ロシア:モスクワ・サンクトペテルブルグ 女一人旅(8泊9日)の3日目、セルギエフポサードへ行った際にランチで訪れたのがロシア料理のRusskiy Dvorik(ルースキー・ドヴォリク)です。

トリップアドバイザーで、セルギエフポサードのレストラン第5位にランクインしていました。教会群の目の前に位置しており、観光前後にはとても便利な立地です。

 

12時ちょうどのお昼時に行きましたが、中はとても広く、席には余裕がある感じで、全く待たずに入れました。入り口だけでなく、中もとってもおしゃれで可愛い。観光客向けのレストランのようで、お土産も売っています。ツアーのお客さんがたくさんおり、日本人御一行さまもいらっしゃいました。

  


1品目 セリョートカ・ポド・シュボイ(毛皮のコートを着たニシン)420 RUB(670円)

酢漬けのニシンに玉ねぎ、じゃがいも、ビーツ、卵、マヨネーズを層にして重ねていく料理。野菜たちが毛皮に見えるため、そう呼ばれるらしいです。ロシアで一度は食べようと思っていたので注文したのですが、酢漬けのニシンがどうも私の口には合いませんでした…。

2品目 ビーフストロガノフ 780 RUB (1250円)

日本でもお馴染み、ロシア料理の定番。実は昨日の夜も食べたのですが、パンに入っているのがとても美味しそうでまた頼んでしまいました。ただ昨日のカフェプーシキンに比べると、味は霞んで感じてしまいました。

 


Russkiy Dvorik(ルースキー・ドヴォリク)

 

満足度 : ★★★☆☆

営業時間 : [ 日 – 木 ] 8:00 – 22:30 / [ 金 – 土 ] 8:00 – 0:00

電話番号 : +7 496 540-51-14

Website : https://rus-dvorik.ru/

住所 : Krasnoi Armii Ave, 134/2Sergiyev Posad 141300, Russia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください