケジュールを詰め込まないといけない方には、ヤンゴンから日帰りでバガンを十分堪能できるので、おすすめです。 5:00 昨日と同じく、5:00にホテルピックアップ。そのまま空港へ。5:20に空港到着。空港はとてもきれい。 しかし、チケットは手書きとシール。なかなかこれまでにないケースでした。 さらに驚いたのが、フライト時間がきっかり決まっているというより、乗客みんなが集まったら出発する、というシステムだそう。6:45出発予定でしたが、実際出発したのは、10分前の6:35でした。プロペラ機に乗って出発!出された機内食のソーセージパンが意外と美味しかったです。   8:00 出発から1時間半でバガン到着。 まず向かったのは、ビューイングタワー。 こちらは、きっちりツアーに組み込まれている訳ではなく、参加者みなさんが興味あれば行きますよ、というスタンス。5ドル(1日行き放題)かかりますが、遺跡群が見渡せるということで、行くことになりました。バガンと言えば、朝日が遺跡群から登る景色を気球から見るのが有名ですが、そちらに参加されない場合は、このビューイングタワーが絶対おすすめです。 ビューイングタワーには、レストランも併設されていて、まずはジュースを飲んで一息。 その後、上の展望台からバガン遺跡を一望。 パガン王朝が栄えた11-13世紀には、数十万ものパゴダが建てられたそうですが、今は3800ほどに減ってしまったそう。大きいものは王様が作ったもので、小さいものは個人が作ったものだそうです。 この手前の屋根が茶色の建物たちは、リゾートホテルだそう。 9:00 タワーから降りてきて、まずは地元のマーケットへ。野菜やフルーツやナッツなどあらゆるものが揃っていて、活気に溢れていました。   このよくミャンマーの方が顔に塗っている金のものは、"タナカ(Thanaka)"というものらしく、正体はこのタナカの木。これをすりつぶして、少し水と混ぜて顔に塗るそうです。日焼け止め・美肌効果が期待でき、広く普及しているそうです。私も現地の方に、つけていただきました。今日の気温は38度。タナカはひんやり感じて、気持ちよかったです。   10:00 パゴダ巡りスタート。最初に向かったのは、シュエズィーゴンパゴダ(Shwezigone Pagoda)。黄金に輝く綺麗なパゴダです。 パゴダの前には、小さな小さな水たまりが。そこの周りには人だかりができています。なぜかというと、パゴダが写っているから。この小さな小さな池は、王様がパゴダを見上げようとすると上を向いて冠が落ちてしまうため、この池を通して見れるよう作られたそうです。 10:20 二つ目に訪れたのが、スラマニ(Sulamani)寺院。 1183年、パガン朝第7代王ナラパティシードゥーにより建立。れんが造りの寺院です。 仏像の形は時代によって様々。それは、人々は仏像に祈りを捧げているのではなく、実際は生きているお釈迦様を想像してお祈りしているからです。ただ、形がないと何を想像してよいか分からないので、一応形として存在させているらしいです。 寺院内部には、壁画がたくさん残されています。しかし、下の方の壁画は、17世紀に中国から渡ってきた人たちによって描かれたものだそうです。   10:40 続いて訪れたのが、ダマヤンジー(Dhammayangyi )寺院。   バガンで一番大きな寺院です。1170年、パガン王朝第5代ナラトゥー王により建設が始められましたが、王様が途中で亡くなってしまったため、未完成のまま工事が中止されたそうです。 入り口で大仏が2つ並んでいるのは、たくさん謝ることができるためらしいです。   出入り口では、ミャンマー伝統の操り人形も販売されてました。 11:15 3世紀に建てられたと言われる、ブーパヤーパゴダ(Bupaya Pagoda)。ブーパヤーは、「ひょうたん形」という意味らしいです。この入り口を抜けると、パゴダが立っています。 川沿いにあるこのパゴダは、1975年に地震で流され、その後建て直されたそうです。 12:00 サンセットガーデンレストランでランチ。川沿いの、雰囲気のよいレストランです。   さすが、日本人向けのツアー。日本人好みの食事が並びました。   13:20 漆工房を見学。 13:40 マヌーハ(Manuha)寺院。写真を撮るのも大変なほど大きい仏像たちが、各部屋ぎりぎりに配置されています。   こちらは寝仏。足の裏に何も描かれていないのは、亡くなってしまった姿なのだそう。   14:15 タビィニュ(Thatbyinnyu)寺院。バガンに建てられた、最初の二階建て建築。立派な外観です。     ちなみに私は入り口のこの子が気になりました。 15:00 タビィニュ寺院と隣接している、アーナンダ寺院。 白い廊下を進んでいくと、背の高い大仏が見えます。   ここにある大仏2体は昔からある本物らしいですが、あとは焼けたりして修復したものだそうです。 この大仏、面白いのが、遠くから見ると微笑んで見え、近くから見ると真面目な顔に見えます。遠くの国民に対して微笑み、国王に対して真面目に映るようになっているそうです。   15:20 38度の暑さの中、だいぶへとへとですが、最後の寺院、ティーローミンロー寺院(Htilominlo)。残念ながら、少し修復工事中。   周りには、お店も並んでいます。首長族の方もいらっしゃいました。ミャンマーには、137もの少数民族がいらっしゃるそうです。 16:00 ビューイングタワーに戻って来て、17:30まで休憩。飛行機の時間があるので、サンセットの最後は見えませんでしたが、だんだんと日が落ちてきて、幻想的な景色を拝むことができました。   17:45 空港に到着。出発はやや遅れましたが、19時に無事離陸。たくさんのパゴダや寺院を周り、へとへとですが、充実した1日でした。  

  • ****************************************************** 11:00 水かけ祭り 13:30 ランチ@ミスターシェフ 19:10 シンガポールへフライト ****************************************************** 夜のフライトまで、ヤンゴンで1日時間があるので、ついに意を決して、水かけ祭りに参戦してみることにしました。 11:00 ホテルにチェックアウト後にシャワーを使わせてもらう交渉をし、水着にTシャツ短パンを着て、防水カバーをつけた携帯とGoPro、小銭だけを持って、いざ出陣! 盛り上がっているところを目指して、歩いていきます。道のいたるところで、バケツやホースを持ってにこにこしている子供・大人たちに遭遇。ばしゃっと水をかけられます。最初かけられるまでは、なんだか少しどきどきして怖かったけど、一度濡れてしまえばこっちのもの。楽しくなってきます。水をかけてきた後、にこっと微笑み合い、少し距離が縮まる感じさえしてきます。 そして、ついに盛り上がっているところに到着しました。ステージがあり、音楽とホースから出る大量の水。オープントラックに乗って、みんながのりのりで通っていきます。 どうせなら地元の人たちに混ざって同じ体験をしたいと思い、行き交うトラックに乗せてもらえるようアピールしてみました。英語は通じませんでしたが、身振り手振りで乗りたいことを伝えたら、おいでっと返してもらいました。彼らのトラックによじ登り、仲間入り成功。 お互い水を掛け合ったり、他のトラックを攻撃したりで、どんちゃん騒ぎ。 歌やダンスを披露している前も通り、こんな感じ。 そして大量の水

  • Basic Information ・Capital : Malé ・Language : Maldivian ・Independence : 26 July 1965 from the United Kingdom ・Currency : Maldivian rufiyaa (MVR) 1 MVR = 0.065 USD ・Time Zone : UTC +5 hours ・Area : 298 km² ・Population : 427,756 (As is April 2018) Visited ▼2018/4/20 - 23 Cities: Malé, Kudahuvadhoo

  • 基本情報 ・首都 : Malé(マレ) ・言語 : ディベヒ語 ・通貨 : ルフィア (MVR) 1 MVR = 7.20 JPY /0.065 USD ・時間 : UTC +5 hours (日本時間 -4時間) ・面積 : 298 km² ・人口 : 427,756 ・日本人の観光ビザ:必要なし (2018年4月現在) 滞在歴 ▼2018/4/20 – 23 Cities: マレ, クダウーバッドホー

  • Italy

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • キューバ 1 : フライト & ハバナ & サルサレッスン

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • United Kingdom

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • Australia

    Quot appetere patrioque te mea, animal aliquip te pri. Ad vis animal ceteros percipitur, eos tollit civibus percipitur no. Posse definiebas dissentiunt mel ea, nam ferri utroque invenire an. Ius te iuvaret offendit pertinax, his verear.

  • Italy

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ed.

  • IMG_3585 (1)

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, dicat ponderum signiferumque qui ad.

  • キューバ 1 : フライト & ハバナ & サルサレッスン

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Proin gravida nibh vel velit auctor aliquet. Aenean sollicitudin, lorem quis bibendum auctor, nisi elit ipsum

  • IMG_3585 (1)

    roin gravida nibh vel velit auctor aliquet. Aenean sollicitudin, lorem quis bibendum auctor, nisi elit ipsum

  • キューバ 5 : トニリダード散策 & イズナガ

    Version of Lorem Ipsum. Proin gravida nibh vel velit auctor aliquet. Aenean sollicituuis bibendum auctor, nisi elit consequat ipsum, nec sagittis sem nibh id elit. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Version of Lorem Ipsum.Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus.Viris maiorum lucilius eum ei. Vel summo maluisset ea, nec cu vivendum disputationi. Alia

  • キューバ 5 : トニリダード散策 & イズナガ

    Version of Lorem Ipsum.Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus.Viris maiorum lucilius eum ei. Vel summo maluisset ea, nec cu vivendum disputationi. Alia

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_3559

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_3398

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Version of eam fuisset cui voluptua ea edtile Lorem Ipsum. Has eruditi singulis principes ad, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei. Vel summo maluisset ea, nec

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Version of eam fuisset cui voluptua ea edtile Lorem Ipsum. Has eruditi singulis principes ad, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei. Vel summo maluisset ea, nec

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Version of eam fuisset cui voluptua ea edtile Lorem Ipsum. Has eruditi singulis principes ad, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei. Vel summo maluisset ea, nec

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_3549 (1)

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • Italy

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_2996

    Version of Lorem Ipsum. Proin gravida nibh vel velit auctor aliquet. Aenean sollicituuis bibendum auctor, nisi elit consequat ipsum, nec sagittis sem nibh id elit. Duis sed odio sit amet nibh vulputate cursus a sit

  • シンガポール滞在3年間かけて色々なレストランを試した中で、個人的にベスト5の中に入るのが、Imperial Treasure Super Peking Duck(インペリアルトレジャー・スーパー北京ダック)です。 Imperial Treasureは系列が何店舗かありますが、北京ダックのお店は2店舗、Orchard(オーチャード)のParagon(パラゴン)と、Asia Square Tower 1(アジアスクエアタワー1)です。 今回はパラゴン店舗にランチで訪れました。 前日に席と北京ダックを予約。1羽からしかオーダーはできないので、できれば大人数で行った方が他の料理と一緒に楽しめます。私は2人で訪れましたが、北京ダックだけでほぼお腹いっぱい。まぁたらふく北京ダックが食べられるので、それはそれで幸せですが。 北京ダック 1羽 88ドル(7000円ちょい)。これは安い! シェフが席の横で切り分けてくださいます。まずは皮のみ、砂糖をつけて食べてみるように言われます。砂糖をつける食べ方は、日本や中国でやったことはなかったのですが、北京ダックの油と砂糖の組み合わせが意外にもとても美味しかったです。   一羽切り分けていただくとこんな感じ。これを豆板醤・ネギ・きゅうりと一緒に皮に包んでいただきます。 結構な量ですが、美味しすぎて二人で完食。また、余った身の方は、麺かチャーハンにしてもらえます。 旅行でシンガポールを訪れたなら、是非とも行っていただきたいお店です。 Imperial Treasure Super Pecking Duck (Paragon)/ インペリアルトレジャー・スーパー北京ダック (パラゴン店) 満足度 : ★★★★★ 営業時間 : Lunch: 11:30-15:00 (15:00) / Dinner: 18:00-22:00 (22:00) 電話番号 : +65 6732 7838 Website : http://www.imperialtreasure.com/restaurants 住所 : 290 Orchard Road, PARAGON, #05-42/45, Singapore 238859

  • Thailand

    シルバーウィークを利用して、シンガポールからタイのタオ島へ、ダイビングメインの旅行に行ってきました!ダイビングの聖地と言われているセイルロックの魚群はやはり圧巻!! City タオ島, サムイ島 ▶︎タイ基本情報 Schedule 2018/9/19 - 23 Day 1 : シンガポールからサムイ島へ 17:20 シンガポールからフライト 18:o0 サムイ島到着 18:30 アマリホテル 19:45 ステーキディナー 21:00 マッサージ Day 2 : タオ島移動&午後ダイビング  6:45 ホテルで朝食  8:00 フェリー:サムイ島→タオ島 10:00 タオ島到着 10:30 バンズダイビングリゾート到着 12:30 ダイビング(2本) 17:00 ターナアラインリゾートホテル 20:00 タイ料理ディナー@スーチリ Day 3 : タオ島ダイビング  7:30 午前ダイビング(2本) 12:30 午後ダイビング(2本) 20:00 絶品鴨ラーメン@995 Roasted Duck Day 4 : セイルロックダイビング 6:30 セイルロックダイビング(3本) 19:00 絶品イタリアンディナー@Thaita Italian Restaurant Day 5 : サムイ島でランチ&フライト  6:30 ホテルで朝食  8:00 フェリー:タオ島→サムイ島 1o:00 サムイ島到着 11:00 海を見下ろしながらランチ 13:30 ビーチ沿いでお茶 15:00 空港&フライト Flight (シンガポールから1.5時間) 行き:  2018/9/19 (水) バンコク・エアウェイズ Flight 964 シンガポール SIN 17:20 - サムイ島 USM 18:20 帰り :  2018/9/23 (日) バンコク・エアウェイズ Flight 961 サムイ島 USM

  • ****************************************************** 17:20 シンガポールからフライト 18:o0 サムイ島到着 18:30 アマリホテル 19:45 ステーキディナー 21:00 マッサージ ****************************************************** 18:00 タオ島ダイビング旅行のため、今日はサムイ島に前入りしました。シンガポールから1時間半で到着。 そこから乗り合いバスで、ホテルに向かいました。 18:30 今回1泊した、アマリホテル(Amari Koh Samui)に到着しました。 運良くビラルームにアップグレードしていただきました。今夜だけの滞在がもったいないくらい、おしゃれで素敵なホテルでした。 19:45 タクシーでBophutにあるFisherman's Village(フィッシャーマンズビレッジ)へ行き、 トリップアドバイザーのステーキ部門1位だったお店へ。Squires Loft というレストラン。こちらでステーキをいただきました。 その後、Gyan Spaで足裏マッサージ。オーシャンビューは暗くてあまり見えませんでしたが、マッサージは上手な方だと思いました。 明日は朝一からフェリーで移動のため、ホテルに戻ってもう就寝。

  • Thailand

    タオのサムイ島でも、ステーキが食べたい!トリップアドバイザー1位にランクインしていた、Squires Loft(スクワイヤーズロフト)へ行ってみました。いろいろなレストランやショップが立ち並ぶ、Bophut Fisherman's Villageの中にあります。リアルOGビーフと大きく宣伝している店構え。 ハムスが無性に食べたい気分になって、まずはこちらの3種ディップを前菜としてオーダー。 左から、なす・ハムス・サワークリーム。ハムスよりもなすが気に入りました。 そしてメインでいただいたのが、Eye Fillet 200g (1090 baht ≒ 3800円)ガーリックソース 美味しかったけれど、個人的に肉の臭みを感じてしまいました

  • ******************************************************  6:45 ホテルで朝食  8:00 タオ島へフェリー 10:00 タオ島到着 10:30 バンズダイビングリゾート到着 12:30 ダイビング(2本) 17:00 ターナアラインリゾートホテル 20:00 タイ料理ディナー@スーチリ ****************************************************** 6:45 早起きして、宿泊していたアマリホテルのレストラン「アマヤフードギャラリー(Amaya Food Gallery)」にて朝食をいただきます。 モダンでおしゃれな店内。デニッシュやフルーツも豊富で、とても美味しかったです。 素敵なホテルで名残惜しいですが、フェリー乗り場に向かうため、チェックアウトして出発。 ホテルからタクシーで10分ほどでフェリーターミナルに到着。8:00発の30分前には到着するようにと言われていたのですが、無事余裕を持って到着することができました。 8:00 定刻通り、フェリーは出発しました。フェリーはフルムーンパーティーで有名なパンガン島を経由してタオ島まで2時間。 10:00 無事タオ島に到着。その後、ダイビングでお世話になる、バンズダイビングリゾートへ直行しました。 12:30 さて、到着して説明を受けて、着替えて、パパッとランチを済ませ、いよいよ午後からダイビングです。 1本目:サタクット&ヒンピーウィー 沈船があるポイントです。透明度、3-7m

  • Thailand

    ダイビングの聖地と言われているタイ・タオ島のセイルロック。2018年9月にダイビングで訪れた際には、バンズダイビングリゾート(Ban's Diving Resort Koh Tao)さんにお世話になりました。 バンズダイビングリゾートは、ダイビングショップ、ホテルやレストランが一帯となっている複合施設です。日本人のインストラクターが常駐していて、日本語のみでもでダイビングを楽しむことができます。 基本的には、午前2本、午後2本でいつも運営していて、午前のみ・午後のみ・どちらも参加を選べることができ、前日までに決めることができるようです。そして、時々1日セイルロックに行く、という日があります。 大きな船に大勢で乗り込み、毎回コンディションによって、どこで潜るかが決まります。ダイバーの自主性を要求するスタイルで、セッティングは基本自分で行うので、予習をしておいた方がいいかもです。もちろん、快く教えてはくださいますが。 船の上では、度々かわいいねこちゃんを目撃し、このねこちゃんもよくこの船を利用しているようでした。 セイルロック遠征の日には、美味しいタイ料理の昼食も振舞われました。 シルバーウィークということもあり、日本人のお客さんも多くいらしていました。ダイブ100本記念の方をみんなでお祝いしたり、ダイビング後にインストラクターさん含め希望者で毎日食事にも行っていて、一人でも参加しやすい暖かい場でした。 他のダイバーさんとも知り合え、ダイビング話で盛り上がれたのも楽しみの一つとなりました!次回またタオに来れることがあったら再度利用させていただきたいと思います。   バンズダイビングリゾート(Ban's Diving Resort Koh Tao) 電話番号 : +66-(0)94-242-6005(日本語) Website : https://www.bansdivingjapankohtao.com/ 住所 : Moo 1 , Koh Tao Surat Thani Thailand 84360

  • Thailand

    タイ東北地方のイーサン料理のレストラン、スーチリ(SU CHILI)に行ってきました。大通りに面していて、人気店らしく、観光客で賑わっていました。 ダイビングでお腹が空いていたこともあり、食べたいタイ料理がたくさんあって、欲望のままに頼んでしまいました。でも、さすがに6品はやりすぎた

  • ******************************************************  7:30 午前ダイビング(2本) 12:30 午後ダイビング(2本) 20:00 絶品鴨ラーメン@995 Roasted Duck ****************************************************** 本日も昨日に引き続き、Ban's Diving Resortさんで、1日ダイビングです。 7:30 午前中のダイブ(2本)に向けて出発。   1本目:チュンポンピナクル(Chumphon Pinnacle) タオ島三大海洋の一つです。透明度が20-25mで、綺麗でした。ツバメウオの群れが(綺麗に写真撮れなかったけれど)素敵でした! 出会った魚:ツバメウオ、キンセンフエダイ、オオクチイケカツオ、ミノカサゴ、ミナミハコフグ、マブタシマアジ等 2本目:White Rock (ホワイトロック) 透明度は7m

  • Thailand

    タオ島での2日目の夜。地元の方におすすめされて行ってみた995 Roasted Duck。聞いていたとおり、ローストされたカモがのっている塩ラーメンが絶品でした! アヒルが目立つ、この看板のお店は、20時頃行ったにも関わらず、ほぼ満席状態で、入れ替わり新しい人が入っていきます。8月のピーク時には行列ができるほどだそうです。   オーダーしたのは、Noodle with roasted duck and mild soup (大 90 baht/ 小 70 baht) 塩ラーメンに、ローストされたカモがのっていて、パクチーのアクセントが効いています。出汁のきいたスープとたまご麺。さっぱりしていて、日本人の口にも合う味だと思います。私は小を注文しましたが、ぺろっと食べてしまい、大にすればよかったかなぁと少し後悔。笑 観光客にも地元の方にも大人気なのも納得です。 とても美味しかったので、追加でローストダックのライスも注文してみました。(大 90 baht/ 小 70 baht) ダックをライスにのせ、甘いタレをかけたものです。こちらも美味しかったですが、タレが甘めなので少し好みが別れるかもしれません。 私は断然さっぱりとしたラーメンがやはりお気に入りでした! タオ島に次回訪れることがあったら、また行きたいお店の一つとなりました。 995 Roasted Duck 満足度: ★★★★☆ 営業時間:9:00 - 21:00 住所:Ko Pha-ngan District, Surat Thani 84280, Ko Tao, Thailand  

  • Thailand

    ****************************************************** 6:30 セイルロックダイビング(3本) 19:00 絶品イタリアンディナー@Thaita Italian Restaurant ****************************************************** 今日はいよいよダイビングの聖地とも言われる、セイルロックでのダイビングです! 6:30 ホテルを出発して、バンズダイビングリゾートへ。集合して、7:00頃セイルロックへ出発です。セイルロックまでは、海の調子がよければ1時間半、悪ければ2時間かかると言われました。 9:00 いよいよダイビング開始。   1 & 2本目:セイルロック(Sail Rock) ついにセイルロックでのダイビング!もしかしたらジンベエに出会えるかも?と期待しますが、残念。おとといは出現したらしいですが、出会うことはできませんでした。しかし、透明度は5-7mくらいだったものの、魚群がすごい!!感動しました!!! ゴールデンウィークの時期は、ジンベエの出現率も上がるし、透明度も30-40mになるらしいです。この魚群でそんなに透明度がよかったら、本当にすごい景色だろうなぁ。いつかベストシーズンに戻ってみたいです。    ↑ ギンガメアジの群れ! 出会った魚:ヤイトハタ、ツバメウオ、シンベロンバラクーダ、ビッグハンドルバラクーダ、ギンガメアジ、ホシヤイワシ 11:45 セイルロックを見ながらのランチ。チリ炒めとイエローカレー?美味しいタイ料理でした! 船は次のポイントへ移動。タオ島三大海洋のラスト一つへ。   13:30 3本目:サウスウエストピナクル(Southwest Pinnacle) 透明度は20m!インストラクターさん曰く、こんなに透明度が高いのも珍しいし、こんなに魚がいないのも珍しいのだそう。笑 イソギンチャクが綺麗でした。 出会った魚:テルメアジ、クマノミ、アカマダラハタ、コガネアジ、キンセンフエダイ   15:30 帰港。これでタオ島でのダイビングは終了です。今まで潜ったところとは比べられないほどの魚群の大きさで、とても感動しました。ダイビングの聖地と言われるのが納得です。 最終日なので、お支払いを済ませ、ダイビングショップからホテルへ送っていただきました。 19:00 ホテルに帰ってゆっくりして、夕飯は気になっていたおしゃれイタリアンレストラン、タイタ・イタリアンレストラン(Thaita Italian Restaurant)へ。雰囲気がよく、本格的な店構えで気になっており、トリップアドバイザーで見てみてもダントツの高評価。そしてこの評価にふさわしく、とても素敵なレストランでした! メニューはすべてイタリア語。イタリア人のオーナーが、それぞれお料理の説明をしてくださいます。 カルパッチョ、パスタ2品、ステーキ、ティラミスをいただきました。どれも絶品!タオ島にまた来た時は、絶対にまたこのレストランを訪れたいと思います。 おかげでタオ島最後にふさわしい、幸せな夜になりました!

  • Thailand

    タイのダイビングの聖地とも言われるタオ島。そこで感動するくらい美味しい本格イタリアンレストランに出会いました。 ホテルの近くで偶然通りかかったThaita Italian Restaurant。雰囲気がよく、本格的な店構えで気になっており、トリップアドバイザーで見てみてもダントツの高評価。タオ島旅行の最終夜に訪れることにしました。   イタリア人夫妻が経営しているこのイタリアンレストランは、メニューもイタリア語。細かな説明などは一切書いてありません。 もちろんイタリア語が分からなくて大丈夫。オーナーが一皿ずつメニューを英語で説明してくださいました。これはこんな料理で、材料はこだわってどこどこから仕入れて、自家製のソースと絡め

  • ******************************************************  6:30 ホテルで朝食  8:00 フェリー:タオ島→サムイ島 10:00 サムイ島到着 11:00 海を見下ろしながらランチ 13:30 ビーチ沿いでお茶 15:00 空港&フライト ****************************************************** 6:30 早起きして宿泊していたターナアラインリゾートホテルで朝食。昨日まではダイビングで早くホテルを出なくてはいけなかったので、サンドイッチを包んでいただいていたので、最終日にやっとホテルの朝食を楽しむことができました。 フレッシュジュースバーやエッグステーションがあり、美味しくいただきました。 8:00 フェリーに乗って、サムイ島へ帰ります。行きと同じく2時間で到着。 11:00 前回サムイ島に来たときに訪れた、絶景が拝めるレストラン・ジャングルクラブへ。ココナッツに入ったタイグリーンカレー等をいただきました。 13:30 飛行機までまだ少し時間があったので、海沿いでお茶をすることに。センタラグランドホテル内にある、COAST(コースト)というレストランをチョイス。白とターコイズの色合いがお気に入りでした。 15:00 一時間ほどゆっくりして、空港へ。シンガポールへと帰路につきます。タオ島でのダイビングメインの旅でした。またいつか、ダイビングでタオ島戻ってきたいと思います。

  • キューバ 1 : フライト & ハバナ & サルサレッスン

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • Australia

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_2996

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • United Kingdom

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_6515

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_2996

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_2996

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_3398

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_3398

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • Australia

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • Italy

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_3398

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_2996

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • IMG_2996

    Lorem ipsum dolor sit amet, ius in fugit percipit, ut his augue numquam, ponderum signiferumque.

  • タンザニア連合共和国

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • メキシコ 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • IMG_6515

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • タンザニア連合共和国

    Lorem ipsum dolor sit amet, no elitr tation delicata cum, mei in causae deseruisse. Has eruditi singulis principes ad, eam fuisset voluptua ea, pro ceteros adipisci in. Sed tempor adversarium ad, eum ne facete delectus. Viris maiorum lucilius eum ei.

  • 基本情報 ・首都 : メキシコシティ(Mexico City) ・言語 : スペイン語 ・通貨 : メキシコペソ(ヌエボペソ) (MXN) 1 MXN = 6 JPY / 0.053 USD ・時間 : UTC -5 〜 -8 hours (日本時間 -14 〜 -17 時間) ・地域 : 中南米 ・面積 : 1,972,550km2(13位) ・人口 : 128,632,000人(10位) ・日本人の観光ビザ:180日以内必要なし (2018年10月現在) 滞在歴 ▼2018/10/21 - 29 Cities: ラパス, グアナファト, メキシコシティ https://travelholiq.com/mexico-10-days-8-nights/

  • Mexico

    City ラパス(La Paz), グアナファト(Guanajuato), メキシコシティ(Mexico City) ▶︎メキシコ基本情報 Schedule 2018/10/21 〜 2018/10/30 Day 1 : 日本からラパスへ 14:25 フライト:成田 → メキシコシティ(12時間半) 12:55 メキシコシティ到着 15:20 フライト:メキシコシティ → ラパス(2時間半) 16:50 ラパス到着 17:30 ワン・ラパスホテル到着 Day 2 : ダイビング&ジンベエシュノーケル(ラパス)  8:00 ホテルピックアップ  9:15 ダイビング出発 10:45 マンタ狙いのダイビング@ラ・レイナ 13:00 沈船ダイブ@サルバティエラ 15:30 ジンベエシュノーケル 17:30 ホテル 19:00 シーフードディナー@Mariscos Los Laureles Day 3 : ハンマー・アシカ狙いのダイビング(ラパス) 8:00 ホテルピックアップ 9:00 ダイビング出発 10:30 ハンマーヘッドシャーク狙いのダイビング @エルバホ 12:30 彫刻ダイビング@エル・カンデレレロ 14:45 アシカとダイビング@サン・ラファエリト 18:30 メキシカンディナー@エル・サラペ Day 4 : アシカ三昧のダイビング(ラパス)  8:00 ホテルピックアップ  9:00  ダイビング出発 10:30 ダイビング1本目@アシカコロニー・ロスイスロテス 12:15 ダイビング2本目@アシカコロニー・ロスイスロテス 15:00 ダイビング3本目@サン・ラファエリト 19:00 ディナー@ランチョ・ビエホ Day 5 : ラパス散策 12:00 おしゃれカフェ:ビッグサーカフェオルガニコ 13:30 ラパス散策 15:30 ホテル → 空港 17:30 フライト:ラパス→メキシコシティ 20:25 メキシコシティ到着 21:00 カミノ リアル アエロプエルト メキシコ ホテル Day 6 : リメンバーミーの世界。グアナファト日帰り観光 10:10 フライト:メキシコシティ → レオン 11:10 レオン到着 12:20 グアナファト到着 13:15 ピピラの丘 14:20 口づけの小道 14:30 イダルゴ市場 14:40 街歩き 16:30 モダンメキシカンディナー@ロスカンポス 17:45 ピピラの丘 19:45 夜景@ピピラの丘 → 空港へ出発 22:10 フライト:レオン → メキシコシティ 23:30 メキシコシティ到着  01:10 Hache 21 ホテル到着 Day 7 : 死者の日満喫(メキシコシティ) 10:30 メキシカン朝食@Moheli 12:00 地元の美味しいコーヒー@Cafe

  • Mexico

    メキシコ:アシカダイビングと死者の日体験(8泊10日)旅行1日目。 ****************************************************** 14:25 フライト:成田 → メキシコシティ(12時間半) 12:55 メキシコシティ到着 15:20 フライト:メキシコシティ → ラパス(2時間半) 16:50 ラパス到着 17:30 ワン・ラパスホテル到着 ****************************************************** 今日からメキシコ旅行へ行ってきます。 今回の旅の目的は3つ。①アシカの赤ちゃんとダイビング ②リメンバーミーの舞台となったグアナファトの絶景 ③死者の日の文化体験 メキシコというとやはり治安があまりよくないイメージもあるので、細心の注意を払って楽しんできたいと思います。 14:25 成田発のアエロメヒコ航空でメキシコシティまで。12時間半耐えました。 12:55 メキシコシティ到着。その後、ラパス行きの国内線へと乗り換えます。初めてのメキシコ。空港も怖い雰囲気だったらどうしようと少しそわそわしていましたが、そんなことはなく。アメリカでよくする甘い香りが漂っていました。アエロメヒコ航空は、国際線・国内線全てターミナル2なので、全移動アエロメヒコの私は、移動する手間もなく楽でした。 トランジットの間に、空港内のレストラン、アルファ・バー(Alfa Bar)で初の本場のタコスを。リブアイタコス(Tacos de Ribeye)と水で425 ペソ(約2500円)。 お肉の焼き加減も聞いてもらって期待大でしたが、正直微妙

  • Mexico

    メキシコのラパスで滞在したのは、ワンラパス(One La Paz)というホテルです。ダイブショップに手配していただいたのですが、通常自分で手配すると、クイーンルーム一泊、5500円前後のようです。 中心地のマレコン通りからは徒歩で10分ほど離れています。ラパスは全く安全と言われていますが、夜になるとホテル周辺は少し暗いので、一応日が暮れてからは移動はUberを利用していました。 外見はやや古いですが、部屋の中は綺麗で、十分な広さでした。 屋上にはプールがあります。が、リラックスできるリゾートな感じではありません

  • Mexico

    メキシコ:アシカダイビングと死者の日体験(8泊10日)旅行2日目。 ****************************************************** 8:00 ホテルピックアップ  9:15 ダイビング出発 10:45 マンタ狙いのダイビング@ラ・レイナ 13:00 沈船ダイブ@サルバティエラ 15:30 ジンベエシュノーケル 17:30 ホテル 19:00 シーフードディナー@Mariscos Los Laureles ****************************************************** 今日はいよいよメキシコ・ラパスでのダイビング1日目。今回のラパスでの滞在の全アレンジ(空港送迎・ホテル・ダイビング)をコルテスクラブ(The Cortez Club)さんにお願いしました。おかげで問題なく、ダイビングを思いっきり楽しむことができました! 7:00 滞在している、ワンラパスホテル(One La Paz)で朝食。メキシカンなトルティーヤがあったり、焼きたてワッフルがあったりと意外と満足なものでした。 8:00 ダイブショップの方が時間通りに迎えに来てくださいました。ホテルからショップまでは車で15分ほど。日本語堪能なスタッフの方が出迎えてくださいました。   9:45 ボートに乗り込んでいよいよダイビング出発!今日は海が安定しているので、遠くのラ・レイナというポイントへマンタを狙いに行くそう。1時間半ほど移動です。 11:30 1本目:ラ・レイナ(La Reina) 一応マンタ狙い。ただシーズンの終わりということもあって残念ながら会うことはできませんでした。しかし、透明度は20mくらいあって魚の群もいて、綺麗でした。   また、初めてアシカを見ることができました。寝ていたところを発見!その後目覚めて泳いで行くとこまで見届けました。 13:00 2本目:サルバティエラ(Salvatierra) 沈船スポットで、魚群がたくさん。    15:30 一度帰港して、追加のジンベエザメとのシュノーケルに参加(料金 67USD)。ジンベエの保護区ではダイビングは禁止されていて、シュノーケルのみ。30分間エリア内で船からジンベエを見つけて海に入って一緒に泳ぐというスタイルです。 現在ラパス周辺には1000頭以上のジンベエザメが生息しているそう。時期によって、保護のためにクローズしてしまうことがあるようですが、行くとほぼ間違いない確率でジンベエに遭遇できるそうです。私は2頭に会うことができました。大きい方で6m。人生初めて海でジンベエと泳ぐことができました! ジンベエが食べるプランクトンがたくさん生息しているところなので、透明度はあまりよくありません。あまり近づきすぎないようにと言われていたのですが、結構ジンベエが近づいてくるのでコントロールが大変でした。 18:30 ホテルに一度戻ってシャワーを浴びて、マレコン通りをふらふら。ラパスはとても安全で、ここに住んでいる日本人女性も、日本と同じくらい安全、とおっしゃっていたほど。なので安心して歩けました。サンセットのビーチ沿いは、まるでカリフォルニアのよう。ランニングをしている人たちや、走り回っている子供達もいて、温かい空気が流れています。   19:00 ディナーは、マリスコス・ロス・ローレレス(Mariscos Los Laureles)というマレコン通りに位置するレストランへ。シーフードならここが美味しいと、ダイブショップの方におすすめしていただきました。 エビと魚のセビーチェ(Ceviches - Mixto / 45 MXN) タコのガーリックソース(Pulpos -  Al Mojo de Ajo/ 190 MXN) 2つ合わせて、760円ほど。安い! 一人ではとても食べきれません

  • Mexico

    ラパスの1日目のディナーは、マリスコス・ロス・ローレレス(Mariscos Los Laureles)というマレコン通りに位置するレストランへ行きました。 シーフードならここが美味しいと、ダイブショップの方におすすめしていただいたところです。 ▼エビと魚のセビーチェ(Ceviches – Mixto / 45 MXN) 大好きなセビーチェ。ペルーやメキシコで食べられている、シーフードのマリネです。シーフードとトマト、玉ねぎ、パクチーにレモンやライムをたっぷりかけていただきます。爽やかで美味しい! ▼タコのガーリックソース(Pulpos –  Al Mojo de Ajo/ 190 MXN) ライスもトルティーヤもついて、ボリュームがすごかったです。一人ではとても食べきれません….。   お値段は、2つ合わせて、760円ほど。安い!とても美味しくいただけました!   マリスコス・ロス・ローレレス(Mariscos Los Laureles) 料理:シーフード 満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 11:00 - 21:00 電話番号 : +52 612 128 8532 Website : https://www.mariscosloslaureles.com/ 住所 : Alvaro Obregon s/n, La Paz, Mexico, 23000

  • Mexico

    アシカとのダイビングの写真をインスタで見つけてから、いつかやってみたいと思っていたメキシコ・ラパスでのダイビング。2018年10月に遂に実現しました!その際に利用させていただいたのが、コルテスクラブ(The Cortez Club)さんです。   日本語を話せるスタッフも数名在籍し、英語・スペイン語が分からない方でも当日安心です。ウェブサイトの日本語も全く自然でした。ただ日本語で申し込みをした後、返ってきたメールが英語だったので、そこは注意が必要です。私はそのまま英語でやり取りを進めてしまいましたが、メールでも日本語をリクエストすれば、おそらく日本語になるのでは、、ないでしょうか。 今回のラパス滞在については、空港間の送迎・ホテル・ダイビング、全て一括してコルテスクラブさんにお願いしました。送迎は全て時間より前に迎えに来て下さり、とてもきちんとしている印象でした。 お値段は全て合わせて1000USD弱。(最初呈示いただいたのからホテルをグレードダウンさせて値段を下げてもらいました。)宿泊したワンラパスホテルは、普通に手配すると一泊5000円ちょい。引っ括めてこの値段が高いか安いかはよく分かりませんが、調べる手間を省いて全てお願いしました。 ダイビングは、用意から装備も全て対応して下さり、とても楽なスタイルです笑。お昼は基本船の上となり、ベーグル・サンドウィッチ・ブリトーから毎日選ぶことができます。(写真はサーモン&クリームチーズベーグル。私はこれが一番お気に入りでした。) スタッフの方も皆さんフレンドリーですし、行きたいスポットの希望もきいてくださって、気持ちよくダイビングを楽しむことができました! マンタとハンマーヘッドシャークは残念ながら会えませんでしたが、念願のアシカの赤ちゃんと遊んだり、憧れの初ジンベエザメが叶えられたり、大満足のダイビング旅行となりました!   コルテスクラブ(The Cortez Club) 電話番号 : +52 612 121 6120 Website : http://www.cortezclub.com/ja/ 住所 : Carretera a Pichilingue Km.5 La Paz, BCS, Mexico 23010

  • Mexico

    ******************************************************  8:00 ホテルピックアップ  9:00 ダイビング出発 10:30 ハンマーヘッドシャーク狙いのダイビング @エルバホ 12:30 彫刻ダイビング@エル・カンデレレロ 14:45 アシカとダイビング@サン・ラファエリト 18:30 メキシカンディナー@エル・サラペ ****************************************************** 8:00 昨日と同じ時間にホテルピックアップ。ダイビングショップへ向かいます。 9:00 今日は、ハンマーヘッドシャークが狙えるというエル・バホ(El Bajo)というポイントへ向かいます。ラパスから遠いので、海が安定している時しか行くことができず、ここへ行くは1ヶ月ぶりだそう。向かえるというだけでもラッキーなよう。 10:30 出発から1時間半で到着。 1本目:エル・バホ(El Bajo) 最深:22.4 m ハンマーヘッドシャーク狙い。しかし、半年ここでインストラクターをしている方が、まだ一度も見ていないという

  • Mexico

    メキシコ・ラパスで、伝統的なメキシコ料理を食べたいのであればここ、とダイブショップの方におすすめしていただいたエル・サラペというレストランです。ラパス市内には2店舗ありますが、マレコン通りから離れた方を利用してみました。 店内はとても広く、メキシコの文化を感じられるものがたくさん飾ってありました。メキシコの大きな帽子を被っての撮影等もさせてくれて、観光客慣れしている様子でした。 注文したのは、おすすめのワカモレ、グリル、そしてチキンのモレソース、そしてデザートの揚げバナナ。 トルティーヤと共にいただきます。焼いたチーズが美味しかった! 一番左が一般的な"モレ"。なんと、チョコレートとスパイスが聞いたソースで、メキシコでの代表的な料理の一つです。味は

  • Mexico

    ******************************************************  8:00 ホテルピックアップ  9:00  ダイビング出発 10:30 ダイビング1本目@アシカコロニー・ロスイスロテス 12:15 ダイビング2本目@アシカコロニー・ロスイスロテス 15:00 ダイビング3本目@サン・ラファエリト 19:00 ディナー@ランチョ・ビエホ ****************************************************** 8:00 ラパスでのダイビング最終日。今日も同じ時間にホテルを出発です。 9:00 ダイビング出発。今日は3本ともアシカのコロニーに行く、アシカ三昧の一日になりそうです。船の上からは、途中イルカの群を見ることができました。 10:30 ラパスで一番メジャーなアシカのコロニー、ロス・イスロテスに到着。いよいよアシカの赤ちゃんと泳ぎます。 1本目:ロス・イスロテス(Los Islotes)北側 最深6.5mのとても浅いダイビングです。ここロス・イスロテスは、アシカのコロニーとして世界の中でも成功していて、毎年10%ほどずつアシカが増えているらしいです。人気スポットでたくさんのダイバーがいるので、譲り合ってアシカと触れ合うシステムです。 北側と南側があるそうですが、今日は少し荒れているため、北側のみいくことが可能と言われました。 まず入水すると、イワシの大群に驚きました。また、ダイビング中に鳥を見たのも初めての経験です。   アシカの赤ちゃんたちが遊んでいるエリアに到着。たくさんの赤ちゃんがじゃれ合って遊んでいました。目がくりくりしていて、とっても可愛い

  • Mexico

    ****************************************************** 12:00 おしゃれカフェ:ビッグサーカフェオルガニコ 13:30 ラパス散策 15:30 ホテル → 空港 17:30 フライト:ラパス→メキシコシティ 20:25 メキシコシティ到着 21:00 カミノ リアル アエロプエルト メキシコ ホテル ****************************************************** ラパスからメキシコシティへの移動日です。昨日目一杯ダイビングを楽しむために、遅めのフライト(17:30発)にしていました。なので、今日はラパス散策日です。とは言っても、そこまで何か見るものはありません笑。ゆっくりと、リラックスした時間を過ごしました。 12:00 午前中はホテルでゆっくり。ランチには、ダイブショップの日本人女性の方に教えていただいた、ビッグサーカフェオルガニコ(Big Sur Café Orgánico)に行ってみました。ウォールペイントが目立つおしゃれな外装。店内には、おしゃれな海の生き物たちの絵がたくさん飾られています。若い女性客たちがパソコンで作業をしていて、いわゆるおしゃれカフェでした。   メニューは黒板に書かれたスペイン語のみ。店員さんもそこまで英語が堪能ではなく、全てのメニューを聞き出すことはできませんでした。店員さんにおすすめされた、たまごとほうれん草のオープンサンドをアイスラテと一緒に注文しました。 コーヒーが美味しいとおすすめされただけあって、アイスラテはとても美味しかったです。オープンサンドはまぁまぁ

  • Mexico

    女性一人でメキシコシティに夜到着。メキシコシティは最近治安も安定してきたと耳にするものの、やはり安全第一に行動したいので、今回はメキシコ空港国内線ターミナル1直結のカミノリアルアエロプエルトホテルを利用しました。 お値段は一泊8000円弱。国内線ターミナル1、Bゲート付近の2階の通路から行くことができます。 私が到着したのはターミナル2だったので、ターミナル1への移動しなくてはなりませんでした。ターミナル間を結ぶモノレールがあるのですが、別ターミナル発の航空券を持っている人専用との記載が…。しかしダメ元で、このホテルに宿泊するから乗れないかと係りの人に聞いてみると、乗せてもらうことができました! ホテルから空港ターミナル2へは、15分おきに無料のシャトルバスが24時間出ていて、予約なしで利用可能です。 しっかりとしたホテルです。   夕食には、ホテル内のイタリアンレストラン・La Huertaを利用しました。 一緒に出てきたパンにもチップスが。 レモネード(55 MXN)とチポレソースのメキシカンパスタ(194 MXN)をオーダー。クリームソースでチキン・トマトがたくさん入っていてピリ辛で。新しい味でしたが意外と美味しかったです。 カミノ リアル アエロプエルト(Camino Real Aeropuerto) 電話番号 : 01 55 3003 0033 Website : https://www.caminoreal.com/Hotels/Details/CR/AER 住所 : Puerto México 80, Peñón de los Baños, 15520 Ciudad de México, CDMX

  • Mexico

    メキシコ・ラパスにある、おしゃれコーヒーショップ。現地の日本人女性の方にコーヒーが美味しいと、おすすめしていただきました。 ウォールペイントが目立つおしゃれな外装。店内には、おしゃれな海の生き物たちの絵がたくさん飾られています。若い女性客たちがパソコンで作業をしていて、いわゆるおしゃれカフェでした。   メニューは黒板に書かれたスペイン語のみ。店員さんもそこまで英語が堪能ではなく、全てのメニューを聞き出すことはできませんでした。店員さんにおすすめされた、たまごとほうれん草のオープンサンドをアイスラテと一緒に注文しました。約250 MXN (1500円)。 コーヒーが美味しいとおすすめされただけあって、アイスラテはとても美味しかったです。オープンサンドはまぁまぁ…笑。おしゃれな空間でコーヒーを楽しむにはとても良い場所だと思いました。   ビッグサーカフェオルガニコ(Big Sur Café Orgánico) 満足度 : ★★★☆☆ 営業時間 : 月-土 7:00 - 22:00 / 日 10:00 - 18:00 電話番号 : 01 612 122 6806 Website : https://www.facebook.com/BigSurCafeOrganico/ 住所 : Zaragoza 16 De Septiempre N 40, La Paz, Baja California Sur

  • Mexico

    ****************************************************** 10:10 フライト:メキシコシティ → レオン 11:10 レオン到着 12:20 グアナファト到着 13:15 ピピラの丘 14:20 口づけの小道 14:30 イダルゴ市場 14:40 街歩き 16:30 モダンメキシカンディナー@ロスカンポス 17:45 ピピラの丘 19:45 夜景@ピピラの丘 → 空港へ出発 22:10 フライト:レオン → メキシコシティ 23:30 メキシコシティ到着 01:10 Hache 21 ホテル到着 ****************************************************** 今日はメキシコシティから、日帰りでグアナファトへ行ってきます。 8:00 朝、空港へ向かいます。カミノ リアル アエロプエルトホテルからターミナル2まで、無料のシャトルバスが出ているので、そちらを利用しました。チェックインはとてもスムーズで、アエロメヒコ航空の案内には国内線は2時間前と書かれていますが、時間がとても余りました。 搭乗手続き後のターミナル2内部は、カフェの選択肢があまり多くなかったですが、54ゲート付近のメゾンカイザーで朝食をいただきました。チョコデニッシュとカフェラテ、106MXD。 10:10 グアナファト近くの空港レオンに向けて、フライト。約1時間です。レオン空港からグアナファトは少し距離があり、車で45分〜1時間ほどかかります。ウーバー(Uber)を利用したところ、車もすぐ捕まり、無事グアナファト中心地まで移動することができました。 12:20 グアナファト到着。 タコスが食べたい気分で、お店をレストランをリサーチして、Truco 7(トルコ・シエテ)というところへ。 タコスが美味しいとウェブで見たのですが、タコスは置いていないと言われてしまいました

  • Mexico

    メキシコシティの高級住宅地、落ち着いた雰囲気のコヨアカン地区にある新しくておしゃれなゲストハウスアパート、Hache 21に宿泊しました。 古い建物を改装したこのゲストハウスはまだ新しく、宿泊できるのは2部屋しかありません。フロントもなく、オーナーの方々とは携帯で連絡をとります。スペイン語・英語でコミュニケーションを取ることができました。とても優しい方で、こちらの要望にもフレキシブルに対応してくださいました。 2階の部屋まではエレベーターがなく、階段を利用しなければならないので少し大変。こちらが私たちが泊まった部屋です。 入ると、家具が一つ一つとてもおしゃれでテンションが上がります!女子旅におすすめの宿。   ホテル入り口には、世界地図があって、ゲストが出身の国にピンを刺していきます。日本からは私たちが初めてだったみたいで、日本1本目を付けさせてもらいました。 立地もよくて、とてもおすすめのホテルです!   Hache 21 Website : http://hache-21-guest-house.mexico-city-hotels.net/en/ 住所 : 21 Higuera, Mexico City, Mexico

  • Mexico

    ****************************************************** 10:30 メキシカン朝食@Moheli 12:00 地元の美味しいコーヒー@Cafe El Jarocho 13:00 ソカロ 16:00 死者の日パレード 19:00 メキシカンディナー@Las Chalupitas 20:30 チュロスデザート@El Moro ****************************************************** 今日は1日メキシコシティ観光です。メキシコに1年前まで住んでいた友達と回ったので、地元で人気のお店なども含めて連れて行ってもらいました。今日は死者の日のパレードがあり、メキシコシティ中心部はお祭りムードに包まれています。私も死者の日の雰囲気を思いっきり楽しんできました。 10:30 まずはホテルのあるコヨアカン地区をふらふら。コヨアカンは有名なメキシコ人画家のフリーダ・カーロも住んでいた、落ち着いていて素敵な街です。   モエリ(Moheli)でゆっくり朝食をいただきます。メキシコでは、朝ごはんをがっつり食べて、昼は14-15時ごろに食べ、夜はあまり食べずに飲みが中心というのが一般的なそうです。 メキシコの定番朝ごはんをいただきました。 緑のジュース、フーゴベルデ(Jugo Verde)。オレンジ・セロリ・キュウリなどが入っているそう。苦味や臭みは全くなく、爽やかでとても美味しかったです。また飲みたくなる味。 そしてもう一つ、代表的な料理、チラキレス(Chilaquiles)(上)。揚げたトルティーヤに鶏肉、サルサ、チーズをかけたボリューム満点の料理です。 そして卵料理をオーダーしました。 朝からとってもお腹いっぱいになりました。 11:30 コヨアカンマーケット(Mercado Coyoacán)をちらっと見学。あまりお店が空いていないようだったので、夜の時間に戻ってくることにしました。   通りがかった幼稚園でも、可愛い死者の日の飾りがされていました。 12:00 地元の美味しいコーヒーショップ、カフェ・エル・ハロチョ(Cafe El Jarocho)。この辺りで数店舗を構える人気店だそうです。 こちらでラテをいただきました。一杯20MXN (115円ほど)。とてもお手頃ですが、美味しかったです。 そのあとは、街の中心、ソカロを目指して地下鉄に乗ってみました。 電車の中は、現地の方しか見当たらず、私たちアジア人は珍しいのか、ジロジロ見られました。電車の中はとても蒸し暑く、みんな汗をかいていました

  • Mexico

    メキシコシティ・コヨアカン地区で訪れたおしゃれカフェ、モエリ(Moheli)。朝からたくさんの人で賑わっていました。 こちらでメキシコの代表的な朝ごはんをいただきました! 緑のジュース、フーゴベルデ(Jugo Verde)。オレンジ・セロリ・キュウリなどが入っているそう。苦味や臭みは全くなく、爽やかでとても美味しかったです。また飲みたくなる味。 そしてもう一つ、代表的な料理、チラキレス(Chilaquiles)(上)。揚げたトルティーヤに鶏肉、サルサ、チーズをかけたボリューム満点の料理です。 そして卵料理をオーダーしました。 朝からとってもお腹いっぱいになりました。メキシコでは、朝ごはんがっつり、昼は遅めに14−15時くらいに食べて、夜はあまり食べずに飲むのが中心らしいです。そんな文化も味わえて満足! モエリ(Moheli) 満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 8:00 - 23:45 電話番号 : +52 55 5554 6221 Website : https://moheli.mx/ 住所 : Avenida Francisco Sosa 1, Del Carmen, 04100 Ciudad de México, CDMX, Mexico

  • Mexico

    ****************************************************** 8:30 メキシカン朝食@El Mundo Del Café11:00 ティオワカン遺跡(世界一大きな登れるピラミッド)13:45 うさぎステーキ@Restaurant Meztli16:30 フリーダ・カーロ美術館17:30 コーヒー@Tierra Garat19:00 コヨアカン市場22:30 国際空港 0:30 フライト:日本へ******************************************************8:30朝ごはんは、コヨアカンにあるおしゃれカフェ、El Mundo Del Caféで。8時オープンのはずが、開いたのは8時半でした。 今日トライしたのは、モジェテス(Molletes)。フリホーレス(豆の塩煮)、玉ねぎなどを炒めてパンにのせ、チーズをのせて焼いたものです。ピザに似ているけれど、サクサク軽く、美味しかったです。9:30ティオワカン遺跡群に向けて出発。夕方フリーダカーロの美術館を予約していたため、タイトなスケジュールだったため、タクシーで行くことにしました。往復で1300MXNで交渉成立。窓から見える景色はとてもカラフル。これは犯罪率を下げるために、色を明るくしたからだそう。一定の効果があったらしいです。ピンクが多めでした。車では約2時間ですが、乗った車が飛ばし気味だったので1時間半で到着しました。11:00ティオワカン遺跡。まずは、太陽のピラミッドへ。高さ65m、世界で3番目に大きなピラミッドで、登れるピラミッドでは最大らしいです。 結構混んでいて、登るのに行列ができていました。並びながらゆっくり登ったので、頂上までは1時間ほどかかりました。頂上からは、月のピラミッドが見えます。 なにやら頂上の真ん中に人だかりが。調べてみると、最近になって、小さな”アルミのようなもの”が見つかり、それに触るとパワーがもらえると言われるようになったとか。あまりの人だかりに私はスキップ。太陽のピラミッドから降りてきて、次は月のピラミッドへ。途中に壁画を見ることができます。12:45こちらが月のピラミッド。階段がとても急。 月のピラミッド頂上からの景色はなかなかよかったです。しばらく景色を眺めながら休憩。 13:20行きに乗ってきたタクシーのドライバーと合流。ちゃんと待っていてくれました。13:45この地域では、うさぎが食べられていたそうで、私たちもチャレンジしてみることにしました。ドライバーさんにうさぎが食べたいと相談すると、レストランに連れて行ってくれました。訪れたのは、Restaurant Meztli。 うさぎのステーキとビーフステーキをオーダー。 うさぎ肉(右)赤いスパイシーなソース。辛いソースでお肉の元々の味はよく分からず。笑 もしかしたら臭みがあるから、あえてこういうソースなのかもしれません。かみごたえがあって、面白い味でした。やっぱり普通にビーフの方が好きかも笑。 でもどちらも美味しくいただきました!16:30無事コヨアカンに帰ってきました。フリーダカーロ美術館へ。実は昨日の午前中一度訪れたのですが、当日入場は2時間待ち。オンライン予約した方がよさそうだと思い調べると、当日のチケットは売り切れだったので、本日のこの時間に予約していました。訪れる際は、事前にオンライン予約することをおすすめします。予約をしていると、すんなり入場することができました。    死者の日に向けて、フリーダカーロの豪華なオフレンダ(祭壇)があり、圧巻でした! 17:30おしゃれなカフェで一息。Tierra Garatというコーヒーとホットチョコレートのお店です。 カフェモカをいただきました。美味しかった!店内はマックを広げている若者がたくさんいて、どこの国でも同じようだなぁと感じました。19:00コヨアカン市場で最後のお買い物です。カラフルなものがたくさん。記念にアレブリヘを購入。1体に絞るのが難しかったです。 屋台フードもチャレンジ。 ジャイアントコーンを茹でたものに、マヨネーズとチーズとライムとチリ。カロリーがどれだけになるか、考えたくもありません。罪悪感は感じますが、暖かくてほっこりして、ライムで爽やかにしまっていて、とても美味しかったです。

  • Mexico

    コヨアカンにあるおしゃれカフェ、El Mundo Del Caféで朝食を。8時オープンのはずが、ちょうどその時間に行ったらまだ開いておらず。外のベンチに腰掛けてゆっくり待ちました。 煉瓦造りでレトロな香りも漂うおしゃれカフェ。   8時半になって中に入れていただきました。開店と同時にパンが並んでいるのは、、昨日からあるもの?朝焼いたのかな?少し気になりました。   今日トライしたのは、メキシコの定番の朝ごはんだという、モジェテス(Molletes)。フリホーレス(豆の塩煮)、玉ねぎなどを炒めてパンにのせ、チーズをのせて焼いたものです。正直朝から重そうで、こんな気分じゃないなぁと思いつつ、せっかくメキシコに来たのだから、定番の朝ごはんを試さないと、という思いからこちらを注文。 ところが意外にも、ピザに似ているに見えて、ピザを食べた時にくる、ズシンという重さはありませんでした。軽くて、サクサクいけてしまいます。 これはいい意味で期待を裏切られました。 今回もまた一つ、地元の料理が味わえてよかったです。 El Mundo Del Café 満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : Monday - Friday 7:00 - 23:00/ Saturday, Sunday 8:00 - 23:00 電話番号 : +52 55 5658 7399 Website : https://www.facebook.com/El-mundo-del-caf%C3%A9-236427530176/ 住所 : Malintzin 165, Del Carmen, 04100 Ciudad de México, CDMX, Mexico

  • オムライスが有名な、昔ながらの喫茶店「喫茶YOU」。銀座 歌舞伎座近く(東銀座駅からすぐ)にあるお店です。 いつも行列ですが、電話で予約しての受け取りや、平日は予約も可能らしいです。今回は休日だったので、14:00に行っても30分ほど待ちました。 オーダーしたのは、もちろんオムライス。 オムライス + ドリンク 1100円 見た目もとっても綺麗。とろとろでバターが利いていて、最高です!レトロな雰囲気で可愛くて美味しいオムライス。これからもより人気になり続ける気配がします。   喫茶YOU 満足度 : ★★★★★ 営業時間 : 11:00(食事は11:30)~21:00(L.O.20:00) 電話番号 : 03-6226-0482 (平日は予約可) Website(食べログ) : https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002318/ 住所 : 東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル 1F

  • Thailand

    日本の最西端、与那国島。そこで見られるという、ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)を目当てにダイビング旅行に行ってきました。 City 与那国, 沖縄 ダイブショップ 与那国でのハンマーのシーズンは12〜4月と言われていて、年末年始のお休みで行くことができます! ただしシーズン中は人が多く訪れるため、ダイビング経験が50本以上・100本以上ないと受け入れられないというダイビングショップがほとんど。そんな中、ダイビングサービスMARLINは、50本以下でも受け入れていただけるということで、本数が少ない私たちは、こちらを利用させていただきました。 飛行機・宿泊 1月の予約を9月末にしたところ、すでに宿もダイブショップも結構埋まっていました。一方で飛行機は通常のやり方で取ろうととすると、2ヶ月前からしか予約ができない仕組みになっています。 そこで利用したのがJALパックです。JAL提携便と宿泊がセットになっている旅行パッケージ。こちらを利用すれば、予約期間外のフライトのプランも予約することができます。 コアな与那国ダイバーファンの方がたくさんいらっしゃるようで、毎年年末年始は与那国ダイビング、というような方も多い印象でした。早めの予約をおすすめします! また、与那国に向かう飛行機は、小型ジェット機なので天候に左右されやすく、欠航も頻発していました。私は幸い行き帰り無事移動することができましたが、到着日にも欠航になっていたフライトもありました。よく欠航になってしまう、というのは旅行計画時に覚悟しておかなければいけないと思います。 Schedule 2019/1/3 〜6 Day 1 : 暴風の中のダイビング  6:35 フライト:羽田→石垣 10:15 石垣到着 12:25 フライト:石垣→与那国 13:15 与那国到着 14:30 ダイブショップのホテルピックアップ 15:00 ハンマー狙いのダイビング@西崎 18:00 夕飯@アイランドホテル Day 2 : ハンマーと初対面  8:30 ホテルピックアップ  9:00 ハンマー初対面ダイビング@西崎 11:30 ハンマー狙いのダイビング@西崎 12:30 ランチ 14:00 ハンマー狙いのダイビング@西崎 19:00 ディナー@海響 Day 3 : ついにハンマーの大群と!  9:40 ホテルピックアップ 10:15 浅瀬ダイビング@久部良バリ 12:45 ハンマー狙いのダイビング@ダンノドロップオフ 13:30 ランチ 15:10 ハンマーの大群に会ったダイビング@西崎 19:00 焼肉@肉人 Day 4 : アフターダイブの過ごし方 11:00 ドライブ出発 11:30 Dr. コトー診療所(志木那島診療所) 12:00 ランチ@わかなそば 13:00 雑貨屋 SAKURA 13:30 日本最西端 14:00 おやつ@モイストロールカフェ 15:15 最西端の島の最東端 17:00 与那国空港 17:45 軽い夜ご飯@空港レストラン 18:30 フライト:与那国→石垣 19:30 フライト:石垣→羽田 Flight 行き :  2019/1/3 (木) JAL日本航空 JTA71 ( 3.5 hrs)  羽田 HND 06:35 - 石垣 ISG 10:15 琉球エアーコミューター RAC743 (o.5 hr)  石垣 ISG 12:25 - 与那国 OGN 13:00 帰り :  2019/1/6 (日) 琉球エアーコミューター RAC746

  • 与那国 : 年末年始にいける!ハンマー狙いのダイビング旅行(3泊4日) 1日目。 ******************************************************  6:35 フライト:羽田→石垣 10:15 石垣到着 12:25 フライト:石垣→与那国 13:15 与那国到着 14:30 ダイブショップのホテルピックアップ 15:00 ハンマー狙いのダイビング@西崎 18:00 夕飯@アイランドホテル ****************************************************** 6:35 早起きして空港へ。ちょうど夜が明ける頃に離陸! 行きは長めの3時間半のフライト。石垣空港へ飛びました。 10:15 石垣に到着後、次の与那国行きのフライトについてアナウンスが。 ”悪天候により、飛行機が飛ばないか、飛んでも着陸できずに石垣に引き返すか、宮古島に到着する可能性があります。そちらをご了承の上、お待ちください”と。 13:15 与那国行きのフライトは、機体が小さく、天候もよく荒れることから、運休もよくあることだそう

  • ハンマー狙いの与那国旅行の際に、ダイブショップのMARLIN(マーリン)を利用しました。 年末年始の繁忙期には、ほとんどのダイブショップがダイブ経験最低50本や100本という条件を掲げていました。 50本に当時ギリギリ達していなかった私は、与那国旅行を諦めようかと思っていたのですが、こちらのショップは50いかなくても受け入れて下さったので、MARLINさんを利用することに決めました。 ダイビングのスタイルは、セッティングは自分でやるスタイルです。リゾート地でのダイビング経験が多く、甘やかされてきたダイバーの私は、最初少しあたふた。笑 1本潜っては、ダイブショップに戻って休憩というスタイルです。 ダイブショップには、お湯の出るシャワーや、暖かいお茶やお味噌汁まであり、寒い体を温めるには、とても助かりました。ショップにはなぜか、ヤギさんも2頭いました。 また600円で、お昼にランチが用意されます。がっつりボリューム満点のお弁当でした。   ハイシーズンの与那国は、熟練のダイバーさんたち優先で、本数が少ない方は行きづらい状況。その中でも比較的利用できるのがこちらなので、経験がそこまでという方はコンタクトしてみてください。   ダイビングサービスMARLIN 電話番号 : 0980-87-3365 Website : https://yonagunidiving.com/ 住所 : 〒907-1801  沖縄県八重山郡与那国町字与那国4347

  • 与那国 : 年末年始にいける!ハンマー狙いのダイビング旅行(3泊4日)2日目。 ******************************************************  8:30 ホテルピックアップ  9:00 ハンマー初対面ダイビング@西崎 11:30 ハンマー狙いのダイビング@西崎 12:30 ランチ 14:00 ハンマー狙いのダイビング@西崎 19:00 ディナー@海響 ****************************************************** 7:30 アイランドホテル与那国のパッケージに含まれている朝食。昨夜と同じレストランでいただきます。ビュッフェスタイル。 与那国そばの焼きそばやゴーヤのお漬物など、沖縄らしい朝食をいただけます。 8:30 ダイビングショップのホテルピックアップ。ショップは昨日から同じくダイビングサービスMARLIN です。昨日の引き続き、雨は結構降っていましたが、もちろん潜ります。 1本目はそのまま港に向かって、ダイビング。本日は3本ともひたすら西崎(いりざき)で、ハンマーヘッドシャークを狙って潜りました。 9:00 1本目:西崎 水温24℃/潜水時間34分/最深22.3m 潜水してから10分ほど。真っ青の中をひたすら泳いでいると、ついに一頭のハンマーが。こっちを向いて泳いできてくれました!目が合った気がする!記念すべき初ハンマー!!   そして方向転換をして、すーっと去っていきました。ダイビングショップのスタッフによると、ハンマーは臆病で近づくと逃げてしまう。だから敢えて遠ざかれば向こうから近づいてきて、急にぴくっと止まることがある。その瞬間にばっと近づくと、一番近くまで寄れる。らしいです。 でも何人かで潜ると、とは言ってもみんな一斉に追いかけてしまうし、なかなか難しい。 10:15 一度ダイブショップに戻って一休み。 あったかいシャワー、温かい飲み物とお菓子。ありがたい。。。 一休みしたら、再びダイビング! 11:30 奇跡的に雨は止みました。空はまだまだ暗いですが。 2本目:西崎 水温24℃/潜水時間33分/最深22.1m 再びハンマー狙いのダイビング。下の方に2頭のハンマーを発見。でもだいぶ深く、写真を撮れるほどではありませんでした

  • 与那国のおすすめディナーで調べると、必ず出てくる「島料理 海響」。いすん、と読みます。与那国ならではの新鮮な料理がいただけるとのことで、今回行ってみました。 評判通り、とても美味しい!!大変満足できる夜ご飯でした。 前日の夜に電話して、席を確保。当日直接訪れてる方は、満席のため入れないと言われていたので、事前に予約をおすすめします。 タクシーやレンタカーがなくても、無料のバスでアクセス可能です。久部良バリのバス停から徒歩ですぐ。沖縄らしく、シーサーがお出迎え。   地元の方もいらしている様子でした。メニューはこんな感じ。美味しそうなものがたくさんあって迷います

  • 与那国 : 年末年始にいける!ハンマー狙いのダイビング旅行(3泊4日)3日目。 ******************************************************  9:40 ホテルピックアップ 10:15 浅瀬ダイビング@久部良バリ 12:45 ハンマー狙いのダイビング@ダンノドロップオフ 13:30 ランチ 15:10 ハンマーの大群に会ったダイビング@西崎 19:00 焼肉@肉人 ****************************************************** 9:40 今日は少し遅めのダイビングスタートなので、ホテルでゆっくり朝食を食べました。そして昨日と同じくピックアップ後、そのまま港に向かいました。 10:15 1本目:久部良バリ 水温24℃/潜水時間34分/最深22.3m 今回のダイビングの前半は、与那国で唯一浅瀬のコースでした。首を伸ばしているカメやイソギンチャクに隠れるクマノミなどに出会いました。 後半は、底が深いところを進んでいきましたが、特に魚には会いませんでした。   12:45 ショップで少し休んだ後に、再び2本目へ。 2本目:ダンノドロップオフ 水温24℃/潜水時間35分/最深22m 透明度が一気に悪くなり、15mほどになってしまいました

  • 与那国で焼肉が食べたくなり、肉人(にくんちゅ)さんを利用しました。昨日訪れた海響のすぐ近く、久部良バリのバス停から歩けます。 店内は綺麗目。 お肉やお米は、岩手から直送!

  • 与那国 : 年末年始にいける!ハンマー狙いのダイビング旅行(3泊4日)最終日。 ****************************************************** 11:00 ドライブ出発 11:30 Dr. コトー診療所(志木那島診療所) 12:00 ランチ@わかなそば 13:00 雑貨屋 SAKURA 13:30 日本最西端 14:00 おやつ@モイストロールカフェ 15:15 最西端の島の最東端 17:00 与那国空港 17:45 軽い夜ご飯@空港レストラン 18:30 フライト:与那国→石垣 19:30 フライト:石垣→羽田 ****************************************************** ホテルでゆっくり朝食をいただきます。アイランドホテル与那国のチェックアウトは10:00ですが、相談したら11時までにしてくださいました。与那国の島は小さくて割とすぐ回れてしまうので、遅めの出発がちょうどよかったです。 11:00 レンタカー屋さんで車を借り、ドライブへ!米浜レンタカーさんは、アイランドホテルの正面に営業所があり、そちらで借りて空港で返却ということが可能です。前日の予約で借りることができました。 11:30 まず、Dr. コトー診療所(志木那島診療所)へ。入場料が300円かかります。無人の場合も多いようで、お金を置いておくスタイルです。小銭を用意しておくことをお勧めします。     正直なところ、ドラマは見たことがなかったのですが、細部まで作り込まれたセットは見ていて面白かったです。 12:00 ランチは割とウェブで取り上げられていたわかなそばでいただきました。Dr. コトー診療所から車で数分に位置しています。 豚骨スープベースの与那国そばですが、意外とあっさりしています。麺がもちもちしていて、ボリュームがありました。 13:00 ランチ後は最西端にと思っていましたが、雨が強くなってきたので、一旦寄り道。祖納地域にある気になっていた雑貨さくらへ。周りにはハイビスカスが咲き、とても可愛らしいお店です。 オーナーの方は民泊も運営されていて、この雑貨屋さんは期間限定でオープンしたりクローズしたりしているそうです。予定はホームページ上で確認可能です。   与那国伝統の織物や草木染などを使った、オリジナルの雑貨が販売されていました。温かみのあるほっこりするもので溢れています。 私は、記念にハンマーヘッドシャークのストラップを購入しました。 13:30 お店を出ると、雨が止んでいたので、この隙にと最西端ポイントへ向かいました。 これが最西端の駐車場からの景色。空模様はだいぶ悪く、強風ですが、雨は一時的におさまっていました。 そして丘の上の東屋からの眺め。晴れていたら、とても綺麗なんだろうなぁ

  • 与那国で出会った、メルヘンで可愛いカフェ。ただ住まいを見た瞬間、このカフェ好き!と思ってしまったほど。 最西端ポイントから車で5分ほどの場所に位置しています。 メニューはこんな感じ。 1日1組限定の貸切、創作イタリアン「Restaurant TETSU」気になります。またいつか与那国に来ることがあったらぜひお願いしてみたいものです。 店内もインテリアひとつひとつが可愛く、また奥には書斎や古民家を思わせるスペースもあり、ゆっくりとリラックスできる雰囲気が漂っていました。   今回はロールケーキとお茶セット(700円)を注文。 ロールケーキは2種類。はちみつロールとショコラロール。どちらにしようかなぁ、と迷っていると 「ケーキセットにはどちらもつきますよ」と嬉しいサプライズ。 こちらのロールケーキは、全国配送も行っているそう。この味を求めて、全国から注文を受けるということですね。 そしてお待ちかねのケーキセット!ドリンクは、おしゃれな黒糖チャイ。 程よい甘さでもちもちしていてとっても美味しい!2つでもペロリと完食してしまいました。 また来たいなぁと思わせてくれるカフェでした。   /*! elementor - v3.6.5 - 29-05-2022 */ .elementor-widget-divider{--divider-border-style:none;--divider-border-width:1px;--divider-color:#2c2c2c;--divider-icon-size:20px;--divider-element-spacing:10px;--divider-pattern-height:24px;--divider-pattern-size:20px;--divider-pattern-url:none;--divider-pattern-repeat:repeat-x}.elementor-widget-divider .elementor-divider{display:-webkit-box;display:-ms-flexbox;display:flex}.elementor-widget-divider .elementor-divider__text{font-size:15px;line-height:1;max-width:95%}.elementor-widget-divider .elementor-divider__element{margin:0 var(--divider-element-spacing);-ms-flex-negative:0;flex-shrink:0}.elementor-widget-divider .elementor-icon{font-size:var(--divider-icon-size)}.elementor-widget-divider .elementor-divider-separator{display:-webkit-box;display:-ms-flexbox;display:flex;margin:0;direction:ltr}.elementor-widget-divider--view-line_icon .elementor-divider-separator,.elementor-widget-divider--view-line_text .elementor-divider-separator{-webkit-box-align:center;-ms-flex-align:center;align-items:center}.elementor-widget-divider--view-line_icon .elementor-divider-separator:after,.elementor-widget-divider--view-line_icon .elementor-divider-separator:before,.elementor-widget-divider--view-line_text .elementor-divider-separator:after,.elementor-widget-divider--view-line_text .elementor-divider-separator:before{display:block;content:"";border-bottom:0;-webkit-box-flex:1;-ms-flex-positive:1;flex-grow:1;border-top:var(--divider-border-width) var(--divider-border-style) var(--divider-color)}.elementor-widget-divider--element-align-left .elementor-divider .elementor-divider-separator>.elementor-divider__svg:first-of-type{-webkit-box-flex:0;-ms-flex-positive:0;flex-grow:0;-ms-flex-negative:100;flex-shrink:100}.elementor-widget-divider--element-align-left .elementor-divider-separator:before{content:none}.elementor-widget-divider--element-align-left .elementor-divider__element{margin-left:0}.elementor-widget-divider--element-align-right .elementor-divider .elementor-divider-separator>.elementor-divider__svg:last-of-type{-webkit-box-flex:0;-ms-flex-positive:0;flex-grow:0;-ms-flex-negative:100;flex-shrink:100}.elementor-widget-divider--element-align-right .elementor-divider-separator:after{content:none}.elementor-widget-divider--element-align-right .elementor-divider__element{margin-right:0}.elementor-widget-divider:not(.elementor-widget-divider--view-line_text):not(.elementor-widget-divider--view-line_icon) .elementor-divider-separator{border-top:var(--divider-border-width) var(--divider-border-style) var(--divider-color)}.elementor-widget-divider--separator-type-pattern{--divider-border-style:none}.elementor-widget-divider--separator-type-pattern.elementor-widget-divider--view-line .elementor-divider-separator,.elementor-widget-divider--separator-type-pattern:not(.elementor-widget-divider--view-line) .elementor-divider-separator:after,.elementor-widget-divider--separator-type-pattern:not(.elementor-widget-divider--view-line) .elementor-divider-separator:before,.elementor-widget-divider--separator-type-pattern:not([class*=elementor-widget-divider--view]) .elementor-divider-separator{width:100%;min-height:var(--divider-pattern-height);-webkit-mask-size:var(--divider-pattern-size) 100%;mask-size:var(--divider-pattern-size) 100%;-webkit-mask-repeat:var(--divider-pattern-repeat);mask-repeat:var(--divider-pattern-repeat);background-color:var(--divider-color);-webkit-mask-image:var(--divider-pattern-url);mask-image:var(--divider-pattern-url)}.elementor-widget-divider--no-spacing{--divider-pattern-size:auto}.elementor-widget-divider--bg-round{--divider-pattern-repeat:round}.rtl

  • 沖縄の最西端、与那国島で沖縄そばと言えば「わかなそば」が有名な模様。比川地区、Dr. コトー診療所撮影場所から車で数分です。 営業時間は11:30 - 14:00(なくなり次第終了、火曜日はお休み)ということで、お昼に訪れないといけません。 お座敷もあり、晴れていれば外でもいただけるそうです。 メニューは、わかなそばのみ。あとはご飯と飲み物。 わかなそば(大盛)900円 わかなそば(並)700円 わかなそば(小)400円 私は並を注文しましたが、結構なボリューム。麺が太麺でもちもちしているので、お腹にも溜まりやすく、最後は少し頑張って食べたくらいの量でした。 豚骨スープを使っているというオリジナルの沖縄そばは、刻み生姜と紅生姜がよく合います。スープは意外とあっさり。 壁には島の小学校の学級新聞なども貼られており、島の生活を感じながら、美味しくいただくことができました! わかなそば 満足度 : ★★★☆☆ 営業時間 : 水〜月 11:30 - 14:00 電話番号 : 0980-87-3338 Website : https://www.shokokai.or.jp/47/4738210122/index.htm 住所 : 〒907-1801 与那国町字与那国3083  

  • United States

    /*! elementor - v3.6.4 - 17-04-2022 */ .elementor-heading-title{padding:0;margin:0;line-height:1}.elementor-widget-heading .elementor-heading-title[class*=elementor-size-]>a{color:inherit;font-size:inherit;line-height:inherit}.elementor-widget-heading .elementor-heading-title.elementor-size-small{font-size:15px}.elementor-widget-heading .elementor-heading-title.elementor-size-medium{font-size:19px}.elementor-widget-heading .elementor-heading-title.elementor-size-large{font-size:29px}.elementor-widget-heading .elementor-heading-title.elementor-size-xl{font-size:39px}.elementor-widget-heading .elementor-heading-title.elementor-size-xxl{font-size:59px}City アメリカ:New York(ニューヨーク), Boston(ボストン)

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)1日目。 ****************************************************** 10:40 フライト:羽田 → ニューヨーク(13時間) 10:43(現地時間) ニューヨークJFK到着 12:30 ザ マンハッタン アット タイムズスクエア ホテル到着 14:00 アメリカンランチ「ジュニアズ レストラン」 15:15 バスツアー「ザ ライド」 20:30 手づかみシーフード「ザ ボイル」 22:30 「マジックアワー・ルーフトップバー」 ****************************************************** 日本が令和を迎える直前で盛り上がっている平成最後の日、ニューヨークへ出発しました。 ワンワールド会員として、羽田空港でお楽しみなのが、キャセイ・パシフィックのラウンジです。 7:30〜17:00までしか空いていないので遅いフライトのときは行けませんが、空いているときは必ず立ち寄ります。JALのラウンジと比べて混雑しておらず、飲み物と食べ物のクオリティが圧倒的に高いです。 水はエビアンのペットボトル完備。バーでアルコールもソフトドリンクも用意していただけます。フードはオーダー制。手前が私がいつもオーダーする担々麺。クリーミーで美味しいです!また、右手のフレンチトーストはこちらのラウンジ名物。ホテルオークラのレシピだそう。ジューシーでふわふわ! こちらで食事を済ませ、シャワーを浴びたい時にはそのあと下のJALのサクララウンジを利用するのがいつもの流れです。今回もハシゴをして、サクララウンジ名物のビーフカレーも少しいただきました。 10:40 羽田からニューヨークまでは直行で13時間。 機内食では、ミシュラン1つ星ラーメン「蔦」のコラボメニューが!日本の蔦には行ったことがないのですが、シンガポールに住んでいた時に何度か食べに行っていて、思い出のラーメンなので嬉しかったです。 10:43 そして13時間後、ニューヨークのJFKへ到着!10年ぶりのNew York!!! まずはシャトルバスで市内へ向かいます。 今回の旅で前半宿泊するのはThe Manhattan at Times Square Hotel(マンハッタン・アット・タイムズスクエア・ホテル。タイムズスクエアから徒歩5分ほどでとっても便利でした。 14:00 荷物を置いて、まずは腹ごしらえ。アメリカン・ダイナーのJunior'sで、ザ・アメリカンなランチ。このローストビーフの厚さ! ここのチーズケーキが美味しいと聞き、それが目当てだったのですが、サンドウィッチだけでお腹がいっぱいでチーズケーキは諦め..。また後日ケーキをテイクアウトすることにしました。 15:15 10年前に来たときと比べ、新しい観光物はないかなーとリサーチして見つけた、新感覚バスツアー「The Ride(ザ・ライド)」。 (写真:https://www.getyourguide.jp/new-york-city-l59/experience-the-ride-in-new-york-city-t265117/?referrer_view_id=fa8df9657b6b2cc0bd5dcc6fbab4893b&referrer_view_position=0) 1週間前に予約しようとした時は満席で諦めていたのですが、2日前にダメ元でウェブサイトをチェックすると空きが出ていて、予約することができました。 ニューヨーク市内をバス車内から観光して周るツアー。ユニークなのは、街の中にエンターテイナーが紛れていて、突然通行人が歌い出す映画の中にいるような演出が楽しめるとのことです。 座席は到着順のため、どうせなら最前列を目指して25分前くらいに乗り場へ到着。無事ギリギリ1番前の席に座ることができました。 観光は正直あまり頭に入ってきませんでしたが笑、バス内で盛り上がったりアメリカンなノリで楽しめました! タイムズスクエアを通ってホテルに戻り、夕飯までしばし休憩。時差で爆睡してしまいました。 20:30 事前に予約していた手掴みシーフードレストラン「The Boil(ザ・ボイル)」へ。 カリフォルニアに住んでいた時に感動した大人気レストラン「The Boiling Crab」が忘れられず、それに似たものが食べれないかとニューヨークで人気そうなこちらのレストランを選びました。   ロブスターとザリガニ。インパクト大!手袋をして手掴みでいただきます。お味は正直ボイリングクラブと比べると、まぁまぁ。。 22:30 食後はルーフトップバーへ。タイムズスクエア近辺で探して、マリオット・インターナショナルのブティックホテルMoxy Hotel(モクシーホテル)の「Magic Hour Roof Top Bar(マジックアワー・ルーフトップバー)」へ行ってみました。大人のための都会の遊園地、がテーマらしく、メリーゴーランドのようにゆっくり回転している席や動物たちのオブジェが。でもよく見ると、怪しげ

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅2日目で訪れた、Union Square(ユニオンスクエア)にあるVapiano(ヴァピアーノ)というドイツ発祥のセルフイタリアンレストラン。 日本にはまだ出店していませんが、2017年時点で世界33カ国200店舗展開している、メジャーなチェーン店のようです。   入り口でカードをもらい、好きなカウンターへ行って注文をしカードに記録してもらい、退店時にお会計をするシステムです。私はペンネアラビアータを注文しました。 一見何の変哲もないイタリアンフードコート。ただ、ここのお店の新しいと感じるところは、ハーブを自分で摘んで食べることができるところです! 右手の摘みたてのバジルがとても美味しくて、いくつも摘んでパスタに入れて味わいました。近い将来にでも、日本進出はあるのでしょうか。 Vapiano(ヴァピアーノ)- Union Square 店   満足度 : ★★★☆☆ 営業時間 : 日 - 木 11 am - 11 pm / 金・土 11 am - 12 pm 電話番号 : +1 212-777-9477 Website : https://www.vapiano.com/en/home/ 住所 : 113 University Pl, New York, New York 10003

  • United States

    2019年5月1日。ニューヨークでも日本と比べて少し遅れて令和が始まりました。 そんな記念すべき令和1日目は、アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅2日目です。 ****************************************************** 9:00 自由の女神 11:20 カジュアルイタリアン「ヴァピアーノ」 13:00 ブロードウェイ「アラジン」 16:30 国際連合本部ビル 18:30 「キーンズステーキハウス」 ****************************************************** 朝一に、Statue of Liberty(自由の女神)へ行きました。 自由の女神はLiberty Island(リバティ島)にあり、タイムズスクエアからは、地下鉄一本でSouth Ferry駅という駅まで行き、そこからフェリーに乗って行きます。 フェリーは前日Statue Cruisesのサイトで、朝一の9:00からのものを予約しました。リバティ島上陸&台座見学 $18.50/1人。台座見学はあり・なしで値段は変わらないので、せっかくであればありを選択するのがよいかと。 フェリーが往復してどんどん人々を運ぶので、朝早い方がリバティー島が空いていて、ゆっくり見やすいのでおすすめです。セキュリティーチェック等があるので、出発の30分前には到着を。 9:00 リバティ島に向けてフェリーが出発すると、後ろにはマンハッタンの景色が広がります。空が晴れていたら、もう少し綺麗な写真になったはずなのに

  • United States

    ニューヨークのTiffany(ティファニー)本店に2017年11月にカフェがオープンし、本物の”ティファニーで朝食を”をできると知り、一瞬で埋まる予約をなんとかとって、行ってきました! 予約はResyというサイトかResyのモバイルアプリを使ってすることができます。毎朝NY時間の朝9時から1ヶ月後の予約がオープンします。世界中の憧れであるこのカフェは、予約開始前から貼り付いてオープンになった瞬間に予約をしようとしても、ページを読み込んでいる間に一気に予約が埋まってしまいます。 私も3日間、毎日該当時刻前にPCとアプリを両方開いて時間になった瞬間にPCとアプリを両方操作し予約を試み、やっと3日目にして12:00の予約を取ることができました! カフェのあるTiffany本店の4階にいくと、可愛いトラベルグッズがお出迎え。 予約の時間ちょうどにカフェスペースの前にいくと、ちょっと待つように言われます。結局、30分ほど待ち、ようやく入店することができました。あれほどに人気のカフェのはずですが、店内見渡すと空席がちらほら。オペレーションがまだうまく回っていないのかな

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅3日目。 ******************************************************  9:30  チェルシーマーケット 12:00  ティファニー「ブルーボックスカフェ」 15:00  セントラルパーク 16:30  アメリカ自然史博物館 17:30  世界一のレストラン「イレブンマジソンパーク」 20:45  エンパイアステートビル ****************************************************** 9:30 午前中はChelsea(チェルシー)地区へ行ってきました。タイムズスクエアから電車で30分弱。チェルシー駅から地上に上がると、Google New Yorkが見えました。 チェルシー地区は、れんが造りの建物が並んでいて、おしゃれ。一昨日からずっと天気が微妙だったのですが、やっと青空が見えて綺麗な景色を観ることができました。 チェルシーマーケット内をふらふら。チェルシーマーケットはおしゃれなショップ・レストランが集まっていて、お土産探しやランチなどにも最適です。 朝ごはんにロブスタープレイスのロブスターロールを食べようと楽しみにしていたのですが、11時からのオープンでした

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅行では、2回目のニューヨーク訪問だったので、観光だけでなく食にもこだわりたいと思い、色々なトレンドの発祥の地であるニューヨークで世界中から注目されているレストランを経験したいと探して見つけたのが、Eleven Madison Park(イレブンマジソンパーク)です。 なんとミシュラン3つ星のみならず、The World’s Best 50 Restaurants 2017 というランキングで世界1位に輝いたそうです。世界1位の味を経験できるのは滅多にない機会だと思い、今回の旅で行ってみることにしました。 予約はウェブサイトを通じて行うことができます。毎月1日現地時間朝9:00に、その翌月の予約枠がオープン。ティファニーのレストランほどではありませんが、予約開始と同時にどんどん枠が埋まっていくのが見えました。料金は予約時に前払いです。メニューは、「Dining Room Testing Menu」$335 と「Bar Testing Menu」$175 の2種類。せっかくなので奮発してDining Roomの方を。 世界一のレストランがどんなものかが体験できると旅行前から楽しみにしていました。私はワンピース、相方はスーツを着てきっちりとした格好で訪れたのですが、想像していたのよりもカジュアル目。ビジネスカジュアルくらいで問題なさそうでした。 Eleven Madison Park Dining Room Testing Menu / $335 MOREL CUSTARD with Trout Roe (アミガサタケ いくらを乗せて) STEELHEAD TROUT With Bread, Butter, and Ramp (スチールヘッド) テーブルの上に最初から置いてあった木の箱。最後にチップをこっそり入れる箱なのかなと気になっていたのですが、ようやくこちらについて説明がありました。 「もしよければ、料理に集中するために携帯電話を箱の中に入れてください。食べ終わるまで、預かっておきます」と。最初は突拍子もない説明にぽかんとしてしまいました。 コンセプトは分かったのですが、やはり全てのご飯を写真に残したいので、電話は手元に持っておくことにしました。 CAVIAR Cheesecake with Smoked Sturgeon and White Asparagus (キャビア

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅4日目。 今日はニューヨークから、ナイアガラを観にバッファローへ行き、一瞬カナダを楽しんでからボストンへ移動するという忙しい一日です。 ******************************************************  7:09 フライト:ニューヨーク → バッファロー  8:30 バッファロー到着  9:40 ナイアガラに向けて出発(Uber) 10:15 ナイアガラの滝(アメリカ側) 11:00 カナダ入国 11:30 滝を見ながらランチ@スカイロンタワー 13:15 ナイアガラの滝(カナダ側) 14:30 クリフトンヒルをお散歩 15:30 ナイアガラを後に 16:40 バッファローチキン@ダフズフェーマスウイングス 20:39 フライト:バッファロー → ボストン 21:46 ボストン到着 ****************************************************** 早朝5:30頃、LaGuardia Airport(ラガーディア空港)へ。空港で朝ごはんを食べて、デルタ航空でバッファローへ。   1時間半で到着しました。ナイアガラ観光については、ツアーを申し込むことも考えましたが、限られた時間を有効に使いたかったですし、Uberを使えば行けそうだと判断して個人で行くことにしました。 今回は現地にホテルがないので、一番心配していたのは、スーツケースを預けておくところでした。空港でインフォメーションセンターに聞いたところ、空港では荷物を預かっていただけるところはないとのこと。 調べた結果、BAGBNBというAirBnBの荷物預かり版みたいなサービスを発見し、空港近く(150m)のホテルに荷物を預けることができました!1日$6で荷物を一つ預かっていただけます。サイトから事前に登録し支払いを行うと、実際の住所を受け取り預けに行くことができるシステムです。日帰りでナイアガラを楽しむ際にはぜひ利用してみてください。 Luggage Storage Niagara Airport - BAGBNB そこからUberを呼んで、ナイアガラの見えるナイアガラ・フォールズ州立公園まで。チップを含め、$44弱でした。 公園の案内所で悲しい現実が

  • United States

    アメリカ東海岸 4 : ニューヨークから1dayナイアガラ観光でバッファローに訪れたとき、ご当地のバッファローチキンが食べたいと有名店をリサーチしてDuff's Famous Wings(ダフズフェーマスウィングス)へ行きました。 バッファローウィングは、手羽先を揚げたものに辛いソースを絡めたものです。1990-1993年のスーパーボウルにバッファロー・ヒルズが4年連続で出場し、バッファローで試合中におつまみとして食べられていたバッファローウィングが有名になったと言われています。 Duff's Famous Wingsは1946年にオープンし、1969年からチキンを販売しだし、Best Buffalo Chickenと言われるようになったそうです。本店には、オバマ元大統領も訪れたとネットで書かれていました。本当は本店に行きたかったところですが、ナイアガラ近くの車で15分ほどのNiagara Falls店へ行きました。 ピリ辛のチキンをブルーチーズのソースにつけていただきます。辛さは、Mild / Mild Medium / Medium / Medium Hot / Hot / Superhot / Death / Armageddon から選ぶことができます。 WARNING! Medium IS HOT! Medium Hot IS VERY HOT! Hot is VERY VERY HOT! と書かれていたので、Mediumを選んでみました。辛さ好きの私ですが、少し舌がヒリヒリする程度で美味しくいただけました。もう少し刺激を求めるならMedium

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅でボストン滞在の日に、Boston(ボストン)の地元で人気の美味しいカフェで朝ご飯が食べたいと思い調べ、こちらのFlour Bakery + Cafeに行ってみることにしました。 Flour Bakery + Cafeは、ボストンのみに展開しているおしゃれカフェです。世界No.1の大学、マサチューセッツ工科大学の側にも店舗があるので、MIT観光の前に行ってみました。 9:30頃行ったのですが、店内には15名ほどの行列が。席も埋まっていて大盛況でした。周りは世界を牽引していくであろうTOPの学生たちなのかな、と思うと同じ空間にいれるだけでわくわくします。 ロゴや字体・店内がとてもおしゃれで今風で可愛くて、ここは良さそうだ!と直感的に思いました。ロゴがついたタンブラーやエプロンなども一瞬欲しいなぁと思ったほど。    オーソドックスにチョコデニッシュと、あとはローストビーフサンドをオーダー。コーヒーもドリンクもとっても美味しくて、予想以上に満足することができました。 人気すぎてあまりゆっくりはできませんが、地元のおしゃれなカフェを味わうには、おすすめです! Flour Bakery + Cafe (mass ave- central square店)   満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : Mon-Fri : 6:30am - 8pm / Sat : 8am - 6pm / Sun : 8am - 5pm 電話番号 : (617) 225-2525 Website : https://flourbakery.com/ 住所 : 190 Massachusetts Avenue, Central

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)のボストン滞在時に食べようと思っていたのが、ご当地グルメのクラムチャウダーとロブスターロールです。 訪れたのはQuincy Market(クインシーマーケット)です。ここではボストン名物の食べ物やお土産屋さんがたくさん並んでいます。    中でも、一番美味しいと口コミが多かったBoston Chowda(ボストン・チャウダー)を選びました。 2人で、New England Clam Chowder Bread Bowl 、Hot Buttered Lobster Roll、Cold Marine Lobster Rollの3つをオーダー。       Boston Chowda(ボストンチャウダー)   満足度 : ★★★★☆ 営業時間 : 電話番号 : Website : http://www.bostonchowda.com/ 住所 :

  • United States

    アメリカ東海岸:ニューヨーク・ボストン・ナイアガラ(6泊8日)の旅5日目。その中でBoston(ボストン)を楽しめるのは1.5日なので、今日はたくさん歩いて、たくさん観て回ります。 ******************************************************  9:30 人気カフェ朝食 - Flour Bakery + Cafe 10:20 マサチューセッツ工科大学 11:30 MIT Museum 13:30 ハーバード大学 14:00 ロブスターロールとクラムチャウダー - BOSTON CHOWDA(ボストンチャウダー) 15:15 ボストンティーパーティーミュージアム 17:30 ビーコンヒル 20:30 イタリアンディナー - Strega ****************************************************** 9:30 まず行きたいと思ったのが、ボストンにしかない地元で人気のカフェ Flour Bakery + Cafe。ちょうど行きたかったマサチューセッツ工科大学(MIT)の近くに店舗があったので、そちらに行ってみることにしました。 とてもおしゃれなロゴと店内で、フードもとても美味しく、おすすめのカフェでした。周りには、MITの学生であろう方々がたくさんいて、世界を支えていく人たちなのかなぁと想像し、同じ空間で朝ごはんを食べるだけでも嬉しくなりました。笑 10:20 MITをふらふら。学生会館やフードコートを通って、アメリカの大学に留学していた時のことを思い出して懐かしい気分になりました。 おそらく正門のようなところ。 校庭をふらふらしながら、お目当のビルを目指します。   目指していたのは、Ray and Maria Stata Center(レイアンドマリアスタータセンター)です。   2004年にフランク・ゲーリー設計のもと建設されたComputer, Information and Intelligence Sciencesの建物で、コンピュータサイエンスや言語学・哲学などのラボが入っているそうです。MIT卒業生のレイ・スタータさんとその奥さんマリア・スタータさん、そしてビル・ゲイツなどの寄付をもとに造られたそうです。 11:20 駅からMITを目指す途中で見つけたMIT Museumが気になったので、入ってみることにしました。ロボット工学の歴史が見える展示もあり、なかなか面白かったです。       12:30 続いて地下鉄でHarvard University(ハーバード大学)へ向かいました。駅から大学への道の途中にあるお土産・本屋さん。工科大学のMITとはやはり雰囲気が違い、荘厳な雰囲気がここからもう漂っています。 キャンパスに入ると、ちょうどマーチングバンドが演奏していて賑わっていました。 ハーバード大学には、映画「ハリー・ポッター」に登場する魔法学校の食堂のモデルとなった食堂があったり、facebookの創業者マーク・ザッカーバーグの出身大学でもあるので、彼の住んでいた寮などもあります。食堂の