ロシア 2 : クレムリンと赤の広場(モスクワ)

ロシア:モスクワ・サンクトペテルブルグ 女一人旅(8泊9日) 2日目。今日はモスクワの観光の中心、クレムリンと赤の広場をゆっくり観光する日です。

******************************************************

 8:00 朝ごはん ドクトルジバゴ

 8:45 地下鉄巡り

 9:45  聖ワシリイ大聖堂

14:00 武器庫 & ダイヤモンド庫

16:00 クレムリン

17:00 アルバート通り

19:45 カフェプーシキン

******************************************************

8:00

日本との時差の関係で、6時頃にはばっちり目が覚めました。

せっかくなので、美味しい朝ごはんをと調べて、赤の広場の道路を挟んで目の前にあるドクトルジバゴというカフェに来ました。おしゃれな店内です。

カフェラテとカッテージチーズのパンケーキを。びっくりしたのが、ホットのカフェラテがグラスに入ってストローと一緒に来たこと。ロシアではこれがスタンダードだそう。

また、ロシアで言うパンケーキ(ブリヌイ)は、クレープに近いです。サワークリームをたっぷりつけていただきます。

 

想像通りの味ですが、美味しくいただきました。

8:45

クレムリンのチケットオフィスオープンの9:30まで時間があったので、地下鉄の駅巡りをしました。モスクワの地下鉄には、荘厳な美術館のような雰囲気の駅がいくつもあります。

その中でガイドブックで取り上げられているもののうち2つに今日は行ってみました。

1つ目 – Novoslobodskaya(ノヴォスロボーツカヤ)

写真で観て一番綺麗そうで気になっていた駅です。

2つ目 – Mayakovskaya(マヤコフスカヤ)

9:45

クレムリン・赤の広場に戻ってきて、半日かけて観光しました。色々と非効率な回り方をしてしまい反省があるので、それを元に書いた、「クレムリン・赤の広場の効率的な回り方」はこちらをご覧ください!

モスクワ : クレムリン・赤の広場を効率的に回るには?

今思えば、最初に武器庫のチケットを購入しにチケットオフィスに向かうのが正解でしたが、ずっと憧れてた聖ワシリイ大聖堂を目の前に、そちらを最初に訪れてしまいました。

何はともあれ、ずっと行ってみたいと思っていた聖ワシリイ大聖堂。写真で見ていたようにやはりカラフルでおもちゃみたいで、とてもかわいい!

チケットは左手にあるブースで購入。少し列ができていましたが、10分ほどで購入することができました。

赤の広場には、可愛い屋台も並んでいます。お土産にも良さそう。

11:15

次にどこに行くべきかリサーチし、一番チケット入手のハードルが高いが見るべきと言われている武器庫のチケットを購入しに行くことにしました。チケットオフィスを見つけるまで少しうろうろしてしまいました。

クレムリンの地図を貼っておきます。こちらの上側に赤の広場があり、チケットオフィスは13番です。こちらのガラス張りの建物。

 

その中でひときわ長い列がもちろん武器庫でした。

意を決して並び始めましたが、なかなか前に進みません。炎天下の中ゆっくり進む列に並んで待機するのはなかなか厳しかったです。結局2時間待ちました。やっと窓口に着いても、英語がまったく通じず。いらいらされながら1枚購入をこじつけ、ようやく14時入場の券を入手しました。

武器庫内にあるダイヤモンド庫も気になりましたが、また30分以上は並びそうな列…。もう並ぶ気力ないし、そもそも並ぶと武器庫の入場時間に間に合わなそう。武器庫内でもダイヤモンド庫のチケットを購入することができたという話をWeb上で見つけたので、それに賭けて武器庫へ向かうことにしました。

13:45

チケット入手後、既に入館時間の14時が迫っていたので、入り口へ向かうことにしました。武器庫へは、地図の下側、1番近くの赤いタワーから入ります。

 

10分ほど並んで、中に入ることができました。

中の様子は写真が撮れないので、ウェブページ(Moscow Kremlin Museums)から:

 

「武器庫」という名前ではありますが、豪華な食器やドレス、馬車など色々なものが展示されていて、面白かったです。2時間並んで来る価値があるか、と言われると微妙なところですが、昔実際に使用されていた馬車をあんなにたくさん見たのは初めてで、印象に残りました。

14:45

ネットでいくつかの記載があった通り、武器庫内にあるダイヤモンド庫の入り口で、ダイヤモンド庫の入場券を販売しているのを発見!全く行列もなく、本当にここで買えるのか半信半疑でしたが、無事購入し、入場することができました。

ダイヤモンド庫内は、煌びやかなダイヤモンドでできた装飾品や芸術品が飾られています。ダイヤモンド庫は必見!という口コミをいくつか見つけましたが、個人的には宝石屋さんを歩いている気分で、そこまでの感動を得ることはできませんでした笑。

写真:http://www.gokhran.ru/en/diamond-fund/ より

15:15

再びチケットオフィスに戻り、クレムリンのチケットを購入。クレムリンの入場券は自動販売機で販売しており、15分ほどで購入することができました。

チケットは無事購入できたものの、クレムリンの入り口はまた長蛇の列..30分ほど並んで入場しました。

16:00

    

クレムリンを出たとこでは、聖ワシリイ大聖堂がちょうど綺麗に見えました!

17:00

ずっと行列でお昼ご飯も食べることができず、ヘトヘト…。でも力を振り絞って、Arbat(アルバート)通りまで電車で向かいました。お土産屋さんが並んでおり、観光客で賑わうというこの通り。

空腹が限界に達したので、ロシア料理が気軽に味わえるというチェーン店My-Myへ。好きなものを目の前から選んで行くスタイルです。

 

チキンをオーダー(198RUB)。正直パサパサでいまいちだったため、途中で残してしまいました。ベタにボルシチとかにすればよかったかな..。

 

アルバート通りのお店は、定番のマトリョーシカなどを扱っています。お店よりもアーティストが路上で売っている絵などを見て回るのが個人的には楽しかったです。こちらの絵を購入してしまいました(1000RUB)。

アルバート通りからクレムリンは実は歩いて15分ほど。帰りはゆっくり歩いてホテルまで戻りました。少しホテルで休憩。

19:30

夕飯は、観光客の中で一番定番そうなCafe Pushkin(カフェプーシキン)に行くことにしました。お店に直接行ってみると満席..。1時間以内には空きそう、バーで待てる、と聞き、他に予定もないので待ってみることに。

結局なかなか案内されず、1時間45分後にやっと席につくことができました。やはり混雑するので、ホテルから電話してもらうか前日にお店に訪れるなどして、事前に予約を取ることをお勧めします。

せっかくなのでメインを2つオーダー。餃子「ペリメニ」(720RUB)。中はキノコで、クリームソースがかかっていて、落ち着く味でした。

 

ビーフストロガノフ(1750RUB)。付け合わせのフライドポテトと絡めて食べるのがとても美味しい。段々と重くなってきますが、そんな時はピクルスで、またスッキリ気分転換ができるので、どんどん進みます。

少し似通った味になってしまいましたが、どちらも美味しくいただきました。

coconutmilq
Weekend Traveler from Singapore. Originally from Japan.

Related Posts

Stay Connected

0フォロワーフォロー
0フォロワーフォロー

Recent Stories